タグ別アーカイブ: ユナイテッドオフィス

初めはバーチャルオフィスから。ユナイテッドオフィスNews


いいアイディアが浮かんで事業化してもそれが

はたして市場でヒットするか、また、手ごたえがあったとしても

収益には時間がかかる。など、バーチャルオフィス,コスト

事業は実際やってみないとわからない

ただ、限られた資金での企業の場合、そうそう失敗はできないし

収益を生むまで時間もかけてられません。

そのようなお悩みに

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら
数千円/月という料金で信じられないコストでビジネスオフイス
環境を手に入れることができる。

打ち合わせの時は、使いたい時間だけ貸会議室スペース
を利用できるので固定のコストは気にならない。

CIMG7767

当然のことながら事業が軌道に乗るまでは「低コスト」で起業するのが最も失敗しない。

はじめは、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

%e3%83%a6%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%ba%83%e5%91%8a201611

 

 


『副業』は生涯における稼ぐ力を高く保つためのキャリア戦略、ユナイテッドオフィスnews


日本政府は、会社員が副業をしやすくするための環境整備
を進める方針を打ち出す予定。
大企業が優秀な人材を抱え込みすぎているとの認識から、
就業規則を見直すときに必要な仕組み
などを盛り込んだガイドライン(指針)を策定し、
企業の意識改革を促すようです。
あと5年も経つと副業経験が社内でのキャリアアップの前提条件となる
会社も登場するかもしれません。

”z’uy+1019 ‚̃Rƒs[+

副業促進に関する意識調査では「現在、企業や政府による『副業促進』
の動きが高まっています。
この動きに対して、あなたの意見は賛成ですか?
反対ですか?」と質問したところ、73%が「賛成」、27%が「反対」と回答。
(調査:株式会社もしも)

実質終身雇用、年金制度など崩壊している日本にあって
生涯における稼ぐ力を高く保つためのキャリア戦略として
『副業』をおススメいたします。
正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換

2016/12/26(日経)

政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。
企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から
副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。
複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくる。
働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H1D_V21C16A2MM8000/
副業には、『都心の一等地にオフィス機能がすべてそろう』
ユナイテッド・オフィスへ

%e3%83%a6%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%ba%83%e5%91%8a201611


コストを圧縮して利益を生む(ユナイテッドオフィスNews)


コストを圧縮して利益を生む

経営の目的は「利益を出す」ことにあります。
その方法として4つの方法があげられます

1、まず、売上を上げること。

売上を増やすには、

1)「売上単価を上げる」つまり値上げする

2)「販売数量を増やす」売価が変わらなければ営業努力で
販売数量を増やすしかありません。

売上高=単価×数量

次に、コストを下げることです

コストダウンには、2つの方法があります。
「経費を下げる」

「回転率を上げる」の2つです。

経費を下げるためには、

売上のもとになる原価や固定費を下げて粗利を増やす

粗利から引かれる

販売費用や管理費・労務費・支払金利、事務所賃料固定費などの経費を下げる

ことが必要になります。
%e5%9b%b31

売上げが10億あったとしても経費が8億かかれば利益は2億、一方で売上げが5億だとしても経費が2億で済めば利益は3億となる。

経費は「第3の利潤」といわれ、

売上が上がらなければ経費を切り詰めることにより利益を確保する、

つまり「入るを計りて、出るを制す」ことが重要となります。

 


時流・直近キーワード(ユナイテッドオフィスNews)


 

9590543db08bd1502f1281557897e0b9

低賃金・低価格、階層化社会、シェアハウス、民泊、
外国人労働者91万人過去最高を更新

IOT(Internet of Things、IoT)モノのインターネット
人工知能、自動運転、IT金融との融合

マイナス金利、投資拡大、銀座地価3年で200%(2倍)、
2020年問題、配偶者控除見直し

 

 


法人登記のできるバーチャルオフィス3,150円から(ユナイテッド・オフィスNews)


ユナイテッド・オフィスの

バーチャルオフィスなら3,150円(月あたり・外税)で
都心の一等地に゛ビジネスに必要なオフィス機能がすべて揃う゛

打ち合わせやプレゼンのための会議室も常設しております。

CIMG7767
先の見えない、不安定な時代だからこそ

いまのうちからプライベートカンパニーを創りましょう!

株式・合同会社設立手続き、3,000円(外税)
ユナイテッド・オフィスなら各種法人設立、銀行口座開設もできます。


社会保障制度は崩壊。これからの生活基盤は自らで築く(ユナイテッド・オフィスnews)


 老人

社会保障制度は崩壊。これからの生活基盤は自らで築く。

少子高齢化・人口減少が加速する、確実に今よりひどい老後貧困化
◆年金
年金受給年齢も、現行の65歳以降から70歳、75歳以降へと繰り延べされ
現行受給者の半数が60歳以上ですが、1人世帯で10万円弱、夫婦2人世帯で20万円弱の支給額も、今後貧困者の激増が予想されますから、給付額は減らさざるを得ず、現行水準の半分程度にまで圧縮されるとの見通し。

