タグ別アーカイブ: バーチャルオフィス銀行口座開設

仕事はどこでもバーチャルオフィス


リゾートワークにワーケーション。東京に「常駐」する必要が無くなれば無くなるほど、バーチャルオフィスが必要になる?

年、この国では、リゾートワークやワーケーションといった、リゾート地で一定期間滞在しながら業務を行うという「新たな働き方」が随分と注目を集めています。

 

当初は、東京のオフィスと地方のリゾート地などを情報通信網で繋ぐ「社会実験」が中心だったのですが、昨年あたりからは「本格稼動」の動きも活発化してきました。

また、これまでこうした動きを強く後押ししてきた地方自治体などに加え、近年は不動産業や情報通信業、人材派遣業などの民間企業もプラットフォームの構築に乗り出し始めています。

実際にこうしたプラットフォームを利用しているのは、今のところ、一定規模以上のIT企業などが中心で、社員への福利厚生的な観点や、リフレッシュ効果による生産性向上などの観点から、一定期間、リゾート地にスタッフを滞在させている例が多いようですね。

ただ、こうした「観点」は、起業したばかりの1人代表の1人企業にこそ必要なのではないでしょうか。

実際、当ユナイテッドオフィスの会員企業様の中にも、リゾート地に定住し、必要に応じて上京する、という例は少なくありませんでした。中には、日本中、場合によっては世界中を転々としている人もおられます。

つまり、リゾートワークだとか、ワーケーションだとか、自治体や企業が用意したプラットフォームなどが無くても、リゾートワークやワーケーションを自然に実践していた、ということなのでしょう。

そもそも、どこで仕事をするのかは、自分自身に業務命令を出せばよいワケですから。

さて、「働く場所」は日本中、場合によっては世界中どこでも構わないとしても、会社である以上、やはり本社所在地は必要です。

むしろ、日本中、場合によっては世界中、転々とすればするほど、逆に「揺ぎ無い本拠地」の必要性が増すと言ってもよいでしょう。

とは言え、わざわざ不在にすることの多い「本社」に多くのコストを裂くのは得策とはいえません。

となると、そこはやはりバーチャルオフィスの出番です。

リゾートワークやワーケーションという「新たな働き方」で起業したい、という人はぜひ東京一等地のバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスをご利用ください

東京一等地で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

 ※お店のスタッフがサポートに入る形をご希望の場合は別途料金

ユナイテッドオフィスなら、

東京一等地バーチャルオフィスで中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷区渋谷の各拠点に貸会議室があるます。

ユナイテッドオフィスの銀座オフィス会員でも他のオフィスの貸会議室を利用することができるので、さらに便利です。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、新宿区西新宿などにおいて法人登記を行うことができるバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

東京一等地のバーチャルオフィスなら

実績のあるユナイテッドオフィスへ


#バーチャルオフィス東京で会社登記する


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス東京で会社設立登記

法人化の2台メリット「所得分散」「給与所得控除」

個人では所得が増えると、累進課税により、実効税率が上がって

負担税率が増加いたします。

その所得を分散することで、1人あたりの実効税率を低くすることも

法人化の大きなメリット。

自分の配偶者や家族を役員もしくは社員として給料を支払い

所得分散することも法人であれば可能となります。

所得の圧縮効果が大きいのが「給与所得控除」

個人では、収益不動産所得がそのまま課税所得になりますが

法人化による役員報酬、給与支払いというかたちで自動的に

「給与所得控除」が受けられます。

会社設立登記ナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

東京都心一等地の住所で法人登記のできる

バーチャルオフィスは、ユナイテッドオフィス。

東京一等地、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、西新宿など都心の一等地で法人登記ができる

バーチャルオフィスはユナイテッドオフィスです。ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

バーチャルオフィス東京

 


東京都心で会社設立登記


会社設立登記にあたり必要となるもの

代表取締になられる方
① 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)
② ご実印
③ 身分証明書写し(運転免許など)

取締役になられる方
④ 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)

資本金をお振り込みいただいた通帳のコピー 
資本金については、既存の個人通帳に、
今回の資本金額ぴったりでの「入金履歴」が必要となります。
前後の入出金及び残高はまったく関係ございません。
振込名義は現金預け入れでも、別通帳からでも構いませんが、
できましたら他人名義でのお振込は避けた方がよろしいかと思います。

支店登記の場合には、
対象となる法人の全部履歴事項(登記簿謄本) (3ヶ月以内)1通
 
法人(会社)用の印鑑
印 鑑(登録用・会社実印として)
銀行印
の2つの印鑑が必要となります。

最近増えている、自分会社、

いわゆるプライベートカンパニーで不動産投資

たとえば、他の事業をしている会社が赤字で、不動産管理をしている

会社が黒字の場合、他の事業の赤字を利益の出ている不動産管理会社と

損益通算することにより、節税効果とキャッシュフローが期待できます。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷区渋谷、
新宿区西新宿などにおいて法人登記を行うことができる
バーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら
東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記、銀行口座開設もできます。

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、
事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを最小限に抑えること
ができますので、広告宣伝費など収益費用に回すことができます。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

