タグ別アーカイブ: 東京バーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのレンタルスペース貸会議室東京


ユナイテッドオフィスの

レンタルスペース貸会議室

阿佐ヶ谷レンタルスペース

ご利用人数
通常配置で35名(ミニテーブルあり)
丸椅子を足すと50名まで利用可能(丸椅子と折り畳みテーブルを利用)

 

 

 

 

ご利用料金 
平   日  9時~18時 3500円(税別)
平   日 18時~22時 5250円(税別)
土日祭日  9時~22時 5250円(税別)
●ユナイテッドオフィス会員は表示利用料金より10%Offとなります。
プロジェクター使用料 1回5400円(税込み)

アドレス

杉並区阿佐ヶ谷南1-14-13Tコンフォート地下1階
地下鉄丸ノ内線「南阿佐ヶ谷」駅徒歩2分(パールセンター商店街の中の立地)

 

ご利用人数 通常配置で35名(ミニテーブルあり)

丸椅子を足すと50名まで利用可能(丸椅子と折り畳みテーブルを利用)

※こちらを、ユナイテッドオフィスの会員様、ご紹介で1割引きにさせていただきます。

 

※お店のスタッフがサポートに入る形をご希望の場合は別途料金

ユナイテッドオフィスなら、

東京一等地バーチャルオフィスで中央区銀座、日本橋、港区南青山、

虎ノ門、渋谷区渋谷の各拠点に貸会議室があるます。

ユナイテッドオフィスの銀座オフィス会員でも他のオフィスの

貸会議室を利用することができるので、さらに便利です。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷などにおいて法人登記を行うことができるバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の

賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。たとえば

株式会社、株式会社設立なら、ご自分で登記申請されるより、

ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス

https://united-office.com/

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用

することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなりコストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

 


2019年大型リストラが始まる


 

いよいよ専業サラリーマンが

「本格的」に危なくなる?

 

 googleで「日本 人員削減 1000人」と検索してみて下さい。

 

 かなり古い記事や、日本以外の話題もヒットしますが、最近の話題だけを拾ってみると、おおよそこんな頁がヒットします。

「ルネサス1000人削減へ 国内市場の縮小に対応」

 

「日本電気(NEC)グループ 社員を約3000人削減 45歳以上の人は、用済みなのか?」

 

 また、少し前から、銀行やメーカーなど、日本を代表する「錚々たる企業」がこぞって1,000人単位のリストラを断行しているのをご存知でしょうか?

 

 また、「一般職」の募集自体を廃止し、総合職のみを募集する「大企業」の動きも出始めできました。

 

 

これらはいずれも「相当な一大事」なはずなのに、大手メディアの多くは、せいぜいニュースインデックスの「片隅」でしか報道していません。

 

 

少子高齢化で新卒が「売り手市場」だとか、人手不足で有効求人倍率がバブル期並みなった、なんて話はよく目にするのに、です。

 

 「戦後最長の好景気」のはずでしたよね。。。

 

そもそも、多くの人は「実感」が伴っていない「景気の拡大」だったうえに、昨今露呈してきた統計の不正問題。

 

 「表向き」のニュースや統計についても、

よくよく深読みする必要がありそうです。

 

もちろん、少子高齢化で働き手が不足、新卒が売り手市場なのは間違いないでしょう。

 

しかしそれは、混沌とした日本の状況の一部分にしか過ぎません。

 

 AIやロボットの進化により、景気が良し悪しにかかわらず、今後労働市場は大きく変容することでしょう。

 

 はっきりしていることは、いよいよ専業サラリーマンが「本格的に」危なくなる、ということではないでしょうか。

 

踏み出せない、という人も、まずは「保険」という意味で副業から着手してみてはいかがでしょうか?

 

 東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京都心の一等地バーチャルオフィスは

実績15年のユナイテッドオフィスへ

 

 

 


副業はバーチャルオフィスで


副業は

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

IT・インターネット技術の進化で高まる「副業」のニーズ

『社外チャレンジワーカー制度』

ロート製薬

社員の副業を認めている、新しい事業を生み出すためには

「多様化」が大きなキーワード

サイボウズ

定年もない退職金もない、社員にはサイボウズがなくても

生きていけるよう自立

を求めている。

ヤフージャパン

も副業を認めている

社員6,000人のうち10%が副業を持っている。

社員の面倒を会社が一生できるわけではない、会社はその準備のために

環境を整えている。

「稼ぐ力」が問われる時代。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

自立の準備いまからはじめてみませんか

今後、AIなどの進化で、増々仕事がなくなり、

稼ぐ人と稼げない人が二極化していく

なかにあって、今後重要となるのは、

会社に頼らずとも自立志向のある人である。

ユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

副業、フリーランス、テレワークなどの

ほかにもご利用用途はさまざまです。

ITインターネット技術が進歩している今日、自宅にいながら仕事ができる時代になってきています。ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスの場合なら、たとえ地方にいながらでも、まるで東京都心で仕事をしているような感覚を手に入れることが可能です。実際の事務所オフィスに入居して会社を開設しようとする場合、普通ならば、多額の固定費がひつようとなりますが、バーチャルオフィスならとても月額3,000円からで、必要な時必要な時間で会議室などのスペースを利用ができます。、しかも電話やファックスなどの細かな対応にも受分に対応できる秘書サービスなどの便利なシステムも採用しております。

