タグ別アーカイブ: バーチャルオフィス中央区

スタートはバーチャルオフィスで


コミケという、魑魅魍魎のお金が動く世界。仕掛ける側に回ればビジネスになる?

この国では近年、「クルマ離れ」「旅行離れ」「恋愛離れ」など、「若者の○○離れ」というフレーズをよく耳にします。

もちろん、その背景には、バブル崩壊以降、非正規雇用の増大などに伴い、「若者の貧困化」という如何ともしがたい経済状況があるのですが、一方で当の若者は、クルマは無くても、旅行に行かなくても、恋愛しなくても、そこそこ幸せに暮らしている、なんて指摘もありますよね。

実際、気鋭の社会学者による2011年の著作「絶望の国の幸福な若者たち」は、いまだに新しい読者によるレビューが付いていたりします。

では、若者と呼ばれる人たちの消費に対する熱量は、本当に萎み切ってしまったのでしょうか?例えば、毎年お盆休みの時期に東京ビックサイトで開催される、国内最大の同人誌即売会「コミックマーケット(通称:コミケ)」。

ココには、命にかかわるような猛暑の中、例年、とてつもない数の若者が訪れます。

彼らのお目当ては、同人誌やら缶バッジやら実に様々なのですが、興味の無い人からすれば、殆ど無用の長物とも思える品々ばかり。。。

しかし、3~4日の開催期間中、彼らはこうした品々を10万円単位で購入すると言うのです。

多くの人は、この日のためにボーナスを貯め、アルバイトに勤しみ、場合によっては日々の生活費を削ってでも、この日の軍資金に当てているのだとか。

この会場に限って言えば、若者と呼ばれる人たちの消費に対する熱量は、とても萎み切っているとは思えません。

こうした人たちの行動を、様々な方面から揶揄する向きはあるでしょうけど、ある意味、そこまで夢中になれるモノがある、ということは羨ましいことだったりもします。

では、こうした人たちにモノを「売る側」はどうでしょうか?

極限まで?趣味・趣向に特化した世界でしょうから、この世界でビッグビジネスを手にすることは、それほど簡単だとは思えません。何が当たるか分からない、一種の魑魅魍魎の世界とも言えるでしょう。しかしです。この世界の「売る側」として成功を手にしているのは、必ずしも大手のメーカーや制作会社ではありません。

特定少数の「熱狂的信者」を獲得できれば、個人事業レベルでも、思わぬ成功を手にするチャンスがある世界です。

ぜひ、売る側=仕掛ける側に回りましょう。

実際、当オフィスの会員企業様の中にも、コンテンツビジネスやキャラクタービジネスで、小規模ながらも一定の成功を収めておられる方もいらっしゃいます。

まずは、行動することから始めましょう。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

アドレスホッパー、東京一等地バーチャルオフィス


「アドレスホッパー」よりも、

「バーチャルオフィス」で自身の確固たるビジネスを。

昨今、「アドレスホッパー」と呼ばれる若い人たちが話題になっています。

仕事をしながらも、特定の「住所」を持たず、先輩や友人宅、短期滞在のシェアハウスなどを転々とするライフスタイルのことらしいのですが、さすがにこれは賛否両論のようですね。

確かに、情報通信技術の発達により、自宅やサテライトオフィス、旅先のコワーキングスペースなどを転々としながら「勤務」することが可能な会社や業態は増えています。

また昨今では、リゾートテレワークなどと銘打って、こうした人たちを積極的に呼び込もうという自治体も少なくありません。

自治体からすれば、何かとハードルの高い「移住者」を募集するよりも、その一歩手前で「関係人口」を増やす方が得策、という事情もあるでしょう。

しかし、「アドレスホッパー」と言うと、なんだかカッコよく思えますが、一歩間違えば、「住所不定」「ホームレス」です。

そもそも「特定の住所を持たない」とは言っても、「住民票」はどこかに置く必要はありますし、「住所不定」では社会保険や携帯電話の契約などもおぼつきません。

仮に実家などに「住民票」を置くにしても、その自治体が「住んでいる実態が無い」と判断すれば、住民票の剥奪なんてことも現実問題としてありえます。

もちろん、「アドレスホッパー」になることは自由ですし、仕事やら納税やらをきっちりとこなし、社会に貢献しているのなら、とやかく言うことではないでしょう。

https://united-office.com/

一方、個人ではなく法人ではどうでしょうか?

当然のことですが、たとえ資本金1円の1人会社であっても、どこかに必ず「登記」しなければなりません。

「住所不定の会社」なんて誰も信用しませんよね。

実は、ユナイテッドオフィスの会員企業様の中にも、世界中を転々としている人が結構おられます。

もちろん、転々としているとは言っても、決して「住所不定」ではありません。

あくまでも、本籍地があってのノマドワーカーです。

会社の住所はユナイテッドオフィスに置き、自身は世界中で自由にのびのびとビジネスにいそしむ姿は、ある種、理想的な働き方・生き方のようにも思えます。

一応、念のためお伝えしておきますが、ユナイテッドオフィスでご提供しているのは、あくまでも会社の住所・登記の住所です。

住民票は置けませんのでご注意を。

東京都心で展開する

ナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

 

東京都心一等地のバーチャルオフィスは

実績のあるユナイテッドオフィスへ


ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス


ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

ここには、

オフィスを借りずに ビジネスに必要なオフィス機能がすべて揃う。

貸 会議室はユナイテッドオフィスで。

いずれのオフィスもご利用できます。 今だからこそ、バーチャルオフィスで会社を設立!!

