タグ別アーカイブ: ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィスのユナイテッドオフィス

ネットの世界では「圧倒的な数の力」


ヤフーとLINEが経営統合。

ネットの世界では「圧倒的な数の力」だけが全てか?

日本の経済界では今、「ヤフーとLINEの経営統合」で話題が持ち切りといった感じです。

LINE側の思惑はさておき、ヤフーを傘下に収めるソフトバンク側の思惑については、QR決済などで覇権を握るのが狙いだとか、ただ単に懐具合が怪しくなったからだとか、いろいろと言われているようですね。

LINEの国内ユーザーは8,000万人、ヤフーの国内ユーザーは5,000万人。

日本の人口は100歳超の高齢者から今日生まれた赤ちゃんまで全部足し算したとしても1億2,000万人ですから、このユーザー数という数字、実態は如何なものかとは思いますが、両者は既に「国民的な情報インフラ」になっていることだけは間違いなさそうです。

収穫逓増に大きなドライブがかかる情報通信の世界では、「圧倒的な数の力」を持つ者が全てを支配する。。。

まあ、両者とも、GAFAに対抗しなければならない立ち位置ですから、今回の経営統合は、ある意味、自然の成り行きとも言えるでしょう。しかしです。

「圧倒的な数の力」が、ネットの世界は、必ずしも「絶対的な力」になるとは限りません。

例えば、SNS上で情報を拡散するインフルエンサーと呼ばれる人たち。

以前であれば、ツイッターにしろインスタグラムにしろ、インフルエンサーの「価値」を決める基準は、イコール「フォロワー」や「いいね」の「圧倒的な数」でした。

ただ昨今、より影響力のあるインフルエンサーは、それなりのフォロワー数を抱えてはいるものの、芸能人・有名人でもない限り、必ずしも「圧倒的な数」というワケではありません。

むしろ、広告主サイドからすれば、フォロワーやいいねの数それほど多くなくても、特定少数の層に深く濃くリーチできるインフルエンサーの方が高評価だったりもします。

フォロワーやいいねの数より「エンゲージメント率」に注目が集まっているのはそのためでしょう。

広く浅く認知される情報より、希少性の高い「知る人ぞ知る情報」の方がより「高値」で取引されるのと一緒かもしれません。

もちろん、戦略的に「特定少数の層に深く濃く」と言うのならば、あえてターゲットを絞るワケですから、ある意味、自らマーケットを狭めてしまうリスクもあるでしょう。

しかしそれでも、ネット上には「被らず」「戦わず」獲得できるスモールマーケットがまだまだ眠っているはず。

最初からヤフーやLINEのような「国民的な情報インフラ」を目指すのであれば話は別ですが(笑)、起業するのであれば、「数」を追う以前に、まずは目の前に居る少数のターゲットに対し、深く濃くリーチしてみるのは如何でしょうか?

ここでPRですが、

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、表参道、代官山、虎ノ門、中央区銀座、新宿、東京日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、サテライトオフィスに

また、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。


 

 

 

 

 

各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社などなど法人登記、メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。


バーチャルオフィスでニッポンを根本から変える?


バーチャルオフィスでニッポンを根本から変える?

MaaS。これは、「小さな巨人」登場のチャンスかも。

昨今、この国では、MaaS(Mobility as a Service、マース)という、なんとも聞き慣れないコトバが妙に一人歩きしています。

このMaaS、定義を厳密に説明しようとなると、かなりややこしいことになるのですが、平たく言えば、IOTを活用し、あらゆる移動手段を統合するといったところでしょうか?

