タグ別アーカイブ: 会社設立

バーチャルオフィスでライフワークを楽しむ


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

ライフワークを楽しむ

ライフワークを楽しむ 新時代の多機能オフィスは

ユナイテッドオフィスの「バーチャルオフィス」

起業するためにオフィスを借りる場合には、

初期の費用として通常、保証金(月額賃料の約6ヶ月から12ヶ月)と 仲介手数料、オフィス設備(デスク、PC、ファックス、電話などの通信機器、ファックスなどの複合機)の費用と、毎月かかる固定の高コスト(固定費および変動費)として、オフィス賃料・光熱費・リース代、その他、電話対応スタッフ給料などの費用の負担がかかります。この高いコストを大幅に削減したいという問題は、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解決します。

■オフィスに入居することなく、

ご自宅に居ながら、あたかも都心のオフィスに居るような感覚 国内のご自宅や地方、海外などで、ユナイテッドオフィスからオフィス 住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は転送し、クライアント様 からかかってきた電話については、 ボイスワープ(転送)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。 ユナイテッドオフイス・オペレーター それは、ご自宅に居ながら、あたかも都心のオフィスに居るような感覚です。 自宅はリゾート地都心にオフィス機能がある

■各種法人・会社設立登記もできる

バーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス (中央区銀座、日本橋、港区南青山、虎ノ門、渋谷、新宿など)の都心の一等地の住所で法人会社設立登記ができるバーチャルオフィスとして、ご利用いただけます。 起業、テレワーク、各種法人設立、通販、個人事業などのフリーランス拠点として、また、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしてもご利用いただけます。

 

■法人の銀行口座開設ができる

バーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば バーチャルオフィスであっても、都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。 ※ただし、銀行口座の開設にあたっては金融機関のご本人も含む総合的な審査となります。

■駅近貸会議室のご利用ができる

バーチャルオフィス

リアリティ・バーチャルオフィス ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら、クライアント様の打ち合わせや会議など、各拠点にあるオフィスの会議室をリーズナブルな利用金でご利用いただけます。1時間1000円(外税)

■ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスのご利用方法

コストパフォマンスの高いバーチャルオフィス たとえば、毎月20万円のオフィス賃料および光熱費などのコストをバーチャルオフィスへ代えて、軽井沢や海外

リゾート地のゆったりとした住居へ移住し、コスト減額分を自宅賃料 もしくは住宅ローンへシフトする。 リゾート地の自宅

■ユナイテッドオフィスで

ライフワークを楽しむ

バーチャルオフィスは自由度が高い。 いまやIT通信技術が進歩している時代にあっては、どこでも仕事ができる時代。 ふだんはリゾート地にある住居で仕事をして、都心でクライアントとの打ち合せが必要なときは、オフィス住所のユナイテッドオフィスの会議室を利用し、週末には、リゾート地にある自宅近くのゴルフ場で、友人や家族でプレーし、冬場はスキーなどを楽しむなど、 ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用すれば、 このようなライフワークも夢ではありません。

バーチャルオフィならどこでも

仕事ができる

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

ライフワークを楽しむ

 


フリーランスに朗報


フリーランスに朗報!!

多様な働き方を後押し。

フリーランスは副業、兼業を含め110万人いるとされ、増々増加傾向にある。

政府は企業に属さないエンジニア、デザイナーなどのいわゆるフリーランスを労働法の対象として保護する検討に入った。仕事を発注する企業側と受注者との契約内容を明確化して、報酬については最低報酬額を業務ごとに明確化して定める。不安定な収入を政府が底支えする。また、政府は働き方改革の柱として、19年から残業時間を年720時間(1日約2、3時間)上限を順次導入する方針。

政府が導入されれば、企業は経費コスト削減のためにフリーランスへ仕事を発注するケースが増えると予測している。

自宅兼オフィスでもユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス・システムを利用すれば、オフィスなどの事務所賃料である月額固定費が不要となる。必要なときに都心の駅近くの会議室(月額1,000円/外税)からを利用でき費用負担が軽減されます。

たとえば、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用すれば、都心の一等地に住所利用はもちろん会社登記ができるサービスを月額3,150円(外税)から利用できる。(ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス・メールボックスライトプラン住所表記、法人登記可、郵便物転送)

郵便物は自宅に転送され、また、必要な場合には、電話通信サービスも利用でき、自分の自宅の固定電話もしくは携帯電話へ転送、また、電話秘書代行があなたの会社名で対応してくれて、リアルタイムにその対応内容がメールで送信されてくる。また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス・システムを利用すれば、クライアントなどの打ち合わせなど、会議室が月額1,000円(外税)から利用できます。フリーランスはもちろん副業の方も多く、ご利用いただいておりますので、ご安心していただき、実績14年のユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス・サービスをぜひ、ご利用くださいませ。


東京都心一等地にオフィスを


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフイスなら資金がなくても

東京一等地にオフィスを設けることは可能です。

例えば、

バーチャルオフィスを利用してみればいいのです。

最近は独立起業や在宅ワークをする人が多くなってきていることもあり、バーチャルオフィスがとても注目されています。せっかく利用するのなら、普通では借りられないような場所でオフィスを設けてみましょう。