月額3,150円からのバーチャルオフィスは、 実績と安心のユナイテッドオフィスへ

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでは

各種法人登記としての住所利用もでき 商談のための貸会議室も常設しております。 オフィススペースや貸会議室などのご利用は、

必要なとき必要な時間だけ 使用するので無駄なコストを削減できます。 また、ノマドワーカー、フリーランス、シェアオフィスやサテライトオフィスとして、その他、週末起業 ・副業、ネット・通販ビジネスにさまざまな用途、 のご利用ができます

ユナイテッドオフィスの拠点オフィス

 ユナイテッドオフィス南青山・

バーチャルオフィス

東京都港区南青山2丁目

青山一丁目駅B5出口徒歩2分

https://united-office.com/aoyama.html

 

ユナイテッドオフィス虎ノ門・

バーチャルオフィス

東京都港区虎ノ門1丁目

虎ノ門出口徒歩6分

https://united-office.com/Toranomon.html

ユナイテッドオフィス銀座・

バーチャルオフィス

東京都中央区銀座6丁目

銀座駅A3出口から徒歩3分

銀座Gシックス近く

https://united-office.com/ginza.html

ユナイテッドオフィス日本橋・

バーチャルオフィス

東京都中央区日本橋

日本橋駅徒歩5分

https://united-office.com/nippombashi.html

ユナイテッドオフィス渋谷・

バーチャルオフィス

東京都渋谷区渋谷3丁目

渋谷駅徒歩6分

https://united-office.com/Shibuya.html

バーチャルオフィスなら

実績14年の

安心できるユナイテッドオフィスへ


バーチャルオフィスは東京都心一等地で


バーチャルオフィスは東京都心一等地で

ITテクノロジー進化の影響もあり、いまやオフィスワークも場所や時間に縛られずに、

自由にワークが可能となりました。

また

オフィスを持たない新しいオフィスの形として、近年注目を集め需要も増えているのがバーチャルオフィスです。東京都心一等地銀座、虎ノ門、青山、渋谷、日本橋などのオフィスとなれば毎月の賃料もかなり高額な出費となってしまいますが、バーチャルオフィスならばコストを大幅に削減することが可能となっています。必要なとき必要な時間だけ使用するので、無駄なコストを削減することができ、必要なときに必要なだけ、会議室を利用することができるという利便性の高さと、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば、株式会社や合同会社などの各種法人で登記ができ、法人での銀行口座開設も可能となります。

 

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

京一等地、港区南青山、虎ノ門、渋谷区、中央区銀座、日本橋の各オフィスで会社設立の登記の住所として月額3150円(外税・12ヶ月前納割引)で、ご利用いただけます。


東京駅近くバーチャルオフィス中央区


中央区日本橋のバーチャルオフィス

東京駅は交通アクセスが良くて、人気の立地となっていてバーチャルオフィス日本橋の人気も高いです。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、バーチャルオフィスであってもオフィス機能のすべてが揃っていてとても便利です。こうした機能を安い価格で活用できるメリットはとても大きいです。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスはオフィス賃料や人件費や通信費を大幅に抑えることを可能にします。ビジネスはコストを削減して利益を最大化することが大切です。ビジネスに必ず必要なコストを常に抑えることが可能になるメリットはとても大きいです。バーチャルオフィスでゆとりあるビジネスライフを実現することで、ビジネスでの成功確率を高めることもできます。バーチャルオフィスは様々な機能があり、電話転送機能や電話秘書代行機能などがあります。こうした機能によって日々のビジネスはスムーズになります。

人気の中央区日本橋、東京駅近くにオフィスがあるメリットはとても大きくて、住所や名刺やパンフレットに東京駅近くの住所を記載することで信頼を得ることもできます。こうしたシステムを活用しても、法人登記や法人用の銀行口座開設は問題なく行えます。ビジネスの開始時に必要な手続きをスムーズに行うことは大切です。メール便や宅配便や書留の受け取り転送なども行うこともできます。ビジネスは時代とともに変化していき、新しい時代は固定を持たない自由度があります。ビジネスを開始する時はなるべく初期費用を抑えることが大切です。こうしたオフィスを活用することで、初期費用を抑えてビジネスに良い勢いを与えることができます。初期費用を抑えることは財務体質を良くすることにつながります。費用を抑えてキャッシュストック経営をすることが、ビジネスの成長につながります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスの活用はビジネスに大きな変革をもたらしています。ビジネスの初期コストが少なくなることで、新しくビジネスを開始する人が増えることが想定されます。新しいシステムの存在を知って、その活用を考えることは重要です。

バーチャルオフィスを選ぶなら、

会議室も利用できるユナイテッドオフィスへ