交通業界と言えば、鉄道にしろバスにしろ、飛行機にしろフェリーにしろ、大掛かりなサービス生産手段を必要とし、なおかつ公益性が高いことから、厳格な法規制のもと、ある種独占的な営業を許容されてきました。

ゆえに、それぞれの移動手段を有する企業はバラバラで、互いに連携することがあまりないため、利用者は極めて煩雑で面倒な思いを強いられてきたとも言えます。

しかし、IOTの進化は、こうしたある種伝統的な規制産業の枠を溶解させはじめました。

分かりやすい例で言えば、サイト上で「乗り換え案内」などを提供しているネット系の企業や、複数の移動手段に対応している

ネット決済代行会社などでしょうか。

今のところ、MaaSの「実施主体者」は自動車メーカーだったり、大手私鉄や大手バス会社だったりしますが、中には、大掛かりなサービス生産手段を保有しない情報通信系のベンチャー企業なども混じっています。

また、昨今では、少子高齢化でドライバー不足が深刻化する中、低速のバスなどを活用した自動運転や、宅配ロボットの実証実験なども活発化してきました。

さらに、観光に特化したMaaSでは、移動手段だけでなく、宿泊施設や飲食施設、各種アクティビティーなどと連動し、シームレスなサービス提供を目指しています。

この先、どういった企業がMaaSのイニシアチブを取るのかは未知数ながらも、場合によっては、巨大メーカーや大手私鉄をも従える「小さな企業」が登場しないとも限りません。

バーチャルオフィスで起業した「小さな企業」が、

日本地図を大きく変える。。。

問題・課題が山積みな分、ちょっと前だったら「ありえないようなチャンス」が眠っているかも知れませんね。

MaaSでアイディアをお持ちの方は、

まさに今、起業の季節なのではないでしょうか。

東京一等地で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京都心

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、

日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

一等地で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

実績のあるユナイテッドオフィス

 


シェアオフィス市場


 

ソフトバンクが100億ドルを出資した

コワーキングオフィス

 

「ウィーワーク」が失速する必然性。

 

 アメリカの大手コワーキングオフィスチェーン「ウィーワーク」がなんだか、大変なことになっていますね。

 

ウィーワークと言えば、ソフトバンクが100億ドルを出資、東京の著名なビルに次々とコワーキングオフィスをオープンしていたので、近年、日本でも大いに話題になっていました。

 コワーキングオフィスと言えば、テレワークの普及やノマドワーカーの増加、或いは「働き方改革」といった波にも乗り、成長著しい(とされている)業態です。

 

 当然、鳴り物入り?で日本に上陸したウィーワークも、予定どおりアメリカ本国で上場できるものと思われていたことでしょう。

 

 しかし、巨額の赤字が膨らみ、投資家からは高コスト体質などを批判され、9月に予定されていた上場は延期。CEOも退いています。

 

 もちろん、ウィーワークはいわゆる「ユニコーン企業」ですから、投資家にとって創業時の巨額な赤字はいわば先行投資。

 

しかしこのままでは、上場はおろか、回収すら危うい状況です。

 

 ではなぜ、こんな事態に陥ってしまったのでしょうか?

 

 その理由は2つ考えられます。

 

 1つめは、本来提供すべきサービスの「本質」がズレていたという点。

 

確かに、著名なビルに広いフロアを確保したオフィスは魅力的でしょう。

 

しかし、ハコモノにもマンパワーにもコストをかけすぎ、「ローコストでの起業」という、多くの人が望む姿からは乖離してしまいました。

 

コワーキングスペースでは、ワーカーどうしの交流が生まれ、それが新たなビジネスを生む、なんて言っても、現実はそんなに甘くはありませんよ(笑)。

 

 2つめは、ウィーワークに限ったことではありませんが、多くのユニコーン企業同様、そのビジョンが甚だしい「大風呂敷」だったという点。

 

実際のところ、コワーキングオフィスという業態は、革新的な技術があるワケではなく、基本的には不動産業の延長でしかありません。

 

既に多くの人が指摘しているとおり、ウィーワークのビジネスモデルは、事業そのものを拡大させ、収益を上げていくためのビジョンというよりは、大風呂敷を広げ、投資家から資金を引っ張り出すためだけのビジョンに成り下がっている印象は拭えないでしょう。

誤解の無いように言っておきますが、コワーキングオフィスそのものがズレているだとか、大風呂敷だとか言っているのではありません。

 

