タグ別アーカイブ: バーチャルオフィス東京

バーチャルオフィス活用するメリット一覧


バーチャルオフィス活用するメリット

固定費を大幅に削減して

自由自在のライフワークを実現する

起業、会社を運営していくうえで、特にオフィス事務所の月額賃料

はかなりの固定費の負担が大きい。

 

それをユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスでゆとりのあるビジネスライフを実現する。

初期の費用として通常、保証金(月額賃料の最低6ヶ月から12ヶ月)と 仲介手数料、オフィス設備(デスク、ファックス、電話などの通信機器、 ファックスなどの複合機)の費用と、毎月かかるコスト(固定費および変動費) として、オフィス賃料・光熱費・リース代、その他、電話対応スタッフ給料などのかなりの大きな費用の負担がかかります。このコストを大幅に削減したいという問題は、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解消いたします。

ご自宅に居ながら、

あたかも都心のオフィスに居るような感覚です。

ユナイテッドオフィスから各拠点オフィス住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は国内のご自宅や地方、海外などに転送し、先方イアントからかかってきた電話については、ボイスワープ(転送電話)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。

会社設立登記もできるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷、新宿区西新宿の東京都心の一等地の住所で、株式会社や合同会社などの法人会社設立登記ができるバーチャルオフィスとしてご利用いただけます。 起業はもちろん

在宅ワーク、各種法人設立、通販、副業、個人事業などのフリーランス拠点として、また、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、

その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしても

ご利用いただけます。

法人の銀行口座開設ができるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば バーチャルオフィスであっても、都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。

 東京一等地のバーチャルオフィス一覧

ユナイテッドオフィス、バーチャルオフィス各拠点

渋谷区エリア

バーチャルオフィス渋谷ユナイテッドオフィス

港区エリア

バーチャルオフィス南青山、表参道ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス虎ノ門ユナイテッドオフィス

中央区エリア

バーチャルオフィス銀座

バーチャルオフィス東京日本橋

新宿区エリア

バーチャルオフィス西新宿

 などの都心の一等地のユナイテッドオフィスバーチャルオフィスに拠点を設置することができ、

士業、ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが利用しています。

また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、

また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や

法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。

各拠点オフィスへ届いた郵便はヤマトメール便や宅配便・書留などの

受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても

東京都心一等地にあるユナイテッドオフィスの各オフィスの拠点には、

1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある
ユナイテッドオフィス

 


バーチャルオフィスとは


野村不動産が10名未満

「小規模企業」向けオフィスを展開。

そこはバーチャルオフィスとは似て非なる?世界か。

先日、大手不動産会社の野村不動産が、従業員10名未満の企業向けサービスオフィスの新ブランドを立ち上げ、その第一弾となる物件を東京・日本橋にオープンすると発表しました。

同社によると、従業員10名未満の小規模企業は全国で30万社以上あり、全企業の約8割を占めていますが、成長の初期段階にある小規模企業がフレキシブルで快適に活用できるオフィスは、需要が高まっているにもかかわらず、供給が不足しているとのこと。

大手の不動産会社が手がけるオフィスビルと言えば、一定規模以上の企業しか相手にしない、といったイメージが強かっただけに、ある意味、時代の流れを感じます。

ただ、こちらの新ブランドのオフィス、様々な新しい技術を導入してはいるようなのですが、よくよく見ると、フロントサービスや共用の会議室を完備している点など、外資系を中心とする既存のサービスオフィスと大差ありません。

賃料も恐らく安くはないでしょう。

また、従業員10名未満の小規模企業とひとくくりにしていますが、既に従業員を5人や10人「雇用」している企業は、小規模とは言っても十分、「立派」な会社です。

1人や2人で立ち上げたばかりのスタートアップ企業のうち、こうした「立派」な会社にまで成長できる例は、実は驚くほど少ないという現実をご存知でしょうか?現実問題として、バーチャルオフィスで起業した人のうち、この種のオフィスに「栄転」できる人や会社は、ほんの一握りです。