いまや、世界のどこでもつながれる時代にあって、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用すれば

自由人「ノマド」などにライフシフトし海外や地方のリゾート地に居住して、働き方も、時間、場所などにとらわれず自由に仕事ができる。

まさに働き方の高自由度、

理想のライフワーク

を楽しむことができます。

バーチャルオフィスなら東京都心で

実績のあるユナイテッドオフィスへ


バーチャルオフィスなら東京都心にあるユナイテッドオフィス


人生100年時代

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

ライフシフトをする。

ライフワークを楽しむ 新時代の多機能オフィスは

ユナイテッドオフィスの「バーチャルオフィス」

通常オフィスを借りる場合には、

それなりの諸費コストと

ランニングコストがかかる。

初期コストとして

保証金(月額賃料の約6ヶ月~12ヶ月)と 仲介手数料賃料の1か月分、オフィス設備(オフィス家具、PC、ファックス、電話などの通信機器、ファックスなどの複合機)の費用

ランニングコストとして

毎月かかる固定の高コストとして、オフィス賃料・光熱費・リース代、その他、電話対応スタッフ給料などの費用の負担がかかります。この高いコストを大幅に削減したいという問題は、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解決します。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

オフィスに入居することなく、

自宅オフィスでもユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス・システムを利用すれば、オフィスなどの事務所賃料である月額固定費が不要となる。

そのコストを毎月の自宅のローンや賃料などにシフト。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用すれば

ご自宅に居ながら、あたかも都心のオフィスに居るような感覚

国内のご自宅や地方、海外などで、ユナイテッドオフィスからオフィス 住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は転送し、クライアント様 からかかってきた電話については、 ボイスワープ(転送電話)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムを

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。 ユナイテッドオフイス・オペレーター それは、ご自宅に居ながら、あたかも都心のオフィスに居るような感覚です。 自宅はリゾート地にあり、東京都心にオフィス機能がある。

まさに働き方の高自由度、理想のライフワーク

を楽しむことができます。

バーチャルオフィスなら東京都心で

実績のあるユナイテッドオフィスへ


東京一等地のバーチャルオフィスを格安で


東京一等地のバーチャルオフィスを格安で

東京都内の一等地でオフィスを構える

と会社の信用がかなり上昇しますので、ビジネスを円滑に進めていくためにはオフィスの住所がどこにあるのかということが極めて大事になってきます。

バーチャルオフィスはユナイテッドオフィス

東京都内の一等地でオフィスを借りようとしたら、かなりの金額がかかります。資金力がある会社であれば東京都内の一等にオフィスを構えることは可能ですが、まだ起業したばかりの会社が東京都内の一等地にオフィスをいきなり構えるのは金銭的に考えると難しいです。ですが、当サイトのサービスを利用して頂ければ東京都内の一等地の住所を持つことができます。当サイトでは東京都内の一等地にオフィス機能が全部揃ったバーチャルオフィスを格安で提供しています。バーチャルオフィスの料金が格安であることから、東京都内の一等地の住所を簡単に持つことができます。起業したばかりの会社はとにかく会社の信用を得ることが大事になってきますので、

このバーチャルオフィスサービスを理に適っています。ユナイテッドオフィスでは日本橋や虎ノ門そして銀座などの一等地と呼ばれるエリアで、格安でバーチャルオフィスを借りることができます。また当サイトは、2017年12月では2690社の登録会員がいます。今まで多くの会社から信頼されていますので、14年間の実績があります。格安でバーチャルオフィスを借りられるプランから多彩なサービスのプランまで用意しています。価格重視やサービス重視によって、お好きなプランを選択して下さい。さらに、当サイトは他の業者よりもお得なサービスを実施しています。それは、会社設立の登記手続きの価格が破格の安さとなっています。

株式会社や合同会社の設立の際の登記手続きがたったの3000円となっています。他の業者もユナイテッドオフィスと同様なサービスを提供していますが、価格は数万円となっています。従って、ユナイテッドオフィスで依頼された方がかなり安くできることになります。以上のような特徴がユナイテッドオフイスにはあります。