電話秘書プランであれば20コールまでは無料で利用
することができ、会社設立登記プランなら株式会社、合同会社設立登記
申請書類作成から登記申請まで3,000円(※1)で利用することが可能です。
たとえば株式会社、株式会社設立登記なら、ご自分で登記申請されるより、
ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの東京一等地のバーチャルオフィス

駅近の貸会議室が1時間1000円で利用できます。
会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150円(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなり
コストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス東京一等地の各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷、新宿区西新宿西新宿などの東京都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスや
通信販、テレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広
分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は
名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立
法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。
メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。
貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオ
フィスであっても東京一等地の駅近くには貸会議室がありますので
クライアントへのご案内も便利です。

https://united-office.com/

 東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記するには、ユナイテッドオフィスなら実績15年で安心してご利用ができます


バーチャル市場経済圏でのバーチャルオフィスの活用


バーチャル市場経済圏での

バーチャルオフィスの活用

 

資本主義が終焉に向かっている今日、

ICTと再生エネルギー可能がベースの共有経済または

協働コモンズ経済は資本主義に代わるものとしてグローアップしてきている。

これがインターネット経済革命であり、人々の意識、社会のかたちを

根本的に変えていく。

 

今後、AI(人工知能)の進化が加速していく中、

ますます、貧富格差が二極化していく。いまや、必要とされるのは、会社に頼らずとも自立志向のある人である。今後生き残れる人材としては、ビジネススキルがあり、対外的な(海外も含めて語学力)など、コミニュニケーション能力の高い人といわれています。企業に属する、また独立起業するにも、このようなビジネススキルがないと今後は生き残れるのは難しくなるだろう。

40代いや30代から早めの「セカンドキャリア」第二の人生を考えるのも決して早くはありません。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスなら

東京中央区銀座、日本橋、港区虎ノ門、南青山、渋谷、などの

東京都心一等地にオフィス拠点に会社登記もでき

法人での銀行口座開設もできる。

実績14年で、公認の免許登録業者ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスなら、安心してご利用いただけます。

月額3,150円からご利用ができ、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでは、株式、合同会社設立など多様なプランが揃っています。

 いまや

 

IT情報技術も進化の一途をたどるなか、世界中の数億人もの人たちがインターネットでつながり、バーチャル市場経済圏でのビジネスチャンスも拡大していくことでしょう。

このような時代には、逆にチャンスととらえて

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

会社設立登記して、副業・複業もいいかもしれません。

 


バーチャルオフィスの評判


バーチャルオフィスの評判

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスといえども

慎重に選ぶ必要があります。

 そのバーチャルオフィスの判断基準

として、

実績、スタッフの対応、法人で銀行口座開設が可能であるか、どうか。

(法人での銀行口座開設のできないバーチャルオフィスもあります。)

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

14年の実績の安心と、スタッフの対応の良さ、そして

バーチャルオフィスであっても会社設立登記ができ、

法人での銀行口座開設もユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

ならならできました。

やはり、一度、法人設立登記も住所利用してしまうと

そうそう変更するのは大変なこともあり、慎重に選びましたが

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを選択してよかったです。

ユナイテッドオフィスは、金融機関からの信頼のあるバーチャルオフィスとなっているので、安心して利用することができ、銀行口座開設も可能です。会社設立登記の住所として利用もできるバーチャルオフィスで、届いた郵便物は漏れなく転送して、クライアント様からかかってきた電話に関しては転送か、オペレーターがしっかりと対応しているので安心できます。

実績14年のバーチャルオフィスはユナイテッドオフィス


東京都内にある一等地に格安でバーチャルオフィスを提供している


東京都内の青山や日本橋そして銀座などの一等地で会社のオフィスを持とうとしたら、初期コストが莫大にかかってしまいます。起業したての方であれば、まだ売上もないことからオフィスにコストをかけるわけにもいきません。

そこで、ユナイテッドオフィスは、東京都内にある一等地にバーチャルオフィスを提供しています。勿論、このバーチャルオフィスは法人登記が可能となっています。銀行口座も法人で開設ができます。そして、格安で提供していますので、起業したての方にとっては魅力あるものとなっています。

東京都内の一等地にオフィス機能を全て備わっているバーチャルオフィスを持つことで、信用を得ることができます。ビジネスで大事なことは信用です。その信用度を図る上で大切なことは、会社のオフィスがどこにあるのかということです。一等地に会社のオフィスがあるのとないのとでは、会社の信用は大きく違ってきます。しかし、一等地にオフィスを構えるとなると莫大な初期コストがかかってしまいので、よほど資金力がなければ現実的には難しいです。ですが、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスをご利用して頂ければ、東京都内の一等地の住所を手に入れることができます。

また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは法人登記が可能なので、一等地の住所を手にすることができます。ですから、名刺やホームページなどに堂々と記載することができます。これで会社の信用はかなりアップします。なお当サイトは、今までユナイテッドオフィスは14年の実績を積んできましたので、きめ細かなサービスができます。

これから会社設立登記したい人には、登記手続きのサポートを格安で行っています。株式会社や合同会社設立の登記手続きの場合には、3000円で提供しています。そして、3000円以外にも登録免許税や定款認証料などの法定費用がかかりますが、これはユナイテッドオフィスだけでなく他の業者でも会社設立登記手続き費用は必ずかかります。ですが、それ以外の登記申請にかかる手続きの費用に関しては3000円と格安で行っています。