タグ別アーカイブ: バーチャルオフィス会社設立登記

節税に不動産収益会社設立登記


節税に不動産収益会社設立登記

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

節税に不動産収益会社を設立しょう。

収益不動産会社のために会社設立登記すると、

事務所を借りて、スタッフを雇用したりと、大げさなイメージを

想像されるかもしれません。

しかしながら、実際の業務は不動産管理会社に委任するので

会社設立のための所在地だけでいいのです。

ユナイテッドオフィスなら月額3,150円(外税)から

会社設立登記可能な東京一等地にあるバーチャルオフィスを

ご提供しています。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

東京一等地バーチャルオフィスで中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道

虎ノ門、渋谷区渋谷の各拠点に貸会議室があるます。

ユナイテッドオフィスの銀座オフィス会員でも他のオフィスの

1時間1,000円で貸会議室を利用することができるので、さらに便利です。

東京都港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や

渋谷などにおいて法人登記を行うことができる

バーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

地方や海外に、そして自宅に居ても

居ても東京の都心一等地にオフィス機能をそろえることができ、

事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、

ユナイテッドオフィスの会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。

たとえば

株式会社、株式会社設立なら、

ご自分で登記申請されるより、

ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用

することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150(外税)から利用することができるので、

不動産保有会社設立登記の住所として利用するとかなり

コストを抑えることが可能です。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

バーチャルオフィスなら東京一等地にある

実績15年のユナイテッドオフィス

https://united-office.com/

みずほ副業容認セカンドキャリア


あの銀行でさえも副業容認いよいよ、

サラリーマンも自分の稼ぎは自分で稼ぐ時代に。

先日、みずほフィナンシャルグループが、グループの行員による

副業を容認する旨を発表し、大きな話題となりました。

銀行と言えば、おカネを媒介に、膨大な信用情報や個人情報を扱う業種。

情報漏洩等のリスクを考えたら、役員レベルの出向・派遣は別として、

行員の副業なんて本来、「あり得ない」世界でした。

しかし今や銀行業界も、情報通信業など「異業種」からの

参入が当たり前の時代。

みずほフィナンシャルグループが行員の副業を容認する理由は、異業種での経験を銀行業務にフィードバックさせることで「本業」に貢献してもらいたい、ということのようです。

もちろん、副業の容認にあたっては、守秘義務の厳守などを含め、

他の業種以上に厳格なルールを設定するとは思いますが、

それにしても、あの銀行までもが。。。という感じですよね。

確かに、銀行と言えど、異業種とのバトルが激化する市場環境にあって、

本業の殻から一歩も外へ出ない、というのは、かえってリスクが高いのかも知れません。

ただ、副業を容認する理由は、本当にそれだけでしょうか?

ご承知のとおり、大手メガバンクは、数千人規模という

単位でリストラを断行しようとしています。

実は、銀行員の業務こそ、最もAIに代替可能な仕事だ

なんて話も聞きますよね。

「これ以上ヒトを雇う余裕は無い、副業でもなんでもいいから、外へ出て行ってくれ」というのが本音なのかも知れません。

あの銀行でさえ、です。

もっとも、こうした動きをチャンスと捉える銀行員の方もいらっしゃるでしょう。

守秘義務などの厳格なルールを遵守しつつも、金融業界で培ったナレッジを異業種と融合させ、オリジナルのビジネスを立ち上げようと、「したたかに」準備をしている人だっておられるに違いありません。

ちなみに、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、会員様の守秘義務を銀行以上に?厳格に守っています。

個人情報やビジネス情報の漏洩はありませんのでご安心を。バーチャルオフィス副業

 

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京一等地渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。

また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、

1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

東京一等地のバーチャルオフィスは

実績のあるユナイテッドオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

自分株式会社で貯蓄


自分株式会社で貯蓄

法人化のメリット

法人税率のほうが個人に比べ所得税の税率が低い。

所得税分散ができる。

家族を役員や社員にして給与を分散して節税し世帯所得を増やす。

給与所得控除を活用できる。

損失を9年繰り越せる。

生命保険料を全額経費にできる。

車を経費で乗れる。交際費が使える。

退職金を確保できる。

ユナイテッドオフィスの

東京一等地のあるバーチャルオフィスで

会社設立登記しょう!

