タグ別アーカイブ: ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィスのユナイテッドオフィス

コワーキングスペース


コワーキングが今はやっている。

コワーキングスペースは仕事をする

場所を制限しません。

今後は「働き方改革」により、フリーランスだけでなく、アフター起業、

週末起業、副業、仕事の続きのための場所、キャリアアップのための資格取得の勉強などさまざま。

しかしながら、東京都心の人口は増加する一方で、

事務所賃料も決して安くはありません。

固定のコストはできるだけ安くしたい、

とくにこれからフリーランスや起業を目指す方にとっては、

重要な課題となります。

このようなお悩みはユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解決いたします。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら費用も月額3,000円からとリーズナブルですし、バーチャルオフィスであっても会社設立登記もできて、法人での銀行口座の開設もできます。さらにクライアントなどと打ち合わせができる、貸会議室施設も充実しております。

オフィスを持たない新しいオフィスの形として、近年注目を集め需要も増えているのがユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスです。港区南青山、渋谷など東京都心となればオフィスをレンタルするだけでも毎月かなり高額な出費となってしまいますが、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスならばコストを大幅に削減することが可能となっています。必要なとき必要な時間だけ使用するので、無駄なコストを削減することができ、必要なときに必要なだけ、会議室スペースを利用することができるという利便性。

新しいオフィスのカタチは、

実績のあるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスへ

 


おススメのバーチャルオフィスは


おススメのバーチャルオフィスは

東京都心の一等地にビジネスに必要な

オフィス機能がすべて揃う

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、

働き方の自由度の高いフリーランス,SOHO

最近、増加しているテレワーク、不動産管理会社設立や企業の副業解禁からプライベート・カンパニーにも最適です。

 ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは各種法人、個人事業、サークルなど拠点としてまた、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとしてもご利用いただけます。

また、フリーランス、起業スタートアップだけではなく、地方や海外の事業シェアオフィスとして、テレワーク、その他、週末起業・副業、ネット・通販ビジネス、女性のストーカー対策にさまざまな用途のご利用ができます。
実績のあるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら、会社登記も可能ですし、金融機関から信頼のあるバーチャルオフィスですので銀行口座開設も可能です。

やはり、選ぶなら実績のあるバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィスがおススメです。

 


グーグルに学ぶ、高収益を得るための手法


グーグルに学ぶ、高収益を得るための手法

高収益を得るための手法

売りたい製品が決まったら、つぎに必要なことは「テスティング」

購入するのは、お客様ですので自分がどれだけいいと思っても

実際には販売してみないとわかりません。

大量生産する前に、「テスティング」を繰り返して、試行錯誤して完成した

製品ほど、後で利益が高まります。

たとえば、グーグルはリンクの色一つだけでも、

綿密な「テスティング」を行っています。

グーグル検索の結果表示ページに貼り付けられている広告リンクは

青色ですが現在の色に決まったのは、この「テスティング」を繰り返した結果

に基づいております。

グーグル社は約50種類の明度や彩度の「青色」をテストして

最終的に選ばれた色によって、広告収入が年間240億円増えたとされる。

アマゾンは、ウェブサイトの大きさからはじまり、

チェックアウトのダイヤル

ボックスを画面の左右どちらに表示すべきか、最初のクイックで商品説明を

どこまで見せるかをすべてピクセル単位でテストしています。

事業はやってみないとわからないことばかり。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、限りなく無駄な出費を抑え

資金を能力価値(Web、広告、その他)に費やし、

「テスティング」をしてみるのもいいかもしれません。

やはりバーチャルオフィスは、

実績14年のユナイテッドオフィスがお勧めです


稼ぐ力はユナイテッドオフィスがおすすめ


稼ぐ力は

ユナイテッドオフィスがおすすめ

「稼ぐ力」

が問われる時代。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで自立できる下地を

2020年以降、AIなどの進化で、増々仕事がなくなり、稼ぐ人と稼げない人が二極化していく。いまや、必要とされるのは、会社に頼らずとも自立志向のある人である。今後生き残れる人材としては、財務会計、マーケティングと統計学、法務などのビジネススキルがあり、対外的な(海外も含めて語学力)など、コミニュニケーション能力の高い人といわれています。企業に属する、また独立起業するにも、このようなビジネススキルがないと

 

 

今後は生き残れるのは難しくなるだろう。

40代いや30代から早めの「セカンドキャリア」第二の人生を考えるのも決して早くはありません。

 

まずは、ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで会社を設立登記して、

中央区銀座、日本橋、港区虎ノ門、青山、渋谷、などの

東京都心一等地にオフィス拠点をもち、会社登記もでき

法人での銀行口座開設もできる、実績14年で、公認の免許登録業者ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら、安心してご利用

