タグ別アーカイブ: バーチャルオフィス登記

バーチャルオフィスでニッポンを根本から変える?


バーチャルオフィスでニッポンを根本から変える?

MaaS。これは、「小さな巨人」登場のチャンスかも。

昨今、この国では、MaaS(Mobility as a Service、マース)という、なんとも聞き慣れないコトバが妙に一人歩きしています。

このMaaS、定義を厳密に説明しようとなると、かなりややこしいことになるのですが、平たく言えば、IOTを活用し、あらゆる移動手段を統合するといったところでしょうか?

交通業界と言えば、鉄道にしろバスにしろ、飛行機にしろフェリーにしろ、大掛かりなサービス生産手段を必要とし、なおかつ公益性が高いことから、厳格な法規制のもと、ある種独占的な営業を許容されてきました。

ゆえに、それぞれの移動手段を有する企業はバラバラで、互いに連携することがあまりないため、利用者は極めて煩雑で面倒な思いを強いられてきたとも言えます。

しかし、IOTの進化は、こうしたある種伝統的な規制産業の枠を溶解させはじめました。

分かりやすい例で言えば、サイト上で「乗り換え案内」などを提供しているネット系の企業や、複数の移動手段に対応している

ネット決済代行会社などでしょうか。

今のところ、MaaSの「実施主体者」は自動車メーカーだったり、大手私鉄や大手バス会社だったりしますが、中には、大掛かりなサービス生産手段を保有しない情報通信系のベンチャー企業なども混じっています。

また、昨今では、少子高齢化でドライバー不足が深刻化する中、低速のバスなどを活用した自動運転や、宅配ロボットの実証実験なども活発化してきました。

さらに、観光に特化したMaaSでは、移動手段だけでなく、宿泊施設や飲食施設、各種アクティビティーなどと連動し、シームレスなサービス提供を目指しています。

この先、どういった企業がMaaSのイニシアチブを取るのかは未知数ながらも、場合によっては、巨大メーカーや大手私鉄をも従える「小さな企業」が登場しないとも限りません。

バーチャルオフィスで起業した「小さな企業」が、

日本地図を大きく変える。。。

問題・課題が山積みな分、ちょっと前だったら「ありえないようなチャンス」が眠っているかも知れませんね。

MaaSでアイディアをお持ちの方は、

まさに今、起業の季節なのではないでしょうか。

東京一等地で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京都心

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、

日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

一等地で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

実績のあるユナイテッドオフィス

 


バーチャルオフィス活用するメリット一覧


バーチャルオフィス活用するメリット

固定費を大幅に削減して

自由自在のライフワークを実現する

起業、会社を運営していくうえで、特にオフィス事務所の月額賃料

はかなりの固定費の負担が大きい。

 

それをユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスでゆとりのあるビジネスライフを実現する。

初期の費用として通常、保証金(月額賃料の最低6ヶ月から12ヶ月)と 仲介手数料、オフィス設備(デスク、ファックス、電話などの通信機器、 ファックスなどの複合機)の費用と、毎月かかるコスト(固定費および変動費) として、オフィス賃料・光熱費・リース代、その他、電話対応スタッフ給料などのかなりの大きな費用の負担がかかります。このコストを大幅に削減したいという問題は、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解消いたします。

ご自宅に居ながら、

あたかも都心のオフィスに居るような感覚です。

ユナイテッドオフィスから各拠点オフィス住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は国内のご自宅や地方、海外などに転送し、先方イアントからかかってきた電話については、ボイスワープ(転送電話)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。

会社設立登記もできるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷、新宿区西新宿の東京都心の一等地の住所で、株式会社や合同会社などの法人会社設立登記ができるバーチャルオフィスとしてご利用いただけます。 起業はもちろん

在宅ワーク、各種法人設立、通販、副業、個人事業などのフリーランス拠点として、また、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、

その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしても

ご利用いただけます。

法人の銀行口座開設ができるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば バーチャルオフィスであっても、都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。

 東京一等地のバーチャルオフィス一覧

ユナイテッドオフィス、バーチャルオフィス各拠点

渋谷区エリア

バーチャルオフィス渋谷ユナイテッドオフィス

港区エリア

バーチャルオフィス南青山、表参道ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス虎ノ門ユナイテッドオフィス

