タグ別アーカイブ: 日本橋

バーチャルオフィスで会社設立登記


バーチャルオフィスで会社設立

とくに不動産保有会社を設立は

節税メリットが大きくお勧めいたします。

給与を家族に支払って所得分散でき、自身も法人から

給料をもらうことで給与所得控除ができます。

同じ不動産収益でも個人と法人とでは税引き後の

キャッフローが大きく違います。

個人での不動産収益税制は強化され、平成15年までは

個人の給与所得と損益通算が可能できましたが現在は

できません。

一方で法人税制は緩和が進んでいます。

その利用は少子高齢が進む日本で中長期に税制を

確保するために海外からの投資を誘導して

国内の経済を活性化する目的があるからです。

法人への課税緩和への傾向でキャッシュフローを最大化す

るために、不動産保有法人を設立することを

お勧めいたします。

 

 

 

 

 

会社設立をユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

最近増えている、自分会社、

いわゆるプライベートカンパニー。

たとえば、カフェ事業をしている会社が赤字で不動産管理をしている会社が黒字の場合、

カフェ事業の赤字を利益の出ている不動産管理会社と損益通算することにより、

節税効果とキャッシュフローが期待できます。

https://united-office.com/

節税対策のための会社設立は

東京一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィスへ


50代からの起業を考える。年金崩壊


50代からの起業を考える。

50代の起業こそ

リスクが少ない。

30年近く社会でビジネス経験を積み、何らかの専門知識、

そして

仕事をとおして人脈も多い

50代となると今後の会社人生も先が読めてくる。

人生100年時代と言われるなか、年金もあてにはならず

セカンドライフの準備をはじめても決して遅くはない。

むしろ、早めに準備するべきかもしれません。

 

スタートアップのビジネス起業などは、

やつてみないとわからない。

そこでリスクの少ない、

ユナイテッドオフィスの

東京都心のバーチャルオフィス

で、複数のビジネスを立ち上げてはじめてみるのも

一つの方法かもしれません。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、

東京都心にオフィスを借りずに ビジネスに

必要なオフィス機能がすべて揃う。

 

https://united-office.com/

 

 

 

 

 

 

 

バーチャルオフィス、貸会議室は

東京都心駅近にある

ユナイテッドオフィススがおすすめ

東京都心貸会議室

港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷での住所利用も可能で、

各オフィスの拠点には、貸会議室があり、

ユナイテッドオフィスの会員なら1時間当たり1,000

という格安で、使いたいときに使いたいだけの

料金で利用できます。

転送がついて、月額3,500円〜という価格で、

すべてのプランで株式会社や

合同会社などの法人登記利用の料金が

含まれているので費用もリーズナブル

また、専用電話番号付きのでも月額7,800

電話秘書代行サービスも月あたり

20コール無料で月額13,800円と

他社と比較してもかなり安いと思います。

さらにユナイテッドオフィスならバーチャルオフィスでも

法人での銀行口座開設ができる。

 50代からの起業に

第二の人生の準備はいまからはじめても

遅くはありません。

 

東京都心のバーチャルオフィス、

サテライトオフィスなら

実績14年のユナイテッドオフィス

が安心です。


働き方改革の真意、100年時代を活きる


働き方改革の真意100年時代を活きる

AI失業前夜

増え続ける雇用者と

減少する正社員

メガバンクでは、これから10年をかけて数万規模の仕事がなくなると発表

ダボス会議のシミュレーションの結果によると、

今後5年間で510万人が人工知能により失業すると発表

『働き方改革の本当の意味』は、自立して『稼げる』ための

準備期間を政府が奨励している。

それは

年金制度は崩壊したのに等しく、平均寿命も延び、ますます少子高齢化に

拍車がかかる中にあって、

企業の終身雇用が崩壊し早くから自活できるように

副業や複業も容認している企業も増えている。

バーチャルオフィス副業

 