いただけます。

月額3,150円からご利用ができ、

バーチャルオフィスのプランや

特典も多く揃えているユナイテッドオフィスは

自信を持っておすすめいたします。

 

ITテクノロジー今後も進化の一途をたどるなか、世界中の何億人もの人たちがインターネットでつながり、バーチャル市場でのビジネスチャンスも拡大していく。

このような時代には、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで株式会社設立登記して、複業もいいかもしれません。


東京都心一等地、登記のできるバーチャルオフィス


東京都心一等地の

法人登記のできるバーチャルオフィスは、ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷などにおいて法人登記を行うことができるバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の

賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。たとえば

株式会社、株式会社設立なら、ご自分で登記申請されるより、

ご自身で登記申請するより約37,000もお得

また、

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス

 

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用

することができます。

また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを

月額3150(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなりコストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス各拠点オフィス、

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

例えば、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

テレワークやコワーキング・各セミナー、種教室などにオフィススペースや貸会議室を使用することができ、必要な時間だけ使うので無駄なコストを削減することができます。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは各地方や海外事業用サテライトオフィスとして利用することができ、海外や地方法人の東京拠点、起業や通販ビジネス、利用されている会員の方にはビジネスが成功し、事業を拡大されている方もいます。

東京都心一等地の

信頼されて実績14年のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィスだから安心です。

 

 


バーチャルオフィスは東京都心一等地で


バーチャルオフィスは東京都心一等地で

ITテクノロジー進化の影響もあり、いまやオフィスワークも場所や時間に縛られずに、

自由にワークが可能となりました。

また

オフィスを持たない新しいオフィスの形として、近年注目を集め需要も増えているのがバーチャルオフィスです。東京都心一等地銀座、虎ノ門、青山、渋谷、日本橋などのオフィスとなれば毎月の賃料もかなり高額な出費となってしまいますが、バーチャルオフィスならばコストを大幅に削減することが可能となっています。必要なとき必要な時間だけ使用するので、無駄なコストを削減することができ、必要なときに必要なだけ、会議室を利用することができるという利便性の高さと、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば、株式会社や合同会社などの各種法人で登記ができ、法人での銀行口座開設も可能となります。

 

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

京一等地、港区南青山、虎ノ門、渋谷区、中央区銀座、日本橋の各オフィスで会社設立の登記の住所として月額3150円(外税・12ヶ月前納割引)で、ご利用いただけます。


私はバーチャルオフィスで会社設立いたしました。


私はユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

会社設立登記

いたしました。

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

14年の実績の安心とスタッフの対応の良さ、そして

バーチャルオフィスであっても法人での銀行口座開設も

ユナイテッドオフィスならできました。

やはり、一度会社設立登記も住所利用してしまうと

そうそう変更するのは面倒なので慎重になりましたが

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用して

3年になりますが、正解でした。

ビジネスは実際にやってみないとわかりませんので

現在3社をの会社をユナイテッドオフィスのバーチャル

オフィスで立ち上げて、そのうち1社のコスメ通販サイトが

安定した収益を上げ始めています。

ネットで商品を展示して、注文を受けたときレンタル倉庫

から直接商品を注文者へ郵送していますので、自宅に在庫を

置かなくて済みます。

ほとんど自宅に居ながら受注から発注まで行っております。

取引先などとの打ち合わせは、利用しているバーチャルオフイス

所在地住所にあるユナイテッドオフィスの貸会議室を必要な時間だけ

利用するので、便利でしかも無駄なコストを削減できます。

固定したオフィスの賃料がとても無駄なように思えてきました。

これからの時代は、貸会議室が充実したユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスが便利です。

 

 

 

 

 

 


日本橋のバーチャルオフィス


日本橋

バーチャルオフィス、

オフィスを持たずにオフィスの窓口を持つという考え方があります。それが今大注目のバーチャルオフィスです。今は法律も変わり、お金をかけずに会社を設立できる時代になっていますが、オフィスを構えるのに従来のような費用がかかっては本末転倒です。だからと言って、自宅を登記してしまうのはリスキーな時代。そこで会社の登記や窓口機能を他に持ち、運営会社に管理を任せるスタイルが新しい形として提案されています。開業するのに固定オフィスを持とうとすると、イニシャルコストがあまりにも高額になります。今やITを利用してどこでも事業が行える時代なのに、固定のオフィスにこだわる必然はないでしょう。特に経営者自身、クライアント先や現場へ向かって業務を進めるスタイルなら、オフィスに求める機能は非常に限られます。経営者自身が歩く会社のようなものなのですから、住所に必要なのは郵便物や固定電話やFAXの受け口だけで良いはずです。ユナイテッドオフィスは、そんなフレキシブルなスタイルを求める新しい経営の形をサポートするために、14年前からサービスを提供している会社です。バーチャルオフィスは南青山を始め、虎ノ門や銀座、日本橋といった東京の一等地のほか、シンガポールや香港にも展開しています。会議室も必要な場合は必要なだけのコストで利用することができますし、月額3150円の中には電話の基本料金と20コールまでの電話秘書料も含まれています。価値を見出している契約会員はすでに2700社近くになりますので、多くの会社や個人事業主から篤い信頼があることは間違いありません。