中央区エリア

バーチャルオフィス銀座

バーチャルオフィス東京日本橋

新宿区エリア

バーチャルオフィス西新宿

 などの都心の一等地のユナイテッドオフィスバーチャルオフィスに拠点を設置することができ、

士業、ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが利用しています。

また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、

また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や

法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。

各拠点オフィスへ届いた郵便はヤマトメール便や宅配便・書留などの

受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても

東京都心一等地にあるユナイテッドオフィスの各オフィスの拠点には、

1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある
ユナイテッドオフィス

 


SNS起業での注意


SNS起業での注意

 SNSに大量に出回っている「札束の写真」。この「信ずる者は救われない」単純なカラクリに気がつかない人は、絶対に起業しないで下さい。

今年の年明けだったでしょうか。

なにかとマスコミを賑わしている某大手アパレル通販会社の有名社長が、SNS上で現金100万円を抽選でプレゼントします、という企画を実施し、大いに話題になりました。

まあ、こちらの社長さんの場合、羽振りがよいことで知られていますし、奇抜な話題を振りまくことが得意な方ですから、この方のこの企画自体には、誰も疑いを持たないでしょう。

しかしです。

SNS上では現在、多くの正体不明?の情報発信者が、同じような企画を拡散させていますよね。

「札束の写真」を大きく掲げ、リツイート&いいねをした人には抽選で○○名に100万円をプレゼントします、という、アレです。

もちろん、まともなビジネスを考えている人なら、こうしたわざとらしい「撮影用の札束」は簡単に用意できることくらい、すぐに気がつくはずですが、大真面目にリツイート&いいねをしている人が、なんと多いことか!

これで、大量のフォロワーが短期間で集まりますね。

そもそも、抽選で○○名に、などと言っていますが、本当に「当選」がいるのかどうかは、発送者にしか分かりません。

発送者は、本当は当選者がゼロであっても、当選者にはDMを送りました!なんて一言つぶやけばよいだけです。

確かに、リツイート&いいねをしただけでは、1円も損することはありませんが、大量に集められたフォロワーのもとには、簡単に儲かります系のDMや、その類の有料記事のURLが、わんさかと届くことでしょう。

さらに、そこで有料販売されている商品は、新たなカモをつかまえるための「札束の写真」だったりするはずです(笑)。

もっとも、カモがカモをつかまえようとしているワケですから、ビジネスになるワケがありません。

はっきり言って、こんな単純なカラクリを即座に見破れないような人は、絶対に起業しない方がよいでしょう。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

で真剣に副業・起業を考えている方に、「そんな哀れなカモ」はいないとは思いますが。。。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京の一等地渋谷区渋谷、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトのメール便や宅配便・書留などの受け取りをご自宅や海外へ転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

東京一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィス

 


仕事はどこでもバーチャルオフィス


リゾートワークにワーケーション。東京に「常駐」する必要が無くなれば無くなるほど、バーチャルオフィスが必要になる?

年、この国では、リゾートワークやワーケーションといった、リゾート地で一定期間滞在しながら業務を行うという「新たな働き方」が随分と注目を集めています。

 

当初は、東京のオフィスと地方のリゾート地などを情報通信網で繋ぐ「社会実験」が中心だったのですが、昨年あたりからは「本格稼動」の動きも活発化してきました。

また、これまでこうした動きを強く後押ししてきた地方自治体などに加え、近年は不動産業や情報通信業、人材派遣業などの民間企業もプラットフォームの構築に乗り出し始めています。

実際にこうしたプラットフォームを利用しているのは、今のところ、一定規模以上のIT企業などが中心で、社員への福利厚生的な観点や、リフレッシュ効果による生産性向上などの観点から、一定期間、リゾート地にスタッフを滞在させている例が多いようですね。

ただ、こうした「観点」は、起業したばかりの1人代表の1人企業にこそ必要なのではないでしょうか。

実際、当ユナイテッドオフィスの会員企業様の中にも、リゾート地に定住し、必要に応じて上京する、という例は少なくありませんでした。中には、日本中、場合によっては世界中を転々としている人もおられます。

つまり、リゾートワークだとか、ワーケーションだとか、自治体や企業が用意したプラットフォームなどが無くても、リゾートワークやワーケーションを自然に実践していた、ということなのでしょう。