いきなり夢の無い話をして申しわけありませんが、だからと言ってバーチャルオフィスの利用を卑下するつもりは毛頭ありません。

むしろ、バーチャルオフィスで1人起業し、組織に縛られず、「悠々自適」に自己実現している人を見ると、5人~10人規模の「逃げ場の無い組織」に成長した企業が、起業者にとって本当に幸福なのか、疑問さえ感じることがあります。

これは、10人近い社員を抱えた、WEB制作会社の社長さんのつぶやきです。

「受注が増えて規模が拡大し、収入も増えたが、今や、組織を維持し、社員を食わせるために働いている状態。。。」

まあ、ある意味、うらやましい嘆きではあります。

しかし、そこまで会社が成長できるか否かは別として、とりあえず第一歩を踏み出さないことには、何も始まりません。まずはバーチャルオフィスで起業してみては如何でしょうか。

東京一等地ので展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京都心

 https://united-office.com/

https://united-office.com/

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。


シンプルライフのすすめ


シンプルライフのすすめ

持たない生活。断捨離のすすめ。

モノの執着をから離れ、

ゆとりのある自在のライフワークを過ごすためには

たとえば

都心の一等地で利便性のいいところでオフィスを借りたりするとそれが、たとえワンルームであったとしても、月額管理費等を含めて15万円は下らない、そのほか光熱費や複合機のランニングコストが加算されれば、月額18万ぐらいにはなるでしょう。

これが売り上げとは別に、

毎月の固定費として重くのしかかる。

その他、家の家賃またはローン、自動車などの

ローンや維持費など考えると、

ワークとライフでの毎月かかる固定費だけでも

稼ぐと思うと結構気が重くなる。

そこで、ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスを利用すれば、

たとえば、オフィス月額固定費の15万円が約3,500円から4,000円ぐらいに圧縮されます。

バーチャルオフィスは自由度が高い。

いまやIT通信技術が進歩している時代にあっては、どこでも仕事ができる時代。

自宅の賃料やローンが月額20万円とした場合にオフィスの月額コスト15万円をそれにシフトすれば実質月額5万円に圧縮されます。

さらに、自宅の一部を事務所にして経費に計上すれば、節税にもなります。

打ち合わせや商談、会議などは、ユナイテッドオフィスの

オフィススペースや会議室などの必要なとき

必要な時間だけ使用するので無駄なコストを削減できます。

さらに、

法人登記も住所利用もできるユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス。届いた郵便物は転送し、クライアント様からかかってきた電話については転送またはオペレーターが対応いたします。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでは、オフィスに入居することなく、自宅や他の拠点(地方・海外・他の事務所など)でユナイテッドオフィスから住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は転送してもらえる。

 

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス各拠点オフィス

https://united-office.com/

バーチャルオフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、

西新宿、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、バーチャルオフィスであってもユナイテッドオフィスなら会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであってもユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば、各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

バーチャルオフィスなら東京一等地にある

実績15年のユナイテッドオフィス

 

 

 

 

 


節税に不動産収益会社設立登記


節税に不動産収益会社設立登記

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

節税に不動産収益会社を設立しょう。

収益不動産会社のために会社設立登記すると、

事務所を借りて、スタッフを雇用したりと、大げさなイメージを

想像されるかもしれません。

しかしながら、実際の業務は不動産管理会社に委任するので

会社設立のための所在地だけでいいのです。

ユナイテッドオフィスなら月額3,150円(外税)から

会社設立登記可能な東京一等地にあるバーチャルオフィスを

ご提供しています。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

東京一等地バーチャルオフィスで中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道

虎ノ門、渋谷区渋谷の各拠点に貸会議室があるます。

ユナイテッドオフィスの銀座オフィス会員でも他のオフィスの

1時間1,000円で貸会議室を利用することができるので、さらに便利です。

東京都港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や

渋谷などにおいて法人登記を行うことができる

バーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

地方や海外に、そして自宅に居ても

居ても東京の都心一等地にオフィス機能をそろえることができ、

事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、

ユナイテッドオフィスの会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。

たとえば

株式会社、株式会社設立なら、

ご自分で登記申請されるより、

ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用

することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150(外税)から利用することができるので、

不動産保有会社設立登記の住所として利用するとかなり

コストを抑えることが可能です。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

バーチャルオフィスなら東京一等地にある

実績15年のユナイテッドオフィス

https://united-office.com/

副業をバーチャルオフィスで始めましょう


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

副業を始めましょうバーチャルオフィス副業

複数のビジネスやブランドを持ちませんか?

