タグ別アーカイブ: 登記住所

バーチャルオフィス東京一等地で会社設立登記


バーチャルオフィス東京一等地で

会社設立登記

人生100年時代

終身雇用完全崩壊。年金制度崩壊。

昨今話題となった、トヨタ自動車が

豊田社長は「今の日本をみていると、雇用をずっと続けている企業へのインセンティブがあまりない」と指摘した。

背景にあるのは、グローバルでの競争の厳しさ。国境や業種を越える競争が激しくなるなか、日本企業は労働者に優しいとされる「日本型雇用」との向き合い方を模索せざるを得なくなっている。

要は、終身雇用は難しくなっている、と言っている

あの時価総額21兆円のトヨタでさえ、終身雇用は難しいと宣言したのだから

つづく企業も続出し、労働に関する法改正もあるかもしれません。

バーチャルオフィス東京会社設立登記

 

年金制度崩壊。老後は夫婦で2000万円は必要

金融庁の金融審議会は3日、長寿化による「人生100年時代」に

備え、計画的な資産形成を促す報告書をまとめた。年金だけでは老後の資金を賄えず、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要になると試算した。要は貯蓄がない人は死ぬまで働け、と言っているようなもの

このような時代は、国に頼らず企業にも依存せず、

自らで稼ぐ力をつけなければなりません。

Wワーク、副業も認める企業も増えてきているなかで

セカンドキャリアのための準備を今から始めても遅くはありません。

バーチャルオフィス会社設立登記

東京都心一等地のバーチャルオフィスで

月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営ができました。

東京一等地にある

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、西新宿といった東京一等地に拠点を持つことができ、

フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

バーチャルオフィス東京ユナイテッドオフィス
  • ユナイテッドオフィスは、実績15年というバーチャルオフィス、レンタルオフィスの企業としては老舗。港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷、西新宿といった東京一等地での拠点で、貸会議室も1時間あたり1,000円といったリーズナブルな利用金低で利用ができる。郵便物の週1回の転送がついて、月額3,150円というプランで、法人登記の料金が含まれているのはたしかにお得だ。 (比較ナビ・取材調査担当:松本)

バーチャルオフィスで不動産管理会社設立


バーチャルオフィスで

不動産管理会社設立

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで不動産管理会社を設立する。

近年、このような目的での法人設立が増えています。

 

不動産保有会社をバーチャルオフィスで、設立するメリットとしては通常の賃貸オフィスの様な高い賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150円(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができます。

バーチャルオフィスで不動産管理会社を設立するメリット

給料所得者(サラリーマン)でもタックスメリットがある。

たとえば、不動産管理会社からの収益を家族に支払って所得分散できる。

さらに、小規模企業共済などの制度を利用すれば、

個人よりも法人で不動産を所有するよりも、実効税率を大幅に下げることができます。

ただし、すでに個人で不動産を保有して法人に移した場合に、譲渡益課税が差額20~39%かかるため、法人へ移さず管理会社にすれば有利なケースもあります。

不動産管理会社設立は、会社登記、法人での銀行口座開設のできる

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで


フリーランスに朗報


フリーランスに朗報!!

多様な働き方を後押し。

フリーランスは副業、兼業を含め110万人いるとされ、増々増加傾向にある。

政府は企業に属さないエンジニア、デザイナーなどのいわゆるフリーランスを労働法の対象として保護する検討に入った。仕事を発注する企業側と受注者との契約内容を明確化して、報酬については最低報酬額を業務ごとに明確化して定める。不安定な収入を政府が底支えする。また、政府は働き方改革の柱として、19年から残業時間を年720時間(1日約2、3時間)上限を順次導入する方針。

政府が導入されれば、企業は経費コスト削減のためにフリーランスへ仕事を発注するケースが増えると予測している。

自宅兼オフィスでもユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス・システムを利用すれば、オフィスなどの事務所賃料である月額固定費が不要となる。必要なときに都心の駅近くの会議室(月額1,000円/外税)からを利用でき費用負担が軽減されます。

たとえば、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用すれば、都心の一等地に住所利用はもちろん会社登記ができるサービスを月額3,150円(外税)から利用できる。(ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス・メールボックスライトプラン住所表記、法人登記可、郵便物転送)

郵便物は自宅に転送され、また、必要な場合には、電話通信サービスも利用でき、自分の自宅の固定電話もしくは携帯電話へ転送、また、電話秘書代行があなたの会社名で対応してくれて、リアルタイムにその対応内容がメールで送信されてくる。また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス・システムを利用すれば、クライアントなどの打ち合わせなど、会議室が月額1,000円(外税)から利用できます。フリーランスはもちろん副業の方も多く、ご利用いただいておりますので、ご安心していただき、実績14年のユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス・サービスをぜひ、ご利用くださいませ。


