タグ別アーカイブ: バーチャルオフィス活用

バーチャルオフィス活用するメリット一覧


バーチャルオフィス活用するメリット

固定費を大幅に削減して

自由自在のライフワークを実現する

起業、会社を運営していくうえで、特にオフィス事務所の月額賃料

はかなりの固定費の負担が大きい。

 

それをユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスでゆとりのあるビジネスライフを実現する。

初期の費用として通常、保証金(月額賃料の最低6ヶ月から12ヶ月)と 仲介手数料、オフィス設備(デスク、ファックス、電話などの通信機器、 ファックスなどの複合機)の費用と、毎月かかるコスト(固定費および変動費) として、オフィス賃料・光熱費・リース代、その他、電話対応スタッフ給料などのかなりの大きな費用の負担がかかります。このコストを大幅に削減したいという問題は、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解消いたします。

ご自宅に居ながら、

あたかも都心のオフィスに居るような感覚です。

ユナイテッドオフィスから各拠点オフィス住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は国内のご自宅や地方、海外などに転送し、先方イアントからかかってきた電話については、ボイスワープ(転送電話)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。

会社設立登記もできるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷、新宿区西新宿の東京都心の一等地の住所で、株式会社や合同会社などの法人会社設立登記ができるバーチャルオフィスとしてご利用いただけます。 起業はもちろん

在宅ワーク、各種法人設立、通販、副業、個人事業などのフリーランス拠点として、また、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、

その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしても

ご利用いただけます。

法人の銀行口座開設ができるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば バーチャルオフィスであっても、都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。

 東京一等地のバーチャルオフィス一覧

ユナイテッドオフィス、バーチャルオフィス各拠点

渋谷区エリア

バーチャルオフィス渋谷ユナイテッドオフィス

港区エリア

バーチャルオフィス南青山、表参道ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス虎ノ門ユナイテッドオフィス

中央区エリア

バーチャルオフィス銀座

バーチャルオフィス東京日本橋

新宿区エリア

バーチャルオフィス西新宿

 などの都心の一等地のユナイテッドオフィスバーチャルオフィスに拠点を設置することができ、

士業、ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが利用しています。

また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、

また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や

法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。

各拠点オフィスへ届いた郵便はヤマトメール便や宅配便・書留などの

受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても

東京都心一等地にあるユナイテッドオフィスの各オフィスの拠点には、

1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある
ユナイテッドオフィス

 


バーチャルオフィスを活用しよう


バーチャルオフィスを

活用しよう!!

新規事業は実際にやってみないとわからない。

かつて、新しい事業をスタートさせるためには

オフィスを賃貸借したり、電話や複合機を設置する必要があった。

当然ながらそこには固定コストが毎月発生する。

売り上げがある、なし、にはかかわらず、毎月の出費は当然のごとく

負担となってくる。

だが、近年はIT通信やクラウドなどの進化もあり

また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなど

都心にオフィス機能の

すべてが揃った、新しい時代のオフィス

を活用するのもいいかもしれません。

 

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィは

港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、

渋谷区渋谷での住所利用も可能で、

各オフィスの拠点には、貸会議室があり、1時間当たり1,000円と格安で、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷での住所利用も可能で、各オフィスの拠点には、貸会議室があり、

1時間当たり1,000円

とリーズナブルで、使いたいときに使いたいだけの料金を払えばよく大変便利。 郵便物の週1回の転送がついて、月額3,500円〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているのはたしかにリーズナブル。

たいときに使いたいだけの料金を払えばよく

毎月の負担もかからない。

 郵便物の週1回の転送がついて、月額3,500円〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているこれなら、新規事業に毎月発生する固定費の心配はいらない。

いろんな意味で余裕が生まれ、事業が軌道に乗るまで、焦らずじっくりとりかかれる

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

を一度検討してみるのもいいかもしれません。

 


バーチャル経済圏でのバーチャルオフィス活用


バーチャル経済圏と

バーチャルオフィス活用

現在、人類は4度目の経済革命が起こっている。

情報技術ITとインターネットの進化によって

資本主義にわる、バーチャル経済圏・共有(シェア)主義経済

へ移行しつつある、ここでは、

共有と協働が重要な要素となってくる。

協働とはコラボレーションのことである。

さまざまなプラットフォームでネットワークが形成され、

人々の意識は大きく変化している。

いまからでも、つぎなるライフワークへシフトの準備を

はじめてもいいかもしれません。

たとえば、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを

利用して、通販サイトなどを立ち上げる、プラットフォームを作る

フリーランス同士のコミュニティをつくるのもいいかもしれません。

ユナイテッドオフィスならバーチャルオフィでも会社設立登記、法人での口座

開設もできます。月額3,150(外税)から、中央区銀座東京駅に近い日本橋、

港区南青山、虎ノ門、渋谷といったバーチャルオフィスを東京都心の一等地で

利用することができます。

いまからでもはじめてみませんか。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは実績14年。

 安心してご利用いただけます。