ユナイテッドオフィスに相談をすれば、南青山でバーチャルオフィスを設けることも可能です。

元々、地価が高い場所なので、それがオフィスとなればなかなか利用できないエリアと言えるでしょう。

しかし、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスならばそれも可能となるのです。しかも、格安で利用できるところが魅力的です。

南青山にバーチャルオフィスを構えたい人はこちら、

ユナイテッドオフィスへ

相談をしてみましょう。また、利用するにはその流れやサービス内容を調べておくことも大事です。

バーチャルオフィスのいいところは、オフィスの機能が全て揃っているところでもあります。実際に自身が仕事をしているのは自宅であっても、南青山のバーチャルオフィスでは電話代行などをしてもらうことができるのです。電話転送や郵便転送サービスなどがあります。自宅の住所を特定されることなく仕事ができるという点が、まさに今の時代の働き方に合っていると言えるでしょう。

従業員が少なかったり、まだ資金がそれほどなかったりするような小さな会社にとっては、とても利用しやすいサービスとなっています。口コミでもじわじわと評判が広がってきているため、気に入ったオフィスがあればすぐにでも契約をしましょう。

また、費用の確認はもちろん、サービス内容もいろいろあるので、細かく確認することが大事です。

月々の利用料は格安ですが、それを確認するには他社のバーチャルオフィスと比較してみるといいでしょう。

この費用なら、たしかに手軽に利用しやすいと実感できるはずです。今後ますます利用する会社は増えていくことでしょう。


会社設立にバーチャルオフィス


バーチャルオフィスを港区で利用できるのなら、各種法人設立時に役立つことでしょう。世間的には港区というと地価が高く、普通に住むにしても手が届かない人が多くなっています。そんなところにいくらバーチャルオフィスであってもオフィスを設けられるのは、とても魅力的なことです。

例えば、ユナイテッドオフィスを活用してみましょう。こちらでは港区の物件も取り扱っています。オフィス機能が全て揃えられるバーチャルオフィスなので、とても仕事がやりやすく感じられるはずです。また、実績もあります。未だにバーチャルオフィスを知らない人はたくさん居ますが、ユナイテッドオフィスは既に14年もの実績があるのです。しかも、公認の免許登録をしているところも信頼できます。まず、ホームページから問い合わせをしてみましょう。ある程度の内容はホームページで確認できます。一通りチェックしてから申し込んだ方が無難です。

例えば、転送機能付きのバーチャルオフィスを港区で月額3150円から利用できるのです。これはかなりお得に感じられることでしょう。それに、顧客満足度も高く貸し会議室施設も充実しています。様々な用途で利用できて便利です。特にメリットとなるのは、オフィスの賃料の他には人件費削減です。転送機能が使えるので人件費を節約できます。郵便物ももちろん転送可能です。電話代行もあるため、オフィスに居なくても電話を利用することができます。そこでよく利用されている目的は会社設立時です。独立起業という時など、とりあえず小規模でもオフィスを設けることがあります。そんな時に活用するといいでしょう。最近は在宅ワークも多くなってきており、副業としてこのようなオフィスを利用する人も増えてきています。フリーランスの人やSOHO、テレワークというような形で利用することも可能です。他には地方の会社が東京にオフィスを設けておきたいという時などにも役立ちます。


会社設立登記の固定費を格安にするならバーチャルオフィス


会社設立する際に必要なものと言えば、登記をするためのオフィスです。自宅を登記することも可能ですが、セキュリティはもちろんクライアントの信頼を得るためには、一等地にオフィスを構えるのが理想と言えます。

 

しかし、それらには費用が掛かります。一等地のビル一室を借りるとなると賃料はかなりのものになります。そこで場所で実際に仕事をするのならいいのかもしれませんが、仕事の多くを家で行い、クライアントに信用してもらうためにオフィスを構えているのであれば、実際はあまり利用しない一室を借りることになります。起業するためには多くの費用が掛かります。

賃料のような固定費は安いほうがいいに決まっています。そうなると立地を妥協することになりますが、あまりにも辺鄙な場所を安いからという理由で借りるとクライアントの信用を得るためという当初の目論見を外してしまう結果になりかねません。そのようにできるだけ費用をかけずに一等地のオフィスを登記したいのであれば、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスをお勧めします。名前の通りバーチャル上のオフィスで、実際にどこかの一室を借りる必要はありません。そういうとなんだか不安になってしまうかもしれませんが安心してください。ユナイテッドオフィスはバーチャルオフィスで実績14年です。バーチャルオフィスは確かに登記した住所にオフィスはありません。しかし、その住所へ届く郵便物はすべて受け取り転送します。また、固定電話の番号も用意して、ご自分の携帯電話に転送したり、実際に電話秘書オペレーターが対応することも可能です。会議をする場合の会議室も格安で提供します。そのため、自宅にいながら、都心の一等地で仕事をしているような感覚を得ることができるのです。もちろん会社登記も可能です。それでいて月々の費用は格安です。