◆医療費
15年の医療費(薬剤費含む)は40兆円でしたが、あと10年で50兆円超になり
現行の3割負担では到底賄えず、5~6割負担

◆介護保険制度
報酬総額も15年の10兆円(税金投入2.8兆円)が10年後には25兆円と増加。

夫婦2人で月19万円の年金、半分以下に削減か…受給開始年齢も75歳へ引き上げもhttp://biz-journal.jp/2016/08/post_16303.html

「『縮小ニッポン国』のサバイバル突破思考!」より

貧困
今からでも遅くはない、起業はしないまでも副業をはじめましょう。

IT通信ネット環境・アマゾンなどの物流機能が進歩している今日、個人でもやる気があればいくらでもビジネス、セカンドビジネスができる環境となっている。

たとえば、一人の自分をバーチャル経済圏(Web上)につくり、
通販などで稼ぐものひとつかもしれません。
リアルな自分は会社で稼ぎ、
もう一人の自分もバーチャル経済圏(Web上)Web上で稼いで、毎月口座にお金を振り込んでくれる。。。。ダブルインカムこんな話も夢物語ではない。


ある日突然。。。動揺しないためにも準備はユナイテッドオフィスで


人生のなかにおいて、ある日突然。。。ということに遭遇する。今後はそのことも珍しくなくなる。

20160555

・グローバルスタンダートの波は確実に日本社会に浸透している
・フラット化する世界による移行する世界の賃金。
・グローバル単位での格差が着実に形成されつつある。

ある日突然。。自分の勤務する会社が外資に買収された。。
 雇用体系が変わり突然の解雇となり職を失うということもありえなくもない。

世界のフラット化・グローバル化により

自分が今までしてきた業務を
海外(インド・中国など)に発注したほうがコストが安く、
しかも品質も変わらないとなると経営側としてはそちらへ移行するだろう。。
特に経営側が外資となれば即決

いまや、確実のものなど何もない。
終身雇用制度、年功序列、退職金制度、年金制度、行政機関などさまざまな分野で崩壊、
腐敗が顕在化している
そして今後日本将来を背負って立つべきの若者の
ニート(64万人)、フリーター(200万人)、ネット難民増加。。

将来の日本社会は悪化する要因は挙げてもきりがないが、
良くなる要因を見つけるのは難しい。

ある日突然。。。というときに動揺しないためにも

第三の保険として、
今のうちから自分のビジネス、セカンドビジネス(副業)の準備はじめてはいかがでしょうか。

いまの社会は突然に何が起きても不思議ではない。
そのときは、ある日突然やってくる。。。。。。。

ある日突然。。。動揺しないためにも準備はユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

会社設立サービスオフィス、バーチャルオフィス、貸会議室・コールセンターの

UNITED-Office


格差の拡大、固定化そして階級社会へ


格差の拡大、固定化そして階級社会へ
d0072149_2247869.jpg
1億総中流意識を持っていた日本が一気に二極化社会Polarized Society(格差社会)へ向かっている。

富める者は益々富み、貧しいものはさらに貧しくその格差が日々拡大している
そのことは子供の将来の格差にも繋がっていく貧困家庭のこどもは再び貧困になる、

いま国内でフリーター187万人(13年時点)、生活保護世帯が216万世帯(15年時点)

また、企業のサラリーマン(正社員)であっても、景気回復で8割以上の大企業が経常利益が増加している
のにもかかわらず、賃金は微減している(共同通信の02年から13年間の調査)
そこでは働く社員にはまったく還元されていない。

さらに、このままの低成長と円安が続ければ、国内総生産(GDP、ドルベース)は2020年には、
米国の半分の54%まで落ち込むとの調査結果が日経研究センターにより試算された。

 現在、主要先進国のなかで、日本の貧困率は米国づく第2位であるが将来日本はこれを超える。
d0072149_22465476.jpg

今の日本は少子高齢化、年金制度崩壊、三角合併解禁、原油高、サブプライム問題、住宅着工減少など、いい要因は見当たらない。

 

 

 

外資の日本市場からの引き上げがそのことを評価してる。

今や、国も企業も、そこで(国・企業)働く人の幸せなど
考えてはいない。

このような激変の時代にあっては、国や企業はあてにはなりません
自分のビジネスは今のうちから育てて生涯生活、経済基盤は自らで築く。

サービスオフィス、バーチャルオフィス、貸会議室・コールセンターのUNITED-Office


ますますフラット化する世界


フラット化が著しい

フラット化

トーマス・フリードマン『The World is Flat』

システムエンジニアやアニメター

(日本のアニメの実に90%は中国などの海外に外注)

だけではなくホワイトカラーの職にも国際化が加速している。

発注者は明らかに

人件費など国際比較し、適正発注先を決める。
もはや、

外国人(先進国以外の低賃金エリア諸国)と同じ付加価値の仕事しかできない日本人であれば賃金水準もグローバルスタンダードに合わせて引き下げるをえない。

ますます、進むグローバル化、フラット化へ移行する世界の賃金。

グローバル単位での格差が形成されつつあるような兆しかあるように思える

サービスオフィス、バーチャルオフィス、貸会議室・コールセンターの

UNITED-Office


1 / 212