本来提供すべきサービスの「本質」を間違えなければ、まだまだ開拓の余地が大きい業態だとは思います。

 

その点、ユナイテッドオフィスは、いわゆるコワーキングオフィスではありませんが、これまでに約3,000社以上の会員様にご利用頂いております。

なおユナイテッドオフィスは、お蔭様で、投資家から資金を引っ張り出さなくても十分に安定的な経営を続けていますのでご安心下さい。


 

 

京都心で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、東京駅などの都心の一等地に拠点や法人登記を設置することができ、ノマドワークやテレワーク

また、複業や不動産管理会社のど会社設立など

幅広くご利用されております。、ユナイテッドオフィスの各拠点バーチャルオフィスの都心一等地の住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、各種社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトメール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。都心一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィス

 

 

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 


バーチャルオフィス貸会議室


「1人企業」でも立派なメーカーになれる時代。自身よりも「遥かに大きな相手」と対峙するには、アウェイではなく、ホームに会議室が必要です。

ひとむかし前、「工業製品」と言えば、大なり小なり、工場を有する「それ相応の規模の企業」にしか生産できない商品でした。

もちろん、工業製品である以上、それを生産するためには、現在でもそれ相応の「生産ライン」は必要です。

しかし近年では、「工場を持たないメーカー」は珍しくありません。その代表的な例は化粧品ですが、こちらの業界では、かなり以前から、発想力と企画力、そしてプレゼンテーション力さえあれば、委託生産という手法により、「たった1人の会社」であってもメーカーというポジションを得ることが可能でした。さらに昨今では、3Dプリンターなどの普及により、家電製品など、かなり大仕掛けな生産ラインを必要とする工業製品についても、「起業」のハードルは随分と下がっています。

また、資金調達の面でも、クラウドファンディングが普及したことにより、多くの人々を共感させる「プレゼンテーション力」さえあれば、道が開けるようになりました。

実際、東京ビックサイトなどで開催される展示会でも、名だたる大手メーカーに混じり、ほぼ「個人事業規模のメーカー」があっと驚くような商品を披露していたりしますよね。

ただ、委託生産にしろ、既存メーカーとのコラボレーションにしろ、自身よりも遥かに「大きな相手」に対し、臆することなく自身をプレゼンテーションする「舞台」は必要です。

出来上がった「商品」を披露するのであれば、前述の展示会は有効な舞台かも知れません。問題は、そこに至るまでの舞台です。

まあ、相手は、自身よりも遥かに「大きな相手」ですから、相手先に乗り込み、相手先の会議室でプレゼンテーションするというのが一般的でしょう。

しかしです。

自身よりも遥かに「大きな相手」に対し、主導権を握りたいのであれば、時には相手を自身の「土俵」に引っ張り込む必要も生じるはずです。

本来ならば、可能な限り、アウェイではなく、ホームで戦うべきですよね。

しかし、「個人事業規模のメーカー」だからと言って、その「土俵」は、自宅の一室だとか、喫茶店だとかいうワケには行きません。

やはり、ココ一番!というプレゼンテーションの際は、それなりの「専用会議室」は必要です。

実は、当ユナイテッドオフィスの会員企業様の中には、普段は自宅と取引先企業を往復している人でも、ココ一番!の際は、会議室を利用されている方が結構おられます。

さて、当ユナイテッドオフィスでは、こうしたココ一番!を応援すべく、南青山オフィスで既存の会議室2室に加え、新たに当社社有物件の会議室1室を増室しました。

会員企業様におかれては、当ユナイテッドオフィスがご提供するココ一番!の舞台から、大きな商談が次々とまとまっていくことを願ってやみません。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京一等地のバーチャルオフィス、渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

都心一等地のバーチャルオフィスは

実績15年のユナイテッドオフス

 