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスなら

プライベートカンパニーなどの会社設立登記や

法人での銀行口座開設などができ、さらにクライアントなどと打ち合わせができる、貸会議室施設も充実しております。

 企業や年金などあてにはならない時代にあって

いまから ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

第二の人生であるセカンドライフの準備するのも遅くはありません。

いまや『仕事をする場所、時間に制限されない』時代

いままでは、事務作業をする場合に、決められた場所(オフィス)の

デスクトップパソコンで会社にいる必要がありました。

しかし、いまではノートパソコン、タブレットがあれば、いつでも、どこでも

仕事ができる時代です。

バーチャルオフィス東京各地域

現在開設している

ユナイテッドオフィスの東京都心バーチャルオフィス拠点

東京都渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋

今後開設予定の

バーチャルオフィス東京各拠点

東京渋谷区恵比寿 渋谷区代官山、

千代田区麹町  千代田区九段、平河町、

豊島区池袋、

https://united-office.com/

バーチャルオフィスなら実績のある

ユナイテッドオフィスが安心です。

 

 

 


稼ぐ力はユナイテッドオフィスがおすすめ


稼ぐ力は

ユナイテッドオフィスがおすすめ

「稼ぐ力」が問われる時代。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで自立できる下地を

 

 

2020年以降、AIなどの進化で、増々仕事がなくなり、稼ぐ人と稼げない人

が二極化していく。

いまや、必要とされるのは、会社に頼らずとも自立志向のある人である。

 

今後生き残れる人材としては、財務会計、マーケティングと統計学、法務などのビジネススキルがあり、対外的な(海外も含めて語学力)など、コミニュニケーション能力の高い人といわれています。

企業に属する、また独立起業するにも、このようなビジネススキルがないと

今後は生き残れるのは難しくなるだろう。

40代いや30代から早めの「セカンドキャリア」第二の人生を考えるのも決して早くはありません。

まずは、ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで会社を設立登記して、

中央区銀座、日本橋、港区虎ノ門、青山、渋谷、などの東京都心一等地にオフィス拠点をもち、会社登記もでき法人での銀行口座開設もできる、

実績14年で、公認の免許登録業者の

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら、安心してご利用いただけます。

月額3,150円からご利用ができ、バーチャルオフィスのプランや

特典も多く揃えている

ユナイテッドオフィスを自信を持っておすすめいたします。

ITテクノロジー今後も進化の一途をたどるなか、世界中の何億人もの人たちがインターネットでつながり、バーチャル市場での

ビジネスチャンスも拡大していく。

このような時代には、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで株式会社設立登記して、複業もいいかもしれません。


貸会議室のある日本橋


貸会議室のある日本橋

バーチャルオフィス

オフィスを賃貸・分譲で手に入れることは、必ずしもメリットばかりではありません。いざ活用すると自社の動線とかみ合わないロケーションであることや、機能的に使いづらい所だったことも少なくないからです。特にはじめてオフィスの賃貸・分譲を行う時には、自社の取引先との距離や、駅からの距離を考えて選びがちです。しかし、自社の取引先が広がることや、自動車を使うことによって、企業の形態や自社での利便性に大きな影響をもたらしてしまうことは少なくないといわれています。そこで必要なのがバーチャルオフィスです。弊社ユナイテッドオフィスでは、14年の実績を誇るバーチャルオフィスを提供する会社として、都内各地で法人登記のできるシェアオフィスを提供してきました。日本橋のような地価の高いところであっても安心の低価格で提供できるシェアオフィスを提供しています。オフィスを持つことによって縛られてしまうことや人件費、日本橋にオフィスを立ち上げるような設備費の増大化が懸念される業種や、業務形態に変化が起こる可能性のある業種であれば、前もって自社の必要としている設備が整ったオフィスをシェアしてはいかがでしょうか。設備費や人件費の抑制だけでなく、企業ごとに必要としている多種多様なサービスを活用できるようサポートしてきました。事前に相談していただくことによって、最良のサービスが提供できるご提案をさせていただきます。企業としてどんな形でオフィスを利用したいのか、どんなサービスを活用したいのかによって、最良の結果が大きく異なるといわれているため、興味をお持ちの方はぜひ一度ご相談いただけませんでしょうか。電話秘書サービスをも含め、多種多様な形態のご提案を承っています。事業を立ち上げたばかりでコストにこだわったビジネスにしたい人や、日本橋のような地価の高いところでバーチャルオフィスを活用することにより、取引先への信用を勝ち得たい人ばかりでなく、自社でどれくらいのサービスを効率化できるかをも含めて、ぜひ一度相談してください。