タグ別アーカイブ: #バーチャルオフィス

バーチャルオフィス日本のビジネスを根底から変える?


急速に進化した自動翻訳機・自動通訳機が、

日本のビジネスを根底から変える?

先日、日本の中小企業を狙った国際的なサイバー犯罪が急増しているという、ショッキングなニュースがありました。

これまで、サイバー犯罪の標的と言えば、専ら国家や大企業。

なぜ今、日本の中小企業が狙われるのでしょうか?

もちろん、日本の中小企業は、大企業に比べ、もともとセキュリティー対策が脆弱だった、という背景もあるでしょう。しかし、最大の要因は「日本語」というバリアが突き崩された、という点にありそうです。

例えば、一応「日本語」で書かれている、なんだか怪しいメールを見たことはありませんか?

一見、まともそうな内容に見えても、「てにをは」が明らかにおかしかったり、意味的には合っていても、普通こんな表現は使わない、という言い回しだったり。。。「普通の日本人」からすれば、ちょっとヘンな部分があるだけで、すぐに「罠」だと気づいてしまいます。

ところが近年、クラウドやAIの発達もあってか、自動翻訳・自動通訳の精度が格段に向上しました。

まだまだ完璧ではないにしろ、訪日外国人観光客がスマホのアプリで日本人と「会話」するシーンも珍しくありません。「コトバの壁を越えるテクノロジー」自体は素晴らしいものに違いないのですが、こうした便利なものを真っ先に使いこなすのは、残念ながらいつの世も悪い輩、ということなのでしょうか。

ある意味、この国はこれまで、「日本語のバリア」により、外敵から守られてきたのかも知れません。

しかし、逆を言えば、バリアが無いということは、チャンスでもあります。

英語を習得する必要性が全く無くなるとは思いませんが、「コトバの壁を越えるテクノロジー」を駆使すれば、「語学」に費やす時間と労力を「本業」に充当できる可能性も広がることでしょう。場合によっては、「英語のバリア」を逆に突き崩すことだって可能かも知れません。

英語が苦手だから海外展開に及び腰。。。なんて時代じゃないのかも。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、携帯型の自動翻訳機・通訳機のビッグバンなどと言われています。海外展開を前提にこれから起業する人は、まず「日本語」のスキルを鍛えた方が良いかもしれませんね(笑)。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、表参道、代官山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。


ネットの世界では「圧倒的な数の力」


ヤフーとLINEが経営統合。

ネットの世界では「圧倒的な数の力」だけが全てか?

日本の経済界では今、「ヤフーとLINEの経営統合」で話題が持ち切りといった感じです。

LINE側の思惑はさておき、ヤフーを傘下に収めるソフトバンク側の思惑については、QR決済などで覇権を握るのが狙いだとか、ただ単に懐具合が怪しくなったからだとか、いろいろと言われているようですね。

LINEの国内ユーザーは8,000万人、ヤフーの国内ユーザーは5,000万人。

日本の人口は100歳超の高齢者から今日生まれた赤ちゃんまで全部足し算したとしても1億2,000万人ですから、このユーザー数という数字、実態は如何なものかとは思いますが、両者は既に「国民的な情報インフラ」になっていることだけは間違いなさそうです。

収穫逓増に大きなドライブがかかる情報通信の世界では、「圧倒的な数の力」を持つ者が全てを支配する。。。

まあ、両者とも、GAFAに対抗しなければならない立ち位置ですから、今回の経営統合は、ある意味、自然の成り行きとも言えるでしょう。しかしです。

「圧倒的な数の力」が、ネットの世界は、必ずしも「絶対的な力」になるとは限りません。

例えば、SNS上で情報を拡散するインフルエンサーと呼ばれる人たち。

以前であれば、ツイッターにしろインスタグラムにしろ、インフルエンサーの「価値」を決める基準は、イコール「フォロワー」や「いいね」の「圧倒的な数」でした。

ただ昨今、より影響力のあるインフルエンサーは、それなりのフォロワー数を抱えてはいるものの、芸能人・有名人でもない限り、必ずしも「圧倒的な数」というワケではありません。