SNS起業での注意


SNS起業での注意

 SNSに大量に出回っている「札束の写真」。この「信ずる者は救われない」単純なカラクリに気がつかない人は、絶対に起業しないで下さい。

今年の年明けだったでしょうか。

なにかとマスコミを賑わしている某大手アパレル通販会社の有名社長が、SNS上で現金100万円を抽選でプレゼントします、という企画を実施し、大いに話題になりました。

まあ、こちらの社長さんの場合、羽振りがよいことで知られていますし、奇抜な話題を振りまくことが得意な方ですから、この方のこの企画自体には、誰も疑いを持たないでしょう。

しかしです。

SNS上では現在、多くの正体不明?の情報発信者が、同じような企画を拡散させていますよね。

「札束の写真」を大きく掲げ、リツイート&いいねをした人には抽選で○○名に100万円をプレゼントします、という、アレです。

もちろん、まともなビジネスを考えている人なら、こうしたわざとらしい「撮影用の札束」は簡単に用意できることくらい、すぐに気がつくはずですが、大真面目にリツイート&いいねをしている人が、なんと多いことか!

これで、大量のフォロワーが短期間で集まりますね。

そもそも、抽選で○○名に、などと言っていますが、本当に「当選」がいるのかどうかは、発送者にしか分かりません。

発送者は、本当は当選者がゼロであっても、当選者にはDMを送りました!なんて一言つぶやけばよいだけです。

確かに、リツイート&いいねをしただけでは、1円も損することはありませんが、大量に集められたフォロワーのもとには、簡単に儲かります系のDMや、その類の有料記事のURLが、わんさかと届くことでしょう。

さらに、そこで有料販売されている商品は、新たなカモをつかまえるための「札束の写真」だったりするはずです(笑)。

もっとも、カモがカモをつかまえようとしているワケですから、ビジネスになるワケがありません。

はっきり言って、こんな単純なカラクリを即座に見破れないような人は、絶対に起業しない方がよいでしょう。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

で真剣に副業・起業を考えている方に、「そんな哀れなカモ」はいないとは思いますが。。。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京の一等地渋谷区渋谷、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトのメール便や宅配便・書留などの受け取りをご自宅や海外へ転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

東京一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィス

 


働き方改革


政府の「働き方改革」の根底にあるもの

問題キーワード

人生100年時代、年金制度崩壊(2000万円足りない)

終身雇用実質崩壊、AI、GAFA親の介護、少子高齢化、副業解禁、

一億総活躍社会

サラリーマンの約半分の仕事は消滅

解決キーワード

自助主義、セカンドキャリアの準備、依存から自立、独立自尊

2019年度の厚生労働省の定義では下記の通り

「働き方改革」は政府の重要政策のひとつに位置づけられている、

「多様な働き方」を「自分で選択可能」にする社会を目指しています。

日本の人口は2008年をピークに減少に転じています。人口が減れば、労働力不足となります。この労働力不足を解消させる為、働き手を増やし、出生率を上昇させ、労働生産性を向上させる必要があります。これを実施させようとする政策が「働き方改革」です

しかしながら一億総活躍社会の理想とは真逆に

空前の人手不足といわれるなか、50代以上のバブル世代に

「リストラの嵐」が吹き荒れている。

東芝はグループで7000人削減、

富士通はグループで5000人を配置転換、

NECは3000人削減、

三菱UFJフィナンシャルグループは9500人、

三井住友フィナンシャルグループは4000人、

みずほフィナンシャルグループは1万9000人

(日経ビジネス2019より)

また、昨今正規社員に「副業」を認める企業が増えてきた。

日本企業の間で「副業解禁」の動きが広がってきた。

新生銀行が大手銀行としては初めて「兼業」と「副業」を

4月から解禁

すでにソフトバンクが昨年11月に解禁、コニカミノルタも昨年12月に副業を認めた。このほか大企業では日産自動車や花王、リクルートなどが副業OKの会社として知られるが、ここへ来て一気に「副業」を認める会社が目立ってきた。(日経ビジネス2018年4月)