そもそも、どこで仕事をするのかは、自分自身に業務命令を出せばよいワケですから。

さて、「働く場所」は日本中、場合によっては世界中どこでも構わないとしても、会社である以上、やはり本社所在地は必要です。

むしろ、日本中、場合によっては世界中、転々とすればするほど、逆に「揺ぎ無い本拠地」の必要性が増すと言ってもよいでしょう。

とは言え、わざわざ不在にすることの多い「本社」に多くのコストを裂くのは得策とはいえません。

となると、そこはやはりバーチャルオフィスの出番です。

リゾートワークやワーケーションという「新たな働き方」で起業したい、という人はぜひ東京一等地のバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスをご利用ください

東京一等地で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

 ※お店のスタッフがサポートに入る形をご希望の場合は別途料金

ユナイテッドオフィスなら、

東京一等地バーチャルオフィスで中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷区渋谷の各拠点に貸会議室があるます。

ユナイテッドオフィスの銀座オフィス会員でも他のオフィスの貸会議室を利用することができるので、さらに便利です。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、新宿区西新宿などにおいて法人登記を行うことができるバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

東京一等地のバーチャルオフィスなら

実績のあるユナイテッドオフィスへ


副業をバーチャルオフィスで始めましょう


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

副業を始めましょうバーチャルオフィス副業

複数のビジネスやブランドを持ちませんか?

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスな

らそれが可能です。

 

 意外に思われるかも知れませんが、ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスでは、1人もしくは1社で複数の契約をされている会員様がかなりいらっしゃいます。

 

普通に考えたら「えつ?1人代表の1人会社だったら、住所も会社も1つで十分じゃないの?」と思われるでしょう。

 

 確かに、賃貸不動産のオーナーさんが、物件ごとに別々の法人を

設立するため、複数の契約をされるという例は以前からありました。

 

 しかし昨今では、複数の契約をされる方は、

不動産賃貸業に限りません。

 

業種は様々ですが、立ち上げたビジネスやブランドを

明確に分けるため、あえて別法人にしたり、別法人にしないまでも

別ブランドで契約したりする会員様が増えています。

 

 もちろん、一定規模以上の企業であれば、部門ごと・地域ごとに

別法人を立ち上げたり、別ブランドを立ち上げたりした方が

「組織の機動力」は高まるでしょう。

 

 一方、1人もしくは少人数の企業がわざわざ複数の複数のブランドや法人を立ち上げるのは、非効率に思えるかもしれません。

 

 ところが、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら、

たとえ1人代表の1人企業であっても、複数のブランドや

法人を手軽に?「創設」できてしまうんです。

 

 例えば、同じ系統の商品やサービスを扱うにしても、

銀座では高級品、渋谷では若者向け、虎ノ門では法人向けなど。

 

 ブランドを変え、アドレスを変えただけで、それまでリーチ

できなかった「異なる市場」を開拓できた、なんて話も聞きました。

 

 さらに、同じ系統の商品やサービスの枠を超え、周辺領域に

多角化する場合などは、思い切って別のアドレスで別の法人を

立ち上げた方がよいかも知れません。

 

 以前、本業(主にサラリーマン稼業)との相乗効果を前提とした

「複業」のお話をしましたが、ユナイテッドオフィスで複数の契約

をされている会員様は、まさに1人で「企業グループ」を

形成しています。

 

 もちろん、どんなビジネスでも「選択と集中」を見極めることは

簡単ではありません。

立ち上げたビジネスやブランドのうち、いくつかは「撤退」

させなければならないという局面もあるでしょう。

 

 逆に、1つのビジネス、1つのブランドにのみ

固執し続けることは、リスクが大きいと言えるかも知れませんね。

 

 なお、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、

1契約に1社(1屋号)のみご登録が可能です。

 

現在、ご利用可能なバーチャルオフィスは

東京一等地のアドレス、渋谷、南青山、表参道

虎ノ門、銀座、日本橋、の5拠点。

 

今後は新宿など、ご要望の多いエリアにも展開する予定です。

 

 東京都心で展開するユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

東京一等地にあるバーチャルオフィス

東京渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 

 

 


東京都心で会社設立登記


会社設立登記にあたり必要となるもの

代表取締になられる方
① 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)
② ご実印
③ 身分証明書写し(運転免許など)

取締役になられる方
④ 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)

資本金をお振り込みいただいた通帳のコピー 
資本金については、既存の個人通帳に、
今回の資本金額ぴったりでの「入金履歴」が必要となります。
前後の入出金及び残高はまったく関係ございません。
振込名義は現金預け入れでも、別通帳からでも構いませんが、
できましたら他人名義でのお振込は避けた方がよろしいかと思います。