むしろ、広告主サイドからすれば、フォロワーやいいねの数それほど多くなくても、特定少数の層に深く濃くリーチできるインフルエンサーの方が高評価だったりもします。

フォロワーやいいねの数より「エンゲージメント率」に注目が集まっているのはそのためでしょう。

広く浅く認知される情報より、希少性の高い「知る人ぞ知る情報」の方がより「高値」で取引されるのと一緒かもしれません。

もちろん、戦略的に「特定少数の層に深く濃く」と言うのならば、あえてターゲットを絞るワケですから、ある意味、自らマーケットを狭めてしまうリスクもあるでしょう。

しかしそれでも、ネット上には「被らず」「戦わず」獲得できるスモールマーケットがまだまだ眠っているはず。

最初からヤフーやLINEのような「国民的な情報インフラ」を目指すのであれば話は別ですが(笑)、起業するのであれば、「数」を追う以前に、まずは目の前に居る少数のターゲットに対し、深く濃くリーチしてみるのは如何でしょうか?

ここでPRですが、

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、表参道、代官山、虎ノ門、中央区銀座、新宿、東京日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、サテライトオフィスに

また、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。


 

 

 

 

 

各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社などなど法人登記、メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。


三井物産でさえも、本社が不要となる日


本社が「もぬけの殻」になってもいい?バーチャルオフィスででいい?

あの三井物産でさえも、本社が不要となる日。

先日、三井物産が2019年4月~9月期の決算説明会を行った際、新本社ビルへの移転の話の中で、安永竜夫社長が「新しい東京本社は『もぬけの殻』になってもいい」と発言し、話題となりました。

驚きの発言ですが、本社をリストラしなければならないほど業績が悪いのか?と思えば、

さにあらず。

むしろ絶好調のようです。

発言の真意は、これまで以上に海外事業に注力し、アジア、アメリカ、ヨーロッパなどの現地組織に権限を委譲することで、東京の本社がなんでもかんでも決める、という体制からの脱却を目指す、ということらしいのですが、その背景には、少子高齢化伴う「日本市場の縮小」という現実があります。

もちろん、三井物産と言えば、日本を代表する大手総合商社ですから、「なにを今更」という感じがしないでもありません。

ただ、そうは言っても、東京・都心の超一等地を、自社の「大きな本社」で占有するくらいなら賃貸にして稼いだ方が合理的、という考え方は、ある意味、必然的な時代の流れも知れませんね。

確かに、お膝元である「日本市場の縮小」は否定しがたい現実ですが、仮に日本が成長市場であったとしても、これまで「大きな本社」が担ってきた中枢管理機能はこの先、AIに取って代わられる可能性がありますし、情報通信網の発達により、リモートワークやテレワークといった、オフィスに縛られない働き方がますます浸透する可能性もあります。

天下の三井物産でさえ、「本社は要らない」と言っているようなものですから。

とは言っても、「都心の便利なオフィス」の需要そのものが縮小するとは考え難いですよね。

仮に大手企業が東京の本社スペースを「縮小」したとしても、そのスペースを活用する新たな挑戦者が必ず入れ替わりで登場する。。。

東京はそんな場所です。

なお、バーチャルオフィスでの起業は、そもそもが「もぬけの殻」からのスタート(笑)となりますから、その先にあるのは、ある意味、「伸びしろ」だけです。

都心で展開するユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

 

 

 

 

 

 

 

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。


バーチャルオフィスでニッポンを根本から変える?


バーチャルオフィスでニッポンを根本から変える?

MaaS。これは、「小さな巨人」登場のチャンスかも。

昨今、この国では、MaaS(Mobility as a Service、マース)という、なんとも聞き慣れないコトバが妙に一人歩きしています。

このMaaS、定義を厳密に説明しようとなると、かなりややこしいことになるのですが、平たく言えば、IOTを活用し、あらゆる移動手段を統合するといったところでしょうか?