今年2019年メガバンク初である

みずほフィナンシャルグループ(FG)社員の副業を含む兼業を

今年度から解禁

2019年3月期に新システム移行関連の減損処理などで7000億円弱の損失を計上したみずほFGの坂井辰史社長は、日経ビジネスのインタビューに対して、新しい人事制度を導入し、今年度中に社員の副業・兼業を認める方針を示した(日経ビジネス2019年6月)

「AIの自動化の波」の台頭により、

事務処理の多い金融機関などは、低金利も拍車にかけ

新システムへのシフト⇒リストラ(人員削減)の勢いが増す。

AIやGAFAの影響により、このような状況は

今後加速する。予測した速度より早い。

人工知能(AI)技術が社会に普及すると、

日本の国内総生産(GDP)が令和10年に50兆円増える一方で、 雇用者数は240万人減るとの試算を三菱総合研究所がまとめた。

人に代わって機械が工場での作業や一般事務をこなすようになるのが原因。

すでに3大メガバンクもこのような社会の趨勢を見据えて、 みずほフィナンシャルグループ(FG)が今後10年で1万9000人分の業務量削減を 検討していることが報道されると、三菱東京UFJ銀行が約9500人、 三井住友FGは約4000人相当の業務量を減らす方針であることが相次いで報じられた。 https://www.news-postseven.com/archives/20171106_626976.html

地方銀行は消滅する http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51609

近く今のサラリーマンの約半分の仕事は消滅するだろう。

政府の「働き方改革」の根底にあるもの

結論から

「政府」や「企業」は、もはや国民を生活(雇用)・年金は守れないので

(現実、そのようになっている。政府はそのことは口が裂けても言えないが、先日、このままではまずいと義憤に駆られた財務官僚が漏らしてしまった。2000万円問題)

企業に圧力(残業禁止・時短、副業解禁)をかけるので

いまから、その準備をはじめよ、という意図がある。

残業がなく時間を持て余しているサラリーマンも多いと聞きますが、それでは、これからの新時代それでは生きていくことは厳しいかもしれません。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスならば、

予め低コストで「会社」を

設立しておくもことも可能です。

人生100年時代、サラリーマンの「寿命」がより短命になる中、まずは「副業」や「複業」から挑戦してみては如何でしょうか。

東京都心で展開するユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

バーチャルオフィス東京渋谷区、港区南青山、、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

いまからでも遅くはありません

セカンドキャリアを考えるなら

東京一等地のバーチャルオフィス、

ユナイテッドオフィスで

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東

キーワード

ユナイテッドオフィス、バーチバーチャルオフィス貸会議室,バーチャルオフィス会社設立登記,ユナイテッドオフィス,バーチャルオフィス東京,バーチャルオフィス新宿,バーチャルオフィス池袋,バーチャルオフィス港区,バーチャルオフィス千代田区.バーチャルオフィス中央区ャルオフィス

 