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスな

らそれが可能です。

 

 意外に思われるかも知れませんが、ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスでは、1人もしくは1社で複数の契約をされている会員様がかなりいらっしゃいます。

 

普通に考えたら「えつ?1人代表の1人会社だったら、住所も会社も1つで十分じゃないの?」と思われるでしょう。

 

 確かに、賃貸不動産のオーナーさんが、物件ごとに別々の法人を

設立するため、複数の契約をされるという例は以前からありました。

 

 しかし昨今では、複数の契約をされる方は、

不動産賃貸業に限りません。

 

業種は様々ですが、立ち上げたビジネスやブランドを

明確に分けるため、あえて別法人にしたり、別法人にしないまでも

別ブランドで契約したりする会員様が増えています。

 

 もちろん、一定規模以上の企業であれば、部門ごと・地域ごとに

別法人を立ち上げたり、別ブランドを立ち上げたりした方が

「組織の機動力」は高まるでしょう。

 

 一方、1人もしくは少人数の企業がわざわざ複数の複数のブランドや法人を立ち上げるのは、非効率に思えるかもしれません。

 

 ところが、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら、

たとえ1人代表の1人企業であっても、複数のブランドや

法人を手軽に?「創設」できてしまうんです。

 

 例えば、同じ系統の商品やサービスを扱うにしても、

銀座では高級品、渋谷では若者向け、虎ノ門では法人向けなど。

 

 ブランドを変え、アドレスを変えただけで、それまでリーチ

できなかった「異なる市場」を開拓できた、なんて話も聞きました。

 

 さらに、同じ系統の商品やサービスの枠を超え、周辺領域に

多角化する場合などは、思い切って別のアドレスで別の法人を

立ち上げた方がよいかも知れません。

 

 以前、本業(主にサラリーマン稼業)との相乗効果を前提とした

「複業」のお話をしましたが、ユナイテッドオフィスで複数の契約

をされている会員様は、まさに1人で「企業グループ」を

形成しています。

 

 もちろん、どんなビジネスでも「選択と集中」を見極めることは

簡単ではありません。

立ち上げたビジネスやブランドのうち、いくつかは「撤退」

させなければならないという局面もあるでしょう。

 

 逆に、1つのビジネス、1つのブランドにのみ

固執し続けることは、リスクが大きいと言えるかも知れませんね。

 

 なお、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、

1契約に1社(1屋号)のみご登録が可能です。

 

現在、ご利用可能なバーチャルオフィスは

東京一等地のアドレス、渋谷、南青山、表参道

虎ノ門、銀座、日本橋、の5拠点。

 

今後は新宿など、ご要望の多いエリアにも展開する予定です。

 

 東京都心で展開するユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

東京一等地にあるバーチャルオフィス

東京渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 

 

 


セカンドキャリアの準備


 

日本による韓国への「報復」で明らかになった、

「代替不可能性」の重要性。

 

 ここ数日、日本による韓国への「報復」が随分と話題になっています。

 

もちろん、実際には経済制裁的な意味合いでの報復ではなく、安全保障上の理由からフッ化水素など素材の輸出審査を厳格化したり、いわゆるホワイト国認定から外したりということなのですが、韓国経済を支えてきた巨大半導体メーカーのサムスンが結果的に大きな打撃を受けるとされています。

 

しかし、今回の件で、あることに気がつきませんか?