バーチャルオフィス住所で登記


バーチャルオフィス住所で登記

いまや、副業解禁、働き方の自由度がますます高まるなかにあってプライベートカンパニー(株式会社、合同会社)など設立する方が増加しております。

一例に挙げますと、

起業のための準備としてはもとより

収益不動産運用の管理会社や資産管理会社設立のため

楽天、ヤフー、アマゾンなどでネットショップを開設するため

などが多いようです。

その他

●経費の幅が増える:生命保険や自宅兼事務所、自動車、退職金、その他パソコン、コピー機、交際費など、

法人にした方が経費として認められる幅が広くなります。

●家族への給与:個人事業では原則として家族に給与を支払えません。

青色事業専従者給与として税務署へ届出をした場合にのみ認められています。 したがって、 法人の場合はそういった制限が無いため、実際に事業に従事していれば家族に自由に給与を支払うことが可能です。 これによって、所得分散をして経営者の所得税、住民税を節税することが可能になります。

会社設立登記の住所にあたり

自宅住所で登記は管理規約で禁止されているマンションや賃貸、

戸建てであっても登記すれば公に広く公開されてしまうので心配だと

思われる方も

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら東京一等地、港区南青山、虎ノ門、渋谷区、中央区銀座、日本橋の各オフィスで会社設立の登記の住所として月額3150円(外税・12ヶ月前納割引)で、ご利用いただけます。


都心一等地のバーチャルオフィスは「ユナイテッドオフィス」


都心一等地のバーチャルオフィスを格安でのご利用は、ユナイテッドオフィスへ。

東京都港区南青山、虎ノ門、銀座や日本橋、東京駅周辺や渋谷などにおいて法人登記を行うことができるシェアオフィスです。

オフィスを持たずに都心にオフィス機能をそろえることができ、オフィス賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを削減することができます。

いろいろなサービスや特典を利用することができ、例えば電話秘書20コールまでは無料で利用することができ、会社設立プランを3000(1)利用することが可能です。

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)からの低価格で使用することができ、キャッシュストック経営で効率的な財務管理を行うことができます。

 

 

また、転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150円から利用することができるので、会社を立ち上げる際に利用するとかなりコストを抑えることが可能です。渋谷、南青山、銀座などの都心の一等地に設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業やプライベートカンパニーなど幅広い分野の人が利用しています。

バーチャルオフィスのある渋谷、南青山、銀座などの住所は名刺やパンフレット・ホームページなどに利用することができ、法人登記や法人用銀行口座開設や社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、各拠点の会議室をバーチャルオフィス会議室として利用できます。

例えばテレワークやコワーキング・各種教室などにオフィススペースや貸会議室を使用することができ、必要な時間だけ使うので無駄なコストを削減することができるでしょう。

ユナイテッドオフィスは各地方や海外事業用サテライトオフィスとして利用することができ、週末起業や通販ビジネス、女性のストーカー対策などの多岐にわたって利用されています。利用されている会員の方にはビジネスが成功し、事業を拡大されている方もいます。


バーチャルオフィスと貸会議室


バーチャルオフィスのご利用は、ぜひユナイテッドオフィスをご利用ください。お得な価格設定が魅力となっており、できるだけ安い東京都心一等地のバーチャルオフィスを使いたいという方にもご満足頂けます。物件を借りるときより出費が安くなるため、駅近くに貸会議室ご利用したいという方におすすめです。南青山や渋谷など様々な拠点があり、好きなバーチャルオフィスを選択できるところも魅力となっています。海外オフィスもあるので、日本国外に会社を立ち上げたいときにも便利です。

 

東京都心から離れた地域の方もご利用頂けるため、地方に住んでいるけれど自分の会社は東京に作りたい方にピッタリと言えるでしょう。実際に会社に行く必要が無いため、住所だけ使いたいときにも役立ちます。住所を借りるだけではなく、郵便の受け取りや電話やファックスからの問い合わせに応対するサービスもしています。契約者様の代わりに郵便物を受け取って指定された住所に転送するため、家で仕事をしているフリーランスの方にピッタリです。バーチャルオフィスを利用する事で、仕事相手に自宅の住所を知られずに済むというメリットがあります。貸し会議室やレンタルオフィスも取り扱っているため、仕事をするためのスペースが必要だという方も安心です。貸し会議室は広さも様々なので、利用したい人数に合わせて借りる事ができます。少人数用の会議室もあるため、広すぎるスペースは必要ないという方もご満足頂けるでしょう。