節税に不動産収益会社設立登記


節税に不動産収益会社設立登記

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

節税に不動産収益会社を設立しょう。

収益不動産会社のために会社設立登記すると、

事務所を借りて、スタッフを雇用したりと、大げさなイメージを

想像されるかもしれません。

しかしながら、実際の業務は不動産管理会社に委任するので

会社設立のための所在地だけでいいのです。

ユナイテッドオフィスなら月額3,150円(外税)から

会社設立登記可能な東京一等地にあるバーチャルオフィスを

ご提供しています。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

東京一等地バーチャルオフィスで中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道

虎ノ門、渋谷区渋谷の各拠点に貸会議室があるます。

ユナイテッドオフィスの銀座オフィス会員でも他のオフィスの

1時間1,000円で貸会議室を利用することができるので、さらに便利です。

東京都港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や

渋谷などにおいて法人登記を行うことができる

バーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

地方や海外に、そして自宅に居ても

居ても東京の都心一等地にオフィス機能をそろえることができ、

事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、

ユナイテッドオフィスの会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。

たとえば

株式会社、株式会社設立なら、

ご自分で登記申請されるより、

ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用

することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150(外税)から利用することができるので、

不動産保有会社設立登記の住所として利用するとかなり

コストを抑えることが可能です。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

バーチャルオフィスなら東京一等地にある

実績15年のユナイテッドオフィス

https://united-office.com/

自分株式会社で貯蓄


自分株式会社で貯蓄

法人化のメリット

法人税率のほうが個人に比べ所得税の税率が低い。

所得税分散ができる。

家族を役員や社員にして給与を分散して節税し世帯所得を増やす。

給与所得控除を活用できる。

損失を9年繰り越せる。

生命保険料を全額経費にできる。

車を経費で乗れる。交際費が使える。

退職金を確保できる。

ユナイテッドオフィスの

東京一等地のあるバーチャルオフィスで

会社設立登記しょう!

法人化すれば、経費は貯蓄へと変わる

個人の場合、事業をやめてリタイアしようと考えても、退職金というも

のがありません。

家族を専従者として退職金を支給したとしても、経費とは認められません。

これが、会社を設立して法人とすると、退職金も不当に高額でなければ

経費として認められます。

また、連鎖倒産を防ぐために資金供給を受けられる点も、個人とは違います。

バーチャルオフィス東京会社設立登記

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで会社設立

節税メリットが大きくお勧めいたします。

給与を家族に支払って所得分散でき、自身も法人から

給料をもらうことで給与所得控除ができます。

同じ収益でも個人と法人とでは税引き後のキャッフローが大きく違います。

個人での不動産収益税制は強化され、平成15年までは個人の給与所得と

損益通算が可能できましたが現在はできません。

一方で法人税制は緩和が進んでいます。

その利用は少子高齢が進む日本で

中長期に税制を確保するために海外からの

投資を誘導して国内の経済を活性化する目的があるからです。

法人への課税緩和への傾向でキャッシュフローを最大化す

るために、不動産保有法人を設立することを

お勧めいたします。

会社設立登記ナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで、

会社設立登記するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150円(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

東京都心一等地の住所で法人登記のできる

バーチャルオフィスは、ユナイテッドオフィス。

東京一等地、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、西新宿など都心の一等地で法人登記ができる

 

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

バーチャルオフィスはユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます

 


#バーチャルオフィス東京で会社登記する


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス東京で会社設立登記

法人化の2台メリット「所得分散」「給与所得控除」

個人では所得が増えると、累進課税により、実効税率が上がって

負担税率が増加いたします。

その所得を分散することで、1人あたりの実効税率を低くすることも

法人化の大きなメリット。

自分の配偶者や家族を役員もしくは社員として給料を支払い

所得分散することも法人であれば可能となります。

所得の圧縮効果が大きいのが「給与所得控除」

個人では、収益不動産所得がそのまま課税所得になりますが

法人化による役員報酬、給与支払いというかたちで自動的に

「給与所得控除」が受けられます。

会社設立登記ナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

東京都心一等地の住所で法人登記のできる

バーチャルオフィスは、ユナイテッドオフィス。

東京一等地、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、西新宿など都心の一等地で法人登記ができる

バーチャルオフィスはユナイテッドオフィスです。ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

バーチャルオフィス東京

 


バーチャルオフィスで「ヒュッゲ(huygge)」な人生を。


バーチャルオフィスで「ヒュッゲ(huygge)」な人生を。

日本では2016年あたりからでしょうか。

北欧・デンマーク発祥の「ヒュッゲ(huygge)」というコトバが、なんだかちょっと高貴で洒落た行為の代名詞のように語られるようになりました。

このの「ヒュッゲ(huygge)」、何を意味しているコトバなのかと言うと、非常に分かり難い概念なのですが、分かりやすい例で言えば、「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らうこと」といったところでしょうか。

日常の中で「些細な幸せ」を堪能する行為、もしくはその知恵と言ってもよいかも知れません。

ただ、この「ヒュッゲ」というコトバも、話題になるにつれ、かつての「ロハス」や「エシカル」がそうであったように、そのコトバが本来意味していた崇高な理念?のようなものからかけ離れ、インテリアだとか器だとか、カタチから入る「消費経済」に飲み込まれてしまっている感じがします。