 

日本の家電メーカーや電子機器メーカーが束になっても勝てない相手であったはずのサムスンが、フッ化水素やレジスト、ポリイミドといった、化学に詳しい人でなければ殆ど耳にすることがない「日本製の無名の素材」の調達がストップしただけで大打撃。。。

 

確かに、韓国の工業界全体が、日本製の部品や素材、工作機械などに大きく依存している構造自体は、かなり以前から指摘されていました。

 

 実は、バブル崩壊以降も、なにかと「負け組」とされてきた日本の産業界にあって、世界的な巨大企業を揺るがす「無名企業」がいくつも存在していたのです。

 

もちろん、こうした企業は、一般消費財ではなく産業財のメーカーであるがゆえに、大企業であっても「無名」であることは珍しくないのですが、その分野で世界シェア90%ともなると、さすがにすぐに代替はできません。

 

 さて、バーチャルオフィスで起業している人たちはどうでしょうか?

 

半導体のような「巨大産業」とは無縁の世界、と思われる人もいるでしょう。

 

 しかし、どんな分野であろうと、「代替不可能」な存在にさえなれば、道が開ける可能性はあります。

 

相手が大企業であろうと、決してひるむ必要はありません。

 

 これは既にユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスから「卒業」された会員企業様の

お話です。

 

そちらの会員様は、いわゆるキャラクターなどの「企画業」なのですが、特定の小さなマーケットで、揺ぎ無い地位をガッチリとつかんで

いました。

 

少なくとも、「その分野」では他社による代替はほぼ不可能です。

 

ゆえに、相手が大手メディアであろうと、大手グッズメーカーであろうと、まさに対等なお付き合いをされていました。

 

 実は、卒業されたこちらの会員企業様以外にも、特定の分野に特化したコンサルタント業やソフトウェア開発業の方など、「代替不可能」な商品やサービスを武器に、名だたる大企業と対等に渡り合っている会員企業様は少なくありません。

むしろ昨今では、SNSの普及などにより、表現ツールのハードルが下がったことで、小さな企業こそ「代替不可能性」をアピールしやすくなった、という印象さえ受けます。

実際、ユナイテッドオフィスでも、バーチャルオフィスご利用の随分と個性的な会員企業様が増えました。

 

 もちろん、たとえ小規模であっても、「代替不可能」なビジネスを立ち上げ、継続させていくことは、簡単だとは言いません。

それでも今の世の中、サラリーマンでさえリスキーな職業ですから、起業に躊躇している場合じゃないかも知れませんね。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

バーチャルオフィスであってもレンタルスペース、

会議室が充実


ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京一等地である渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などのバーチャルオフィスで東京都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

 

 

 

 


バーチャルオフィス青山・表参道


バーチャルオフィス青山・表参道

南青山,表参道は、ブランド店や高級マンションが立ち並ぶ

おしゃれな街。

こんな東京一等地に自分の会社を持つのも

いいかもしれません。

ユナイテッドオフィス青山であれば

月額3,150円(外税)から法人登記のできる

バーチャルオフィス

をご提供しております。

■オフィスに入居することなく、

ご自宅に居ながら、あたかも都心のオフィスに居るような感覚 日本国内のご自宅や海外などで、ユナイテッドオフィスから 住所・TEL電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は転送しクライアント様からかかってきた電話については、ボイスワープまたは、オペレーター電話秘書代行が対応するシステムがユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスです。

■会社設立登記もできるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス 港区南青山、中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷、西新宿などの東京都心の一等地の住所で法人会社設立および登記ができるバーチャルオフィスとして、ご利用いただけます。 起業、在宅ワーク、各種法人設立、通販、個人事業などのフリーランス拠点として、また、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしてもご利用いただけます。

■法人の銀行口座開設ができるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば バーチャルオフィスであっても都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。

※ただし、銀行口座の開設にあたっては

金融機関のご本人も含む総合的な審査となります。

■各オフィスに貸会議室が常設。リアルスペースも

ユナイテッドオフィスならレンタルスペース、貸会議室なども

1時間あたり1,000円(外税)とリーズナブルな料金で

ご利用になれます。

 

 

 

 

 

いまや終身雇用、年金も崩壊しているなかにあって

人生100年時代に備え

いまからでもセカンドライフ、セカンドキャリアの準備を

しても遅くはないと思います。

ユナイテッドオフィスはみな様のよりよいライフワークをご支援いたします。

東京一等地で会社設立とうきするなら、

実績のあるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを

お勧めいたします。

 