ユナイテッドオフイスのバーチャルオフィスのプランはいくつかあるので、値段やサービス内容を見て好みの物を選択できるようになっています。ITファックスも利用できるため、開業時に端末を購入する費用を節約する事が可能です。少ない予算で利用できるサービスばかりなので、個人事業主や会社を設立したばかりだという方も気軽にお申込み頂けます。実績がある会社のため、安心して利用できる点も長所の一つです。


バーチャルオフィス銀座で会社設立登記


バーチャルオフィス銀座で会社設立登記

 

 

ユナイテッドオフィスでは、東京都内のいろいろな場所でバーチャルオフィスを取り扱っており、ビジネスに便利な銀座や青山、虎ノ門から渋谷まで様々な場所でサービスを展開しています。バーチャルオフィスといっても、会社の所在地として法人登記をすることもできるので、会社設立当初のコストをかけることができない時期に、取引先から信用を得ることができる場所を会社所在地とすることが可能となります。銀座バーチャルオフィスでは、ユナイテッドオフィスから住所・電話番号のほか、FAX番号などを借り受けてもらうことができ、バーチャルオフィス宛に届いた郵便物も転送することができます。

また、バーチャルオフィスとはいっても、貸会議や打ち合わせを行うスペースを借りて、銀座などの一等地で取引先を商談を進めることもできるでしょう。

このサービスを利用する大きなメリットとしては、会社設立時の各種諸経費を大幅に安くすることができるという点が挙げられます。

通常は会社を設立する際には、オフィスを賃借することになり、銀座などの一等地ともなるとかなりの保証金が必要となってしまいます。場合によっては、月々の賃料の約6ヶ月から12ヶ月の保証金などが必要となるでしょう。さらに不動産仲介業者に対して、仲介手数料を支払うこととなりますが、オフィスビルの賃料の金額に対して報酬額が決定されるため、かなりの出費となってしまいます。その他、デスクや椅子、パソコンやインターネット回線なども用意しなければならないため、かなりの設備投資が必要となるでしょう。バーチャルオフィスの場合には、これらの諸経費が必要なくなり、月額数千円から利用することができるので、会社を設立する当初の時期にはかなり役立つものとなります。事業を始めた初期のころは、打ち合わせや会議なども頻繁に行われることはないので、必要な時にだけユナイテッドオフィスから会議室を借り入れることも効率的な利用といえます。



会社設立登記の固定費を格安にするならバーチャルオフィス


会社設立する際に必要なものと言えば、登記をするためのオフィスです。自宅を登記することも可能ですが、セキュリティはもちろんクライアントの信頼を得るためには、一等地にオフィスを構えるのが理想と言えます。

 

しかし、それらには費用が掛かります。一等地のビル一室を借りるとなると賃料はかなりのものになります。そこで場所で実際に仕事をするのならいいのかもしれませんが、仕事の多くを家で行い、クライアントに信用してもらうためにオフィスを構えているのであれば、実際はあまり利用しない一室を借りることになります。起業するためには多くの費用が掛かります。

賃料のような固定費は安いほうがいいに決まっています。そうなると立地を妥協することになりますが、あまりにも辺鄙な場所を安いからという理由で借りるとクライアントの信用を得るためという当初の目論見を外してしまう結果になりかねません。そのようにできるだけ費用をかけずに一等地のオフィスを登記したいのであれば、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスをお勧めします。名前の通りバーチャル上のオフィスで、実際にどこかの一室を借りる必要はありません。そういうとなんだか不安になってしまうかもしれませんが安心してください。ユナイテッドオフィスはバーチャルオフィスで実績14年です。バーチャルオフィスは確かに登記した住所にオフィスはありません。しかし、その住所へ届く郵便物はすべて受け取り転送します。また、固定電話の番号も用意して、ご自分の携帯電話に転送したり、実際に電話秘書オペレーターが対応することも可能です。会議をする場合の会議室も格安で提供します。そのため、自宅にいながら、都心の一等地で仕事をしているような感覚を得ることができるのです。もちろん会社登記も可能です。それでいて月々の費用は格安です。

東京の一等地に住所を構えて仕事をしているのに、支払うべき固定費をグッと抑えることができます。費用を抑えて格安で賢く起業したいのであれば、

ユナイテッドオフィスへご相談ください。きっと満足していただけます。

 


これから副業を考えている人におすすめ


ユナイテッドオフィスでは、バーチャルオフィスというサービスを行っており、特にこれから副業を考えている人向けにおすすめなサービスとなっています。バーチャルオフィスとよばれるサービスがあれば、格安で自分のオフィスを構えることができるようになっており、起業にかかってくる資金コストの削減に繋げることも可能となります