しかし、日常の中で「些細な幸せ」を堪能するという点では、バーチャルオフィスに通じるものを感じたりもしました。

バーチャルオフィスが本質的・最終的に提供しているサービスは、アドレスや物理的空間、情報通信機能ではなく「自由」です。

それは既存組織の束縛からの自由かもしれませんし、時間的・経済的な自由、やりがいや自己肯定間を得る自由かも知れません。

「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らう」自由を求めて起業する人だって、少なくないかも知れませんね。

「ヒュッゲ(huygge)」な人生を送るために、低コストなバーチャルオフィスで起業する、なんてのもアリでしょう。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京都心一等地にあるバーチャルオフィスなら

ユナイテッドオフィス


「専業サラリーマン」ほど、リスクの高い商売は無い?


「専業サラリーマン」ほど、リスクの高い商売は無い?

 

近年、この國ではサラリーマンの副業が何かと話題になっています。

しかし、「リスク」を恐れて、実際には副業に踏み出せない、圧倒的に多い

のではないでしょうか。

しかし、副業を全く行っていない「専業サラリーマン」を、ひとつの

ビジネスと置き換えてみて下さい。

あなたのクライアント(=お客)は、あなたが所属する会社1社のみです。

当然、その1社が消滅したら、全てのクライアント(=お客)を一度に全て失う

ことになります。

あなた1人がどれだけ優秀な社員であったとしても、傾く会社を

あなた1人で支えることは不可能に近いはず。

逆に、独立起業した場合はどうでしょうか?

もちろん、ビジネスを軌道に乗せることは決して容易なことではありません。

「誰でも簡単に儲かる」という話があったとすれば、ほぼ詐欺だと思ってよいでしょう。

しかし、1社専属の下請け会社でない限り、

クライアント(=お客)は複数持つことになるはずです。

通販などの業種であれば、数百、数千、場合によっては数万というクライアント(=お客)を持つことになるでしょう。

たとえそのビジネスが下降線をたどったとしても、これらの

クライアント(=お客)が1度にゼロになるとは考え難いですよね。

全てのクライアント(お客)を失う前に、自らの相違と工夫で立ち直る

可能性だってあります。

となると、クライアント(=お客)が1社のみという「専業サラリーマン」ほど、

リスクの高い商売は無いのではないでしょうか?

増して昨今では、以前よりも少ない資金でビジネス・会社を立ち上げることが可能

となりました。

万が一、立ち上げたビジネスがうまく回らなくても、傷が浅いうちに仕切り

なおせばよいのです。

実際、ユナイテッドオフィスでは、「再チャレンジ」

「再々チャレンジ」で成功された

会員様も少なくありません。

ハイリスクな「専業サラリーマン」にしがみつくよりも、まずは副業でビジネス・

会社を立ち上げてみては如何でしょうか?

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

バーチャルオフィスを選ぶなら、実績のある

ユナイテッドオフィスへ


バーチャルオフィスを活用しよう


バーチャルオフィスを

活用しよう!!

新規事業は実際にやってみないとわからない。

かつて、新しい事業をスタートさせるためには

オフィスを賃貸借したり、電話や複合機を設置する必要があった。

当然ながらそこには固定コストが毎月発生する。

売り上げがある、なし、にはかかわらず、毎月の出費は当然のごとく

負担となってくる。

だが、近年はIT通信やクラウドなどの進化もあり

また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなど

都心にオフィス機能の

すべてが揃った、新しい時代のオフィス

を活用するのもいいかもしれません。

 

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィは

港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、

渋谷区渋谷での住所利用も可能で、

各オフィスの拠点には、貸会議室があり、1時間当たり1,000円と格安で、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷での住所利用も可能で、各オフィスの拠点には、貸会議室があり、