みずほ副業容認セカンドキャリア


あの銀行でさえも副業容認いよいよ、

サラリーマンも自分の稼ぎは自分で稼ぐ時代に。

先日、みずほフィナンシャルグループが、グループの行員による

副業を容認する旨を発表し、大きな話題となりました。

銀行と言えば、おカネを媒介に、膨大な信用情報や個人情報を扱う業種。

情報漏洩等のリスクを考えたら、役員レベルの出向・派遣は別として、

行員の副業なんて本来、「あり得ない」世界でした。

しかし今や銀行業界も、情報通信業など「異業種」からの

参入が当たり前の時代。

みずほフィナンシャルグループが行員の副業を容認する理由は、異業種での経験を銀行業務にフィードバックさせることで「本業」に貢献してもらいたい、ということのようです。

もちろん、副業の容認にあたっては、守秘義務の厳守などを含め、

他の業種以上に厳格なルールを設定するとは思いますが、

それにしても、あの銀行までもが。。。という感じですよね。

確かに、銀行と言えど、異業種とのバトルが激化する市場環境にあって、

本業の殻から一歩も外へ出ない、というのは、かえってリスクが高いのかも知れません。

ただ、副業を容認する理由は、本当にそれだけでしょうか?

ご承知のとおり、大手メガバンクは、数千人規模という

単位でリストラを断行しようとしています。

実は、銀行員の業務こそ、最もAIに代替可能な仕事だ

なんて話も聞きますよね。

「これ以上ヒトを雇う余裕は無い、副業でもなんでもいいから、外へ出て行ってくれ」というのが本音なのかも知れません。

あの銀行でさえ、です。

もっとも、こうした動きをチャンスと捉える銀行員の方もいらっしゃるでしょう。

守秘義務などの厳格なルールを遵守しつつも、金融業界で培ったナレッジを異業種と融合させ、オリジナルのビジネスを立ち上げようと、「したたかに」準備をしている人だっておられるに違いありません。

ちなみに、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、会員様の守秘義務を銀行以上に?厳格に守っています。

個人情報やビジネス情報の漏洩はありませんのでご安心を。バーチャルオフィス副業

 

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京一等地渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。

また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、

1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

東京一等地のバーチャルオフィスは

実績のあるユナイテッドオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

自分株式会社で貯蓄


自分株式会社で貯蓄

法人化のメリット

法人税率のほうが個人に比べ所得税の税率が低い。

所得税分散ができる。

家族を役員や社員にして給与を分散して節税し世帯所得を増やす。

給与所得控除を活用できる。

損失を9年繰り越せる。

生命保険料を全額経費にできる。

車を経費で乗れる。交際費が使える。

退職金を確保できる。

ユナイテッドオフィスの

東京一等地のあるバーチャルオフィスで

会社設立登記しょう!

法人化すれば、経費は貯蓄へと変わる

個人の場合、事業をやめてリタイアしようと考えても、退職金というも

のがありません。

家族を専従者として退職金を支給したとしても、経費とは認められません。

これが、会社を設立して法人とすると、退職金も不当に高額でなければ

経費として認められます。

また、連鎖倒産を防ぐために資金供給を受けられる点も、個人とは違います。

バーチャルオフィス東京会社設立登記

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで会社設立

節税メリットが大きくお勧めいたします。

給与を家族に支払って所得分散でき、自身も法人から

給料をもらうことで給与所得控除ができます。

同じ収益でも個人と法人とでは税引き後のキャッフローが大きく違います。

個人での不動産収益税制は強化され、平成15年までは個人の給与所得と

損益通算が可能できましたが現在はできません。

一方で法人税制は緩和が進んでいます。

その利用は少子高齢が進む日本で

中長期に税制を確保するために海外からの

投資を誘導して国内の経済を活性化する目的があるからです。

法人への課税緩和への傾向でキャッシュフローを最大化す

るために、不動産保有法人を設立することを

お勧めいたします。

会社設立登記ナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで、

会社設立登記するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150円(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