公認の免許登録事業者ですし、会員にはきちんとした審査を行うため、バーチャルオフィス運営においては高い信用度があります。日本橋だけでなくオフィスはすべてビルインで、住所は法人登記にも銀行口座の開設や社会保険の申請にも使えます。すべてのプラン料金に郵便転送サービスが含まれますので、名刺にはしっかり日本橋の住所を明記することができます。これからはシェアの時代、固定を持たない自由度を、是非ユナイテッドオフィスで手に入れてください。


バーチャルオフィス銀座で会社設立登記


バーチャルオフィス銀座で会社設立登記

 

 

ユナイテッドオフィスでは、東京都内のいろいろな場所でバーチャルオフィスを取り扱っており、ビジネスに便利な銀座や青山、虎ノ門から渋谷まで様々な場所でサービスを展開しています。バーチャルオフィスといっても、会社の所在地として法人登記をすることもできるので、会社設立当初のコストをかけることができない時期に、取引先から信用を得ることができる場所を会社所在地とすることが可能となります。銀座バーチャルオフィスでは、ユナイテッドオフィスから住所・電話番号のほか、FAX番号などを借り受けてもらうことができ、バーチャルオフィス宛に届いた郵便物も転送することができます。

また、バーチャルオフィスとはいっても、貸会議や打ち合わせを行うスペースを借りて、銀座などの一等地で取引先を商談を進めることもできるでしょう。

このサービスを利用する大きなメリットとしては、会社設立時の各種諸経費を大幅に安くすることができるという点が挙げられます。

通常は会社を設立する際には、オフィスを賃借することになり、銀座などの一等地ともなるとかなりの保証金が必要となってしまいます。場合によっては、月々の賃料の約6ヶ月から12ヶ月の保証金などが必要となるでしょう。さらに不動産仲介業者に対して、仲介手数料を支払うこととなりますが、オフィスビルの賃料の金額に対して報酬額が決定されるため、かなりの出費となってしまいます。その他、デスクや椅子、パソコンやインターネット回線なども用意しなければならないため、かなりの設備投資が必要となるでしょう。バーチャルオフィスの場合には、これらの諸経費が必要なくなり、月額数千円から利用することができるので、会社を設立する当初の時期にはかなり役立つものとなります。事業を始めた初期のころは、打ち合わせや会議なども頻繁に行われることはないので、必要な時にだけユナイテッドオフィスから会議室を借り入れることも効率的な利用といえます。



港区で月額3,150円バーチャルオフィス


東京都心の港区にバーチャルオフィスを持ちたい時には、まず費用のことを考えなければなりません。実際に港区にオフィスを持つ場合より、バーチャルオフィスにした方が費用は格段に安くなります。

ユナイテッドオフィスを使えば、港区にバーチャルオフィスを持つ費用を抑えられるようになるでしょう。ユナイテッドオフィスだったら、リーズナブルなプランで、月額3,150円(外税) 会社登記のできるバーチャルオフィスをご提供。(ユナイテッドオフィス、メールボックスライトプランの12ヶ月前納の場合)

リーズナブルな価格であり、会社設立の費用をできる限り少なくしたい方にぴったりです。

月に3,150円(外税)だからと言って、サービスの質が劣っているわけではありません。住所の利用だけではなく、オフィスに届いた郵便の転送郵送サービス含まれてございます。(転送費実費は別と必要)

郵便物の取り扱いは起業時の重要なポイントです。

東京都心の一等地にオフィスを構えることは、その会社のイメージアップにつながります。

他にもユナイテッドオフィスのプランは、専用電話番号による電話とファックスの転送ができるテレボックスプラン月額7,020円(外税)

(ユナイテッドオフィス、メールボックスライトプランの12ヶ月前納の場合)

のプラン。この2つができるようになれば、営業に力を入れなければならない会社にとっては大きなメリットになります。

メールボックスライトプランから、このプランに切り替える方法もあります。プラン変更はスムーズにできます。このようにいろいろなプランが用意されているので、自分の会社に合ったものを選ぶことが可能です。


1 / 512345