法人化すれば、経費は貯蓄へと変わる

個人の場合、事業をやめてリタイアしようと考えても、退職金というも

のがありません。

家族を専従者として退職金を支給したとしても、経費とは認められません。

これが、会社を設立して法人とすると、退職金も不当に高額でなければ

経費として認められます。

また、連鎖倒産を防ぐために資金供給を受けられる点も、個人とは違います。

バーチャルオフィス東京会社設立登記

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで会社設立

節税メリットが大きくお勧めいたします。

給与を家族に支払って所得分散でき、自身も法人から

給料をもらうことで給与所得控除ができます。

同じ収益でも個人と法人とでは税引き後のキャッフローが大きく違います。

個人での不動産収益税制は強化され、平成15年までは個人の給与所得と

損益通算が可能できましたが現在はできません。

一方で法人税制は緩和が進んでいます。

その利用は少子高齢が進む日本で

中長期に税制を確保するために海外からの

投資を誘導して国内の経済を活性化する目的があるからです。

法人への課税緩和への傾向でキャッシュフローを最大化す

るために、不動産保有法人を設立することを

お勧めいたします。

会社設立登記ナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで、

会社設立登記するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150円(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

東京都心一等地の住所で法人登記のできる

バーチャルオフィスは、ユナイテッドオフィス。

東京一等地、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、西新宿など都心の一等地で法人登記ができる

 

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

バーチャルオフィスはユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます

 


会社設立登記は東京一等地


バーチャルオフィスで

プライベートカンパニーを立ち上げよう。

「プライベートカンパニー」と聞くと、多くの人は、「お金持ち」が資産管理のために設立する「節税対策の会社」と思われるかも知れません。

しかし昨今では、このプライベートカンパニー、必ずしも「お金持ち」の専売特許ではなくなってきました。

 

一番分かりやすい例は、いわゆる「サラリーマン大家さん」です。

近年、会社勤めの人が投資用の賃貸物件を購入する際、その物件を所有する法人を設立する例が増えてきました。当ユナイテッドオフィスでも、物件毎に複数の法人を登記している会員様が多くおられます。ただ、サラリーマン大家さんと聞くと、「それって、サラリーマンとは言っても、それなりにお金を持っている人じゃないか。」と思われるでしょう。しかし、そこまでの投資資金がなくても、ちょっとした副業レベルのビジネスながら「あえて」法人を設立する人も増えています。

詳細については、税理士さん等専門家に聞くのが一番ですが、法人にしてしまうと、実は思いのほか「経費」として計上できる部分が多い。福利厚生なども然り。もちろん、個人・法人とも、しっかりと申告・納税することが大前提です。

実際のところ、確実に大きな負担となるのは、設立する際に発生する登録免許税等のイニシアルコストと、利益の有無にかかわらず毎年発生する法人住民税(いわゆる均等割り)くらいでしょうか。

日本の会社は7割が赤字と言われています。

営利企業である以上、赤字を垂れ流し続けることが健全だとは思いませんが、大家さん業であってもなくても、あるいは副業であっても本業であっても、将来的な収入の拡大に備え、先にプライベートカンパニーを設立しておくのはお勧めかも知れませんね。

実際、ユナイテッドオフィスには、法人設立後しばらくの間は休業状態が続いていたものの、ご自身の創意工夫に加え、ちょっとしたチャンスをきっかけにブレイクし、実態としても会社らしく?なった会員様もいらっしゃいます。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

14年の実績の安心とスタッフの対応の良さ、そして

バーチャルオフィスであっても法人での銀行口座開設も

ユナイテッドオフィスならできました。

やはり、一度会社設立登記も住所利用してしまうと

そうそう変更するのは面倒なので慎重になりましたが

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用して

3年になりますが、正解でした。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷などにおいて法人登記を行うことができるバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の

賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。たとえば

株式会社、株式会社設立なら、ご自分で登記申請されるより、

ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス

https://united-office.com/

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用

することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなりコストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

バーチャルオフィス東京ユナイテッドオフィス

私はバーチャルオフィスで会社設立いたしました。


私はユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

会社設立登記

いたしました。

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

14年の実績の安心とスタッフの対応の良さ、そして

バーチャルオフィスであっても法人での銀行口座開設も

ユナイテッドオフィスならできました。

やはり、一度会社設立登記も住所利用してしまうと

そうそう変更するのは面倒なので慎重になりましたが

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用して

3年になりますが、正解でした。

ビジネスは実際にやってみないとわかりませんので

現在3社をの会社をユナイテッドオフィスのバーチャル

オフィスで立ち上げて、そのうち1社のコスメ通販サイトが

安定した収益を上げ始めています。

ネットで商品を展示して、注文を受けたときレンタル倉庫

から直接商品を注文者へ郵送していますので、自宅に在庫を

置かなくて済みます。

ほとんど自宅に居ながら受注から発注まで行っております。

取引先などとの打ち合わせは、利用しているバーチャルオフイス

所在地住所にあるユナイテッドオフィスの貸会議室を必要な時間だけ

利用するので、便利でしかも無駄なコストを削減できます。

固定したオフィスの賃料がとても無駄なように思えてきました。

これからの時代は、貸会議室が充実したユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスが便利です。

 

 

 

 

 

 


会社設立登記・経費が貯金となる


バーチャルオフィスで

会社設立登記するメリット(その1

経費が貯金となる

個人事業の場合は、自分はもちろん家族は退職金を経費には

計上できませんが、バーチャルオフィスで会社設立登記

し法人化すれば、退職金も適性範囲であれば経費として

計上できる。

 

そこで利用したいのが「経営セフティ共済」

月額掛け金も、月8万円から20万円に増額

さらに掛け金の限度額も320万円から800万円など

大幅に改定。さらに前納制度を利用すれば

年利3.25%で運用できる。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

会社登記可能なバーチャルオフィスが東京一等地、
港区南青山、虎ノ門、渋谷区、中央区銀座、日本橋の
各オフィスで会社設立の登記の住所として
月額3150円(外税・12ヶ月前納割引)で、ご利用いただけます。



東京一等地の格安バーチャルオフィス


東京都心一等地でビジネスをこれから立ち上げていきたい方は、

ぜひともユナイテッドオフィスをご利用して頂きたく思います。

ユナイテッドオフィスは、長年バーチャルオフィスやレンタルオフィスなどの事業を手掛けてきました。

14年の実績を持っています。国から公認の免許登録業者として認定されていますので、安心して利用できる会社となっています。

 

多くの会社が会員登録をされています。どのくらいの会員登録数があるかと言いますと、2017年12月では2690社もの会社に会員登録して頂いています。

銀座をはじめとして東京都内の一等地にバーチャルオフィスやレンタルオフィスなどを格安料金で提供していますので、これから青山を含めて一等地でビジネスを始める方は、コストパフォーマンスに優れている当サイトのサービスを利用して下さい。損はさせません。特にバーチャルオフィスのサービスは、とても充実しています。電話秘書は20コールまで無料となっていたり、会議室を使いたい時だけ使えるサービスもあります。会議室は1時間あたり1000円から安い料金で提供しています。またバーチャルオフィスといっても法人登記をすることができますので、銀座や渋谷、他の一等地の住所地を会社の法人登記にすることができます。そして、会社設立を際に登記申請書を作成したり定款を作成したりする作業をサポートするサービスもあります。こちらのサービスは、株式会社や合同会社などの設立の場合には3000円の料金となっています。かなり安い料金で提供していますので、非常にお得なサービスとなっています。他にも一般社団法人の設立や非営利活動法人のNPO設立も他社よりも安い料金で提供しています。当サイトは、以上のような特徴があります。東京都内の銀座やその他の一等地でバーチャルオフィスを安い料金で利用したいと考えている方は、社よりも安く他社よりもサービスが充実しているユナイテッドオフィスのサービスを利用下さい。