東京都心一等地の住所で法人登記のできる

バーチャルオフィスは、ユナイテッドオフィス。

東京一等地、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、西新宿など都心の一等地で法人登記ができる

 

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

バーチャルオフィスはユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます

 


バーチャルオフィスとコワーキングスペース


実は、バーチャルオフィスとコワーキングスペースを「使い分ける人」が

増えています。

近年、「バーチャルオフィス」と並び、「コワーキングスペース」というビジネスサービスが随分と認知されてきました。

カフェのような?洒落た空間に、感度の高いビジネスパーソンが集い、場合によっては会員どうしの交流から新たなビジネスが花開く。。。

多くの人がコワーキングスペースに持っている「ポジティブなイメージ」とは、おおよそこんな感じでしょう。

中には、法人登記等も可能な施設もあり、コワーキングスペースを「会社の住所」として表記している人も珍しくありません。

となると、私書箱や転送電話、貸し会議室の機能が中心の「バーチャルオフィス」は不要になるのでしょうか?

しかし実は、ユナイテッドオフィスの会員企業様の中には、コワーキングスペースも併用して利用している方が結構おられます。

なぜでしょうか?

確かにコワーキングスペースには、前述の「ポジティブなイメージ」が溢れています。

しかし、その空間がオープン過ぎる故に、秘密保持の問題や、場合によってはスペース内の厄介な人間関係?に巻き込まれるリスクだって無いワケではありません。

増して、自身の名刺やホームページに「会社所在地」として記載する住所が、オープンなカフェ?と一緒だとしたら、やはり躊躇してしまいますよね。

つまり、バーチャルオフィスとコワーキングスペースを併用している人は、普段出入りしているコワーキングスペースではなく、あえてバーチャルオフィスに登記し、住所を置いているのです。

ビジネス上の「公私」を分けている、と言ってよいかも知れませんね。

また、複数のビジネスを「複業」している人の中には、コワーキングスペースとバーチャルオフィスのそれぞれの長所を活かし、複数の会社やアドレスを「適材適所」で使い分ける人も珍しくありません。

バーチャルオフィスはもともと、防犯上の理由等を含め、「自宅兼事務所」をオープンにしたくない、といった理由から、「公私」をうまく分けることができるサービスとして注目されてきました。

今後は、これに加え、コワーキングスペースとの「公私分離」のため、あえてバーチャルオフィスを利用する人が増えそうです。

これからビジネスを始めようという人も、既にコワーキングスペースで走り出した人も、バーチャルオフィスにマイカンパニーを置くことをお勧めします。

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

バーチャルオフィス東京ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス東京一等地で会社設立登記


バーチャルオフィス東京一等地で

会社設立登記

人生100年時代

終身雇用完全崩壊。年金制度崩壊。

昨今話題となった、トヨタ自動車が

豊田社長は「今の日本をみていると、雇用をずっと続けている企業へのインセンティブがあまりない」と指摘した。

背景にあるのは、グローバルでの競争の厳しさ。国境や業種を越える競争が激しくなるなか、日本企業は労働者に優しいとされる「日本型雇用」との向き合い方を模索せざるを得なくなっている。

要は、終身雇用は難しくなっている、と言っている

あの時価総額21兆円のトヨタでさえ、終身雇用は難しいと宣言したのだから

つづく企業も続出し、労働に関する法改正もあるかもしれません。

バーチャルオフィス東京会社設立登記

 

年金制度崩壊。老後は夫婦で2000万円は必要

金融庁の金融審議会は3日、長寿化による「人生100年時代」に

備え、計画的な資産形成を促す報告書をまとめた。年金だけでは老後の資金を賄えず、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要になると試算した。要は貯蓄がない人は死ぬまで働け、と言っているようなもの