支店登記の場合には、
対象となる法人の全部履歴事項(登記簿謄本) (3ヶ月以内)1通
 
法人(会社)用の印鑑
印 鑑(登録用・会社実印として)
銀行印
の2つの印鑑が必要となります。

最近増えている、自分会社、

いわゆるプライベートカンパニーで不動産投資

たとえば、他の事業をしている会社が赤字で、不動産管理をしている

会社が黒字の場合、他の事業の赤字を利益の出ている不動産管理会社と

損益通算することにより、節税効果とキャッシュフローが期待できます。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷区渋谷、
新宿区西新宿などにおいて法人登記を行うことができる
バーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら
東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記、銀行口座開設もできます。

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、
事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを最小限に抑えること
ができますので、広告宣伝費など収益費用に回すことができます。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

電話秘書プランであれば20コールまでは無料で利用
することができ、会社設立登記プランなら株式会社、合同会社設立登記
申請書類作成から登記申請まで3,000円(※1)で利用することが可能です。
たとえば株式会社、株式会社設立登記なら、ご自分で登記申請されるより、
ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの東京一等地のバーチャルオフィス

駅近の貸会議室が1時間1000円で利用できます。
会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150円(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなり
コストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス東京一等地の各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷、新宿区西新宿西新宿などの東京都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスや
通信販、テレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広
分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は
名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立
法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。
メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。
貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオ
フィスであっても東京一等地の駅近くには貸会議室がありますので
クライアントへのご案内も便利です。

https://united-office.com/

 東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記するには、ユナイテッドオフィスなら実績15年で安心してご利用ができます


東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記する


東京一等地の

バーチャルオフィス

会社設立登記する。

法人設立登記手続きの流れ

商号を決める

漢字、ひらがな、アルファベットが利用できます。

会社名はその事業に対して実現したい想いを込めた名にすると

より強く伝わります。

本店所在地

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京都心の所在地で

登記もできます。所轄税務署は本店所在地を管轄する税務署となります。

事業目的

本業のほか、将来事業を行うことと想定される事業も記載いたします。たとえば、届け出が必要な古物商であるとか、具体的に記載する必要があれます。

資本金

基本的に1円からできますが、銀行口座開設など事業を本格的に行うのであれば、それに見合う資本金の準備は必要となります。

発起人

最低1人は必要です。

株式譲渡制限

定款に当会社の株式譲渡する場合には、取締役会(取締役会のない場合には、株主総会)の承認を受けなければなりません。

という趣旨の規定を設定することをいいます。

取締役

会社経営を実質的に行う経営者です。

取締役設置会社と3名以上必要ですが

取締役会非設置会社は1名でも可能です。

事業年度

法人の決算月(事業年度)

何年何月何日から何年何月何日と定めます。

定款作成

定款とは、会社の目的や組織など会社の運営に関する基本

事項を定めたもので、法人設立の場合には必ず定めなければなりません。絶対的記載事項として定款に必ず記載する事項は次の通り。

事業目的(事業内容)、商号(社名)、本店所在地

設立に関して出資される財産の価格または最低価格

発起人の住所・氏名

会社設立、登記申請から登記完了まで

設立までの期間

登記の完了まで約10日から2週間

登記申請した日が設立の日となります。

登記完了すると定款の写しや登記事項証明書を発行する

ことができます。

通常、司法書士に登記業務を依頼すると約25万円かかります。

内訳)定款認証費用 5万2千円、登録免許税最低15万円(資本金による)司法書士報酬4万円から8万円

ユナイテッドオフィスなら報酬は3,000円

(ただし、テレボックスⅠプラン12ヶ月前納の場合)

法人設立後の届出

法人設立・設置届出書

を税務署に設立の日から2ヶ月以内に提出しなければなりません。

届出の際には、定款の写しや登記事項証明書を添付いたします。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷区渋谷、西新宿などにおいて法人登記を行うことができるバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記できます。

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。たとえば

株式会社、株式会社設立なら、ご自分で登記申請されるより、ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの

東京一等地のバーチャルオフィス

駅近の貸会議室が1時間1000円で利用できます。

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)と

リーズナブルな料金でご利用することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなりコストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス東京各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷

西新宿などの東京都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても東京一等地の駅近くには貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

東京一等地のバーチャルオフィスで

会社設立登記するには、

ユナイテッドオフィスなら実績15年で

安心してご利用ができます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 


バーチャルオフィス東京一等地


バーチャルオフィスで「ヒュッゲ(huygge)」な人生を。

日本では2016年あたりからでしょうか。

北欧・デンマーク発祥の「ヒュッゲ(huygge)」というコトバが、なんだかちょっと高貴で洒落た行為の代名詞のように語られるようになりました。

このの「ヒュッゲ(huygge)」、何を意味しているコトバなのかと言うと、非常に分かり難い概念なのですが、分かりやすい例で言えば、「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らうこと」といったところでしょうか。

日常の中で「些細な幸せ」を堪能する行為、もしくはその知恵と言ってもよいかも知れません。

ただ、この「ヒュッゲ」というコトバも、話題になるにつれ、かつての「ロハス」や「エシカル」がそうであったように、そのコトバが本来意味していた崇高な理念?のようなものからかけ離れ、インテリアだとか器だとか、カタチから入る「消費経済」に飲み込まれてしまっている感じがします。

しかし、日常の中で「些細な幸せ」を堪能するという点では、バーチャルオフィスに通じるものを感じたりもしました。

バーチャルオフィスが本質的・最終的に提供しているサービスは、アドレスや物理的空間、情報通信機能ではなく「自由」です。

それは既存組織の束縛からの自由かもしれませんし、時間的・経済的な自由、やりがいや自己肯定間を得る自由かも知れません。

「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らう」自由を求めて起業する人だって、少なくないかも知れませんね。

「ヒュッゲ(huygge)」な人生を送るために、低コストなバーチャルオフィスで起業する、なんてのもアリでしょう。

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 

バーチャルオフィスは

東京都心一等地で実績15年の

ユナイテッドオフィスへ


バーチャルオフィスの評判


バーチャルオフィスの評判

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスといえども

慎重に選ぶ必要があります。

 そのバーチャルオフィスの判断基準

として、

実績、スタッフの対応、法人で銀行口座開設が可能であるか、どうか。

(法人での銀行口座開設のできないバーチャルオフィスもあります。)

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

14年の実績の安心と、スタッフの対応の良さ、そして

バーチャルオフィスであっても会社設立登記ができ、

法人での銀行口座開設もユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

ならならできました。

やはり、一度、法人設立登記も住所利用してしまうと

そうそう変更するのは大変なこともあり、慎重に選びましたが

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを選択してよかったです。

ユナイテッドオフィスは、金融機関からの信頼のあるバーチャルオフィスとなっているので、安心して利用することができ、銀行口座開設も可能です。会社設立登記の住所として利用もできるバーチャルオフィスで、届いた郵便物は漏れなく転送して、クライアント様からかかってきた電話に関しては転送か、オペレーターがしっかりと対応しているので安心できます。

実績14年のバーチャルオフィスはユナイテッドオフィス


バーチャルオフィス住所で登記


バーチャルオフィス住所で登記

いまや、副業解禁、働き方の自由度がますます高まるなかにあってプライベートカンパニー(株式会社、合同会社)など設立する方が増加しております。

一例に挙げますと、

起業のための準備としてはもとより

収益不動産運用の管理会社や資産管理会社設立のため

楽天、ヤフー、アマゾンなどでネットショップを開設するため

などが多いようです。

その他

●経費の幅が増える:生命保険や自宅兼事務所、自動車、退職金、その他パソコン、コピー機、交際費など、

法人にした方が経費として認められる幅が広くなります。

●家族への給与:個人事業では原則として家族に給与を支払えません。

青色事業専従者給与として税務署へ届出をした場合にのみ認められています。 したがって、 法人の場合はそういった制限が無いため、実際に事業に従事していれば家族に自由に給与を支払うことが可能です。 これによって、所得分散をして経営者の所得税、住民税を節税することが可能になります。

会社設立登記の住所にあたり

自宅住所で登記は管理規約で禁止されているマンションや賃貸、

戸建てであっても登記すれば公に広く公開されてしまうので心配だと

思われる方も

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら東京一等地、港区南青山、虎ノ門、渋谷区、中央区銀座、日本橋の各オフィスで会社設立の登記の住所として月額3150円(外税・12ヶ月前納割引)で、ご利用いただけます。