交通業界と言えば、鉄道にしろバスにしろ、飛行機にしろフェリーにしろ、大掛かりなサービス生産手段を必要とし、なおかつ公益性が高いことから、厳格な法規制のもと、ある種独占的な営業を許容されてきました。

ゆえに、それぞれの移動手段を有する企業はバラバラで、互いに連携することがあまりないため、利用者は極めて煩雑で面倒な思いを強いられてきたとも言えます。

しかし、IOTの進化は、こうしたある種伝統的な規制産業の枠を溶解させはじめました。

分かりやすい例で言えば、サイト上で「乗り換え案内」などを提供しているネット系の企業や、複数の移動手段に対応している

ネット決済代行会社などでしょうか。

今のところ、MaaSの「実施主体者」は自動車メーカーだったり、大手私鉄や大手バス会社だったりしますが、中には、大掛かりなサービス生産手段を保有しない情報通信系のベンチャー企業なども混じっています。

また、昨今では、少子高齢化でドライバー不足が深刻化する中、低速のバスなどを活用した自動運転や、宅配ロボットの実証実験なども活発化してきました。

さらに、観光に特化したMaaSでは、移動手段だけでなく、宿泊施設や飲食施設、各種アクティビティーなどと連動し、シームレスなサービス提供を目指しています。

この先、どういった企業がMaaSのイニシアチブを取るのかは未知数ながらも、場合によっては、巨大メーカーや大手私鉄をも従える「小さな企業」が登場しないとも限りません。

バーチャルオフィスで起業した「小さな企業」が、

日本地図を大きく変える。。。

問題・課題が山積みな分、ちょっと前だったら「ありえないようなチャンス」が眠っているかも知れませんね。

MaaSでアイディアをお持ちの方は、

まさに今、起業の季節なのではないでしょうか。

東京一等地で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京都心

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、

日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

一等地で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

実績のあるユナイテッドオフィス

 


キャッシュをストックする。


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

キャッシュをストックする、

キャッシュ イズ キング

できるだけ不要なものは持たず、現金化できるものは現金化する。

たとえば、貸借対照表BSの資産の部については、キャッシュ以外をできるだけ圧縮したり、売掛金を早く回収したり、不要な在庫を持たないようにして棚卸資産を圧縮といった方法が考えられます。

また、できるだけ負債や純資産の部を増やすことによって

もキャッシュ(現金)の確保が図れます。

買掛金の支払いをできるだけのばす、銀行から借り入れをする、

一般に企業はキャッシュがあっても手形を支払いにあて

支払いを後回しにしてキャッシュフローに余裕を持たせています。

キャッシュ イズ キング

経営においてはキャッフロー管理が極めて重要となります。

できるだけ不要なものは持たず、オフィス事務所など固定費を圧縮して、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

へ切り替えて

利益を確保するほうが、これからの変化の多き時代には有効だと思います。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京一等地のバーチャルオフィスのユナイテッドオフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、

中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地のバーチャルオフィスに

拠点を設置することができ、

ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトメール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある

ユナイテッドオフィス


バーチャルオフィスとは


野村不動産が10名未満

「小規模企業」向けオフィスを展開。

そこはバーチャルオフィスとは似て非なる?世界か。

先日、大手不動産会社の野村不動産が、従業員10名未満の企業向けサービスオフィスの新ブランドを立ち上げ、その第一弾となる物件を東京・日本橋にオープンすると発表しました。

同社によると、従業員10名未満の小規模企業は全国で30万社以上あり、全企業の約8割を占めていますが、成長の初期段階にある小規模企業がフレキシブルで快適に活用できるオフィスは、需要が高まっているにもかかわらず、供給が不足しているとのこと。