このような時代は、国に頼らず企業にも依存せず、

自らで稼ぐ力をつけなければなりません。

Wワーク、副業も認める企業も増えてきているなかで

セカンドキャリアのための準備を今から始めても遅くはありません。

バーチャルオフィス会社設立登記

東京都心一等地のバーチャルオフィスで

月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営ができました。

東京一等地にある

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、西新宿といった東京一等地に拠点を持つことができ、

フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

バーチャルオフィス東京ユナイテッドオフィス
  • ユナイテッドオフィスは、実績15年というバーチャルオフィス、レンタルオフィスの企業としては老舗。港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷、西新宿といった東京一等地での拠点で、貸会議室も1時間あたり1,000円といったリーズナブルな利用金低で利用ができる。郵便物の週1回の転送がついて、月額3,150円というプランで、法人登記の料金が含まれているのはたしかにお得だ。 (比較ナビ・取材調査担当:松本)

#バーチャルオフィス東京で会社登記する


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス東京で会社設立登記

法人化の2台メリット「所得分散」「給与所得控除」

個人では所得が増えると、累進課税により、実効税率が上がって

負担税率が増加いたします。

その所得を分散することで、1人あたりの実効税率を低くすることも

法人化の大きなメリット。

自分の配偶者や家族を役員もしくは社員として給料を支払い

所得分散することも法人であれば可能となります。

所得の圧縮効果が大きいのが「給与所得控除」

個人では、収益不動産所得がそのまま課税所得になりますが

法人化による役員報酬、給与支払いというかたちで自動的に

「給与所得控除」が受けられます。

会社設立登記ナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

東京都心一等地の住所で法人登記のできる

バーチャルオフィスは、ユナイテッドオフィス。

東京一等地、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、西新宿など都心の一等地で法人登記ができる

バーチャルオフィスはユナイテッドオフィスです。ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

バーチャルオフィス東京

 


東京都心で会社設立登記


会社設立登記にあたり必要となるもの

代表取締になられる方
① 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)
② ご実印
③ 身分証明書写し(運転免許など)

取締役になられる方
④ 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)

資本金をお振り込みいただいた通帳のコピー 
資本金については、既存の個人通帳に、
今回の資本金額ぴったりでの「入金履歴」が必要となります。
前後の入出金及び残高はまったく関係ございません。
振込名義は現金預け入れでも、別通帳からでも構いませんが、
できましたら他人名義でのお振込は避けた方がよろしいかと思います。

支店登記の場合には、
対象となる法人の全部履歴事項(登記簿謄本) (3ヶ月以内)1通
 
法人(会社)用の印鑑
印 鑑(登録用・会社実印として)
銀行印
の2つの印鑑が必要となります。

最近増えている、自分会社、

いわゆるプライベートカンパニーで不動産投資

たとえば、他の事業をしている会社が赤字で、不動産管理をしている

会社が黒字の場合、他の事業の赤字を利益の出ている不動産管理会社と

損益通算することにより、節税効果とキャッシュフローが期待できます。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷区渋谷、
新宿区西新宿などにおいて法人登記を行うことができる
バーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら
東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記、銀行口座開設もできます。

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、
事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを最小限に抑えること
ができますので、広告宣伝費など収益費用に回すことができます。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

電話秘書プランであれば20コールまでは無料で利用
することができ、会社設立登記プランなら株式会社、合同会社設立登記
申請書類作成から登記申請まで3,000円(※1)で利用することが可能です。
たとえば株式会社、株式会社設立登記なら、ご自分で登記申請されるより、
ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの東京一等地のバーチャルオフィス

駅近の貸会議室が1時間1000円で利用できます。
会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150円(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなり
コストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス東京一等地の各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷、新宿区西新宿西新宿などの東京都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスや
通信販、テレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広
分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は
名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立
法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。
メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。
貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオ
フィスであっても東京一等地の駅近くには貸会議室がありますので
クライアントへのご案内も便利です。

https://united-office.com/

 東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記するには、ユナイテッドオフィスなら実績15年で安心してご利用ができます