会社を一から起業や副業するということは、会社として働くためや事業登録をするためのオフィスが必要となります。必要なオフィスを用意するとなると、敷金や礼金、契約金や毎月の家賃などがかかってしまいます。バーチャルオフィスであれば、起業に必要となってくる住所や、会議をしなければいけなくなった際などには、会議室をレンタルするということも可能となってきます。また、ユナイテッドオフィスの最大の魅力には、日本の一等地渋谷や日本橋、南青山や銀座等でオフィスを構えることも可能となっています。日本の一等地でオフィスを構えるということは、高額な費用が通常の場合かかってしまいます。


しかし、ユナイテッドオフィスが扱っているバーチャルオフィスであれば、格安の費用でオフィスを利用することができるので、起業、副業をするための費用を削減するということができるようになっています。また、ユナイテッドオフィスでは、住所を利用することができるというサービスだけではなく、郵便物などの荷物や、メールや電話などの転送というサービスも格安で利用することができるようになっています。ユナイテッドオフィスが行っているバーチャルオフィスがあれば、仕事のすべては自宅などで行いながらも、会社の住所は、東京の一等地にすることができるので、会社としての価値や信頼度を高めるということもできるのが最大の魅力となっています。ユナイテッドオフィスという会社は、設立から12年が経過している利用者の増加や、バーチャルオフィスのサービスを取り扱っている会社としての信頼度も高いのが特徴です。


ユナイテッドオフィスで、オフィスをシェアする


ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、月額わずか数千円という金額で快適な環境を整えることができます。起業する場合、大切なことは無駄なコストをかけない事です。そのためには、会社を小さくしておく必要があります。 

また、一度に抱えるビジネスが一つだけとは限らない時代です。コストをかけなければ、新しい業種にチャレンジすることもできます。ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでしたら、銀行口座の開設や法人設立の登記、社会保険の申請もできます。打ち合わせをしたり、プレゼンテーションに使用する会議室も完備しています。ほしいときに、ほしい時間だけ活用できるので余計な経費を節減できます。


また、日本各地や海外事業のバーチャルオフィスとして、さらに語学の教室、副業、通販、起業、在宅ワーク、サークル、組合団体、個人事業によるビジネス、女性のストーカーに対する方策、私的な住所や電話番号を知らせたくない等、様々な用途のご使用が可能です。

オフィスに在所することなく、電話やFAX番号・住所を借りて、配達された郵便物の転送、宅配便やメール便、書留郵便の受け取り及び転送、お客様からの電話についても転送することができます。オペレーター代わって対応するサービスもございます。日本各地の企業様の東京における出先のオフィスや連絡先としてもご活用いただけます。さらに、バーチャルオフィス所在のアドレスを、ホームページや名刺、パンフレット等に記載し活用することもできます。モバイル等を所持すれば、どこでもいつでも業務ができる時代です。東京に拠点を置き、賃借代や光熱費、機材リース代、人件費等がかかる正規のオフィスを所持しない状態でも業務ができるのです。このような仕事環境をクラウド型ということもできます。時代にあった業務環境を構築し、プライマリーバランスを有利な状況に持っていけるシステムを東京という大都市で是非活用していただきたいです。

都心一等地にオフィスのすべてが揃う。。。。

バーチャルオフィス実績14年のユナイテッドオフィス


バーチャルオフィスで都心の一等地に法人登記


ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

法人登記の住所に利用可能で、

そこで会社宛の郵便物を受け取ったり電話やFAXを利用出来たりするサービスです。

バーチャルオフィス利用の大きなメリットの一つが、都心部の一等地を自社の住所にできることです。実際にオフィスを借りるのはコスト的に難しくても、バーチャルオフィスなら可能となるわけですね。

バーチャルオフィスを契約しても敷金や礼金は不要ですので、入会金や保証金のみで利用が可能なのが一般的です。イニシャルコストは圧倒的に低いですし、本当に自分が必要な機能だけ、必要な時に利用することも可能です。

どのような機能があるかは運営会社によりますが、例えばユナイテッドオフィスは、ほとんどすべてのオフィス機能が揃っています。ユナイテッドオフィスは14年の運営実績を持つ公認免許登録業者ですが、南青山や虎ノ門、銀座などの一等地のほか、シンガポールや香港にもオフィスがあります。月額3150円(外税・前納の場合)という基本料金がコストを最大限に圧縮して万全な経営が可能となるでしょう。

企業だけでなくコンサルタント業や士業の場合は執務スペースが必要ない場合も多いですが、自宅を法人登記するのも考え物です。バーチャルオフィスなら自宅以外で法人登記が可能となり、プライバシーを守りながら業務が行えるのですからセキュリティ面でも安心です。選ぶ時に信用度が高く、実績のある運営会社を選ぶことさえ心掛ければ、バーチャルオフィスほど使い勝手の良いものはないでしょう。

UNITED-Office