東京の一等地に住所を構えて仕事をしているのに、支払うべき固定費をグッと抑えることができます。費用を抑えて格安で賢く起業したいのであれば、

ユナイテッドオフィスへご相談ください。きっと満足していただけます。

 


政府が進める「働き方改革」会社員の副業解禁、専業禁止


Man sitting on deck of sailboat using laptop

 

会社員である以上将来のポストは限られている

できることは、今の新制度「働き方改革」を利用して

まずは副業から始めてはいかがでしょうか。

 

会社員の副業 どこまでOK2017/5/24 日経より出典

インテリア雑貨のオンライン販売などを手掛けるエンファクトリー(東京・渋谷)。顧客サービス担当の山崎俊彦さんはオフィスの自席でパソコンに向かい、妻と一緒に立ち上げた会社の業務にも取り組んでいる。ペット犬用の服飾雑貨をネットで受注し、製造販売するビジネスだ。「愛犬に合うサイズの服がなかったので自分で作ろうと考えたら、こうした需要は他の飼い主にもあるのではと思った」のが起業のきっかけだ。今では月に30万円を超す売り上げがある。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO16574910Y7A510C1000000/?n_cid=kobetsu

 

ユナイテッド・オフィス曰く「働き方改革」とは、

働き方自由度が大きくなること

副業・起業には法人登記ができるユナイテッド・オフィス

ユナイテッドオフィス広告2016110406

http://www.united-office.com/

 


『副業』は生涯における稼ぐ力を高く保つためのキャリア戦略、ユナイテッドオフィスnews


日本政府は、会社員が副業をしやすくするための環境整備
を進める方針を打ち出す予定。
大企業が優秀な人材を抱え込みすぎているとの認識から、
就業規則を見直すときに必要な仕組み
などを盛り込んだガイドライン(指針)を策定し、
企業の意識改革を促すようです。
あと5年も経つと副業経験が社内でのキャリアアップの前提条件となる
会社も登場するかもしれません。

”z’uy+1019 ‚̃Rƒs[+

副業促進に関する意識調査では「現在、企業や政府による『副業促進』
の動きが高まっています。
この動きに対して、あなたの意見は賛成ですか?
反対ですか?」と質問したところ、73%が「賛成」、27%が「反対」と回答。
(調査:株式会社もしも)

実質終身雇用、年金制度など崩壊している日本にあって
生涯における稼ぐ力を高く保つためのキャリア戦略として
『副業』をおススメいたします。
正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換

2016/12/26(日経)

政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。
企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から
副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。
複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくる。
働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H1D_V21C16A2MM8000/
副業には、『都心の一等地にオフィス機能がすべてそろう』
ユナイテッド・オフィスへ

%e3%83%a6%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%ba%83%e5%91%8a201611


法人登記のできるバーチャルオフィス3,150円から(ユナイテッド・オフィスNews)


ユナイテッド・オフィスの

バーチャルオフィスなら3,150円(月あたり・外税)で
都心の一等地に゛ビジネスに必要なオフィス機能がすべて揃う゛

打ち合わせやプレゼンのための会議室も常設しております。

CIMG7767
先の見えない、不安定な時代だからこそ

いまのうちからプライベートカンパニーを創りましょう!

株式・合同会社設立手続き、3,000円(外税)
ユナイテッド・オフィスなら各種法人設立、銀行口座開設もできます。


ある日突然。。。動揺しないためにも準備はユナイテッドオフィスで


人生のなかにおいて、ある日突然。。。ということに遭遇する。今後はそのことも珍しくなくなる。

20160555

・グローバルスタンダートの波は確実に日本社会に浸透している
・フラット化する世界による移行する世界の賃金。
・グローバル単位での格差が着実に形成されつつある。

ある日突然。。自分の勤務する会社が外資に買収された。。
 雇用体系が変わり突然の解雇となり職を失うということもありえなくもない。

世界のフラット化・グローバル化により

自分が今までしてきた業務を
海外(インド・中国など)に発注したほうがコストが安く、
しかも品質も変わらないとなると経営側としてはそちらへ移行するだろう。。
特に経営側が外資となれば即決

いまや、確実のものなど何もない。
終身雇用制度、年功序列、退職金制度、年金制度、行政機関などさまざまな分野で崩壊、
腐敗が顕在化している
そして今後日本将来を背負って立つべきの若者の
ニート(64万人)、フリーター(200万人)、ネット難民増加。。

将来の日本社会は悪化する要因は挙げてもきりがないが、
良くなる要因を見つけるのは難しい。

ある日突然。。。というときに動揺しないためにも

第三の保険として、
今のうちから自分のビジネス、セカンドビジネス(副業)の準備はじめてはいかがでしょうか。

いまの社会は突然に何が起きても不思議ではない。
そのときは、ある日突然やってくる。。。。。。。

ある日突然。。。動揺しないためにも準備はユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

会社設立サービスオフィス、バーチャルオフィス、貸会議室・コールセンターの

UNITED-Office


1 / 212