東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記する


東京一等地の

バーチャルオフィス

会社設立登記する。

法人設立登記手続きの流れ

商号を決める

漢字、ひらがな、アルファベットが利用できます。

会社名はその事業に対して実現したい想いを込めた名にすると

より強く伝わります。

本店所在地

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京都心の所在地で

登記もできます。所轄税務署は本店所在地を管轄する税務署となります。

事業目的

本業のほか、将来事業を行うことと想定される事業も記載いたします。たとえば、届け出が必要な古物商であるとか、具体的に記載する必要があれます。

資本金

基本的に1円からできますが、銀行口座開設など事業を本格的に行うのであれば、それに見合う資本金の準備は必要となります。

発起人

最低1人は必要です。

株式譲渡制限

定款に当会社の株式譲渡する場合には、取締役会(取締役会のない場合には、株主総会)の承認を受けなければなりません。

という趣旨の規定を設定することをいいます。

取締役

会社経営を実質的に行う経営者です。

取締役設置会社と3名以上必要ですが

取締役会非設置会社は1名でも可能です。

事業年度

法人の決算月(事業年度)

何年何月何日から何年何月何日と定めます。

定款作成

定款とは、会社の目的や組織など会社の運営に関する基本

事項を定めたもので、法人設立の場合には必ず定めなければなりません。絶対的記載事項として定款に必ず記載する事項は次の通り。

事業目的(事業内容)、商号(社名)、本店所在地

設立に関して出資される財産の価格または最低価格

発起人の住所・氏名

会社設立、登記申請から登記完了まで

設立までの期間

登記の完了まで約10日から2週間

登記申請した日が設立の日となります。

登記完了すると定款の写しや登記事項証明書を発行する

ことができます。

通常、司法書士に登記業務を依頼すると約25万円かかります。

内訳)定款認証費用 5万2千円、登録免許税最低15万円(資本金による)司法書士報酬4万円から8万円

ユナイテッドオフィスなら報酬は3,000円

(ただし、テレボックスⅠプラン12ヶ月前納の場合)

法人設立後の届出

法人設立・設置届出書

を税務署に設立の日から2ヶ月以内に提出しなければなりません。

届出の際には、定款の写しや登記事項証明書を添付いたします。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷区渋谷、西新宿などにおいて法人登記を行うことができるバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記できます。

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。たとえば

株式会社、株式会社設立なら、ご自分で登記申請されるより、ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの

東京一等地のバーチャルオフィス

駅近の貸会議室が1時間1000円で利用できます。

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)と

リーズナブルな料金でご利用することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなりコストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス東京各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷

西新宿などの東京都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても東京一等地の駅近くには貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

東京一等地のバーチャルオフィスで

会社設立登記するには、

ユナイテッドオフィスなら実績15年で

安心してご利用ができます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 


東京一等地のバーチャルオフィスで登記


東京一等地のバーチャルオフィスで

会社設立登記

個人では利用できない、法人でのタックスメリット

入ってくるお金を最大化させる。

法人化のメリット

個人では、所得か増えると累進課税により実効税率が上がって

負担税率が増税いたします。

法人であれば

所得を分散することで、1人当たりの実効税率を低く抑えることができます。

自分の家族、配偶者を役員、社員にして、給与を払うことは法人であれば

可能です。

東京一等地にあるユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスで

プライベートカンパニーを立ち上げよう。

「プライベートカンパニー」と聞くと、多くの人は、「お金持ち」が資産管理のために設立する「節税対策の会社」と思われるかも知れません。

しかし昨今では、このプライベートカンパニー、必ずしも「お金持ち」の専売特許ではなくなってきました。

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスの

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

東京都心一等地のバーチャルオフィスで

月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営ができました。

15年の実績の安心とスタッフの対応の良さ、そして

バーチャルオフィスであっても法人での銀行口座開設も

ユナイテッドオフィスならできました。

やはり、一度会社設立登記も住所利用してしまうと

そうそう簡単に変更するのは面倒なので慎重になりましたが

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用して

5年になりますが、正解でした。

東京一等地にある

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります

ユナイテッドオフィスなら

東京一等地にあるバーチャルオフィスで

会社登記むができます。

実績15年だから安心してご利用できます。

https://united-office.com/

1 / 3123