1時間当たり1,000円

とリーズナブルで、使いたいときに使いたいだけの料金を払えばよく大変便利。 郵便物の週1回の転送がついて、月額3,500円〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているのはたしかにリーズナブル。

たいときに使いたいだけの料金を払えばよく

毎月の負担もかからない。

 郵便物の週1回の転送がついて、月額3,500円〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているこれなら、新規事業に毎月発生する固定費の心配はいらない。

いろんな意味で余裕が生まれ、事業が軌道に乗るまで、焦らずじっくりとりかかれる

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

を一度検討してみるのもいいかもしれません。

 


ユナイテッドオフィスなら実績14年とバーチャルオフィスでも信頼度が高い。


ユナイテッドオフィスなら実績14年と

バーチャルオフィスでも信頼度が高い。

https://united-office.com/

東京都心の貸会議室は

ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス、貸会議室は

東京都心駅近にある

ユナイテッドオフィススがおすすめ

東京都心貸会議室

港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷での住所利用も可能で、各オフィスの拠点には、貸会議室があり、

ユナイテッドオフィスの会員なら1時間当たり1,000

という格安で、使いたいときに使いたいだけの料金で利用できます。

転送がついて、月額3,500円〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているのはたしかにお得だ。

また、専用電話番号付きのプラン月額7,800

電話秘書代行サービスも

月あたり20コール無料で月額13,800円と他社と比較してもかなり安い。

さらに驚いたのは、ユナイテッドオフィスならバーチャルオフィスでも法人での銀行口座開設ができる。

また、入会審査は厳格なので、過去に「振り込こめ詐欺」の

利用されたなど事故がない。

客観的に比べても

ユナイテッドオフィスなら実績14年とバーチャルオフィスでも信頼度が高い。

(比較ナビ・取材、和泉)


コワーキングスペース


コワーキングが今はやっている。

コワーキングスペースは仕事をする

場所を制限しません。

今後は「働き方改革」により、フリーランスだけでなく、アフター起業、

週末起業、副業、仕事の続きのための場所、キャリアアップのための資格取得の勉強などさまざま。

しかしながら、東京都心の人口は増加する一方で、

事務所賃料も決して安くはありません。

固定のコストはできるだけ安くしたい、

とくにこれからフリーランスや起業を目指す方にとっては、

重要な課題となります。

このようなお悩みはユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解決いたします。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら費用も月額3,000円からとリーズナブルですし、バーチャルオフィスであっても会社設立登記もできて、法人での銀行口座の開設もできます。さらにクライアントなどと打ち合わせができる、貸会議室施設も充実しております。

オフィスを持たない新しいオフィスの形として、近年注目を集め需要も増えているのがユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスです。港区南青山、渋谷など東京都心となればオフィスをレンタルするだけでも毎月かなり高額な出費となってしまいますが、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスならばコストを大幅に削減することが可能となっています。必要なとき必要な時間だけ使用するので、無駄なコストを削減することができ、必要なときに必要なだけ、会議室スペースを利用することができるという利便性。

新しいオフィスのカタチは、

実績のあるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスへ

 


おススメのバーチャルオフィスは


おススメのバーチャルオフィスは

東京都心の一等地にビジネスに必要な

オフィス機能がすべて揃う

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、

働き方の自由度の高いフリーランス,SOHO

最近、増加しているテレワーク、不動産管理会社設立や企業の副業解禁からプライベート・カンパニーにも最適です。

 ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは各種法人、個人事業、サークルなど拠点としてまた、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとしてもご利用いただけます。

また、フリーランス、起業スタートアップだけではなく、地方や海外の事業シェアオフィスとして、テレワーク、その他、週末起業・副業、ネット・通販ビジネス、女性のストーカー対策にさまざまな用途のご利用ができます。
実績のあるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら、会社登記も可能ですし、金融機関から信頼のあるバーチャルオフィスですので銀行口座開設も可能です。

やはり、選ぶなら実績のあるバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィスがおススメです。

 


1 / 41234