大手の不動産会社が手がけるオフィスビルと言えば、一定規模以上の企業しか相手にしない、といったイメージが強かっただけに、ある意味、時代の流れを感じます。

ただ、こちらの新ブランドのオフィス、様々な新しい技術を導入してはいるようなのですが、よくよく見ると、フロントサービスや共用の会議室を完備している点など、外資系を中心とする既存のサービスオフィスと大差ありません。

賃料も恐らく安くはないでしょう。

また、従業員10名未満の小規模企業とひとくくりにしていますが、既に従業員を5人や10人「雇用」している企業は、小規模とは言っても十分、「立派」な会社です。

1人や2人で立ち上げたばかりのスタートアップ企業のうち、こうした「立派」な会社にまで成長できる例は、実は驚くほど少ないという現実をご存知でしょうか?現実問題として、バーチャルオフィスで起業した人のうち、この種のオフィスに「栄転」できる人や会社は、ほんの一握りです。

いきなり夢の無い話をして申しわけありませんが、だからと言ってバーチャルオフィスの利用を卑下するつもりは毛頭ありません。

むしろ、バーチャルオフィスで1人起業し、組織に縛られず、「悠々自適」に自己実現している人を見ると、5人~10人規模の「逃げ場の無い組織」に成長した企業が、起業者にとって本当に幸福なのか、疑問さえ感じることがあります。

これは、10人近い社員を抱えた、WEB制作会社の社長さんのつぶやきです。

「受注が増えて規模が拡大し、収入も増えたが、今や、組織を維持し、社員を食わせるために働いている状態。。。」

まあ、ある意味、うらやましい嘆きではあります。

しかし、そこまで会社が成長できるか否かは別として、とりあえず第一歩を踏み出さないことには、何も始まりません。まずはバーチャルオフィスで起業してみては如何でしょうか。

東京一等地ので展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京都心

 https://united-office.com/

https://united-office.com/

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。


SNS起業での注意


SNS起業での注意

 SNSに大量に出回っている「札束の写真」。この「信ずる者は救われない」単純なカラクリに気がつかない人は、絶対に起業しないで下さい。

今年の年明けだったでしょうか。

なにかとマスコミを賑わしている某大手アパレル通販会社の有名社長が、SNS上で現金100万円を抽選でプレゼントします、という企画を実施し、大いに話題になりました。

まあ、こちらの社長さんの場合、羽振りがよいことで知られていますし、奇抜な話題を振りまくことが得意な方ですから、この方のこの企画自体には、誰も疑いを持たないでしょう。

しかしです。

SNS上では現在、多くの正体不明?の情報発信者が、同じような企画を拡散させていますよね。

「札束の写真」を大きく掲げ、リツイート&いいねをした人には抽選で○○名に100万円をプレゼントします、という、アレです。

もちろん、まともなビジネスを考えている人なら、こうしたわざとらしい「撮影用の札束」は簡単に用意できることくらい、すぐに気がつくはずですが、大真面目にリツイート&いいねをしている人が、なんと多いことか!

これで、大量のフォロワーが短期間で集まりますね。

そもそも、抽選で○○名に、などと言っていますが、本当に「当選」がいるのかどうかは、発送者にしか分かりません。

発送者は、本当は当選者がゼロであっても、当選者にはDMを送りました!なんて一言つぶやけばよいだけです。

確かに、リツイート&いいねをしただけでは、1円も損することはありませんが、大量に集められたフォロワーのもとには、簡単に儲かります系のDMや、その類の有料記事のURLが、わんさかと届くことでしょう。

さらに、そこで有料販売されている商品は、新たなカモをつかまえるための「札束の写真」だったりするはずです(笑)。

もっとも、カモがカモをつかまえようとしているワケですから、ビジネスになるワケがありません。

はっきり言って、こんな単純なカラクリを即座に見破れないような人は、絶対に起業しない方がよいでしょう。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

で真剣に副業・起業を考えている方に、「そんな哀れなカモ」はいないとは思いますが。。。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京の一等地渋谷区渋谷、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトのメール便や宅配便・書留などの受け取りをご自宅や海外へ転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

東京一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィス