堅きことジブラルタルの岩の如し、ユナイテッド・オフィス


堅きことジブラルタルの岩の如し、

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%80%81%e3%83%a6%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9

個人情報・プライバシー、機密情報保持に堅い

安心できるバーチャルオフィスは公認の免許登録業者

ユナイテッド・オフィスだけ。

ユナイテッド・オフィスは、業務上、投資家会員様のプライベート・カンパニー

など、機密にかかわる情報の管理を委託されております。

「業務上知り得た機密情報」「個人情報・プライバシー」につきましも、

万全な体制で管理しております。

口の堅い安心できるバーチャルオフィスは

公認の免許登録業者の ユナイテッド・オフィス

 みなさのから信頼されて実績12年

%e3%83%a6%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%ba%83%e5%91%8a201611

 ジブラルタルの岩(ジブラルタルのいわ、: Rock of Gibraltar、The Rock(ザ・ロック)、克服不能かつ不動の人物や状況を指す「堅きことジブラルタルの岩の如し」という言葉が生まれた[9]ラテン語で “Nulli Expugnabilis Hosti”(いかなる敵も我らを退かし得ず)はジブラルタル連隊英語版) 、時にはジブラルタルそのもののモットーとされるが、それはこの難攻不落さを表したものである


コスト・リーダーシップ戦略は、ユナイテッドオフィスで


コスト・リーダーシップ戦略(コスト競争で勝っていく戦略)

ひとたび低コストを実現すると、販売価格を下げ高いシェアを目指すこともできれば、他社と同等の価格で販売し高い利益率を確保することもでき、経営に自由度が増すというメリットがある。

%e3%83%a6%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%ba%83%e5%91%8a201611

コスト・リーダーシップの実現は、ユナイテッド・オフィス


戦略オフィスはユナイテッドオフィスで


戦略オフィスは、ユナイテッドオフィスiii

 

たとえばブルーオーシャン市場開発などの

試験的な展開には

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが最適です。

ビジネスはとりあえずやってみないとわからない。

そのために初期投資は必要最低限なコストで。

ブルーオーシャン市場開発は

UNITED-Office


コストを圧縮して利益を生む(ユナイテッドオフィスNews)


コストを圧縮して利益を生む

経営の目的は「利益を出す」ことにあります。
その方法として4つの方法があげられます

1、まず、売上を上げること。

売上を増やすには、

1)「売上単価を上げる」つまり値上げする

2)「販売数量を増やす」売価が変わらなければ営業努力で
販売数量を増やすしかありません。

売上高=単価×数量

次に、コストを下げることです

コストダウンには、2つの方法があります。
「経費を下げる」

「回転率を上げる」の2つです。

経費を下げるためには、

売上のもとになる原価や固定費を下げて粗利を増やす

粗利から引かれる

販売費用や管理費・労務費・支払金利、事務所賃料固定費などの経費を下げる

ことが必要になります。
%e5%9b%b31

売上げが10億あったとしても経費が8億かかれば利益は2億、一方で売上げが5億だとしても経費が2億で済めば利益は3億となる。

経費は「第3の利潤」といわれ、

売上が上がらなければ経費を切り詰めることにより利益を確保する、

つまり「入るを計りて、出るを制す」ことが重要となります。

 


時流・直近キーワード(ユナイテッドオフィスNews)


 

9590543db08bd1502f1281557897e0b9

低賃金・低価格、階層化社会、シェアハウス、民泊、
外国人労働者91万人過去最高を更新

IOT(Internet of Things、IoT)モノのインターネット
人工知能、自動運転、IT金融との融合

マイナス金利、投資拡大、銀座地価3年で200%(2倍)、
2020年問題、配偶者控除見直し

 

 


法人登記のできるバーチャルオフィス3,150円から(ユナイテッド・オフィスNews)


ユナイテッド・オフィスの

バーチャルオフィスなら3,150円(月あたり・外税)で
都心の一等地に゛ビジネスに必要なオフィス機能がすべて揃う゛

打ち合わせやプレゼンのための会議室も常設しております。

CIMG7767
先の見えない、不安定な時代だからこそ

いまのうちからプライベートカンパニーを創りましょう!

株式・合同会社設立手続き、3,000円(外税)
ユナイテッド・オフィスなら各種法人設立、銀行口座開設もできます。


社会保障制度は崩壊。これからの生活基盤は自らで築く(ユナイテッド・オフィスnews)


 老人

社会保障制度は崩壊。これからの生活基盤は自らで築く。

少子高齢化・人口減少が加速する、確実に今よりひどい老後貧困化
◆年金
年金受給年齢も、現行の65歳以降から70歳、75歳以降へと繰り延べされ
現行受給者の半数が60歳以上ですが、1人世帯で10万円弱、夫婦2人世帯で20万円弱の支給額も、今後貧困者の激増が予想されますから、給付額は減らさざるを得ず、現行水準の半分程度にまで圧縮されるとの見通し。

◆医療費
15年の医療費(薬剤費含む)は40兆円でしたが、あと10年で50兆円超になり
現行の3割負担では到底賄えず、5~6割負担

◆介護保険制度
報酬総額も15年の10兆円(税金投入2.8兆円)が10年後には25兆円と増加。

夫婦2人で月19万円の年金、半分以下に削減か…受給開始年齢も75歳へ引き上げもhttp://biz-journal.jp/2016/08/post_16303.html

「『縮小ニッポン国』のサバイバル突破思考!」より

貧困
今からでも遅くはない、起業はしないまでも副業をはじめましょう。

IT通信ネット環境・アマゾンなどの物流機能が進歩している今日、個人でもやる気があればいくらでもビジネス、セカンドビジネスができる環境となっている。

たとえば、一人の自分をバーチャル経済圏(Web上)につくり、
通販などで稼ぐものひとつかもしれません。
リアルな自分は会社で稼ぎ、
もう一人の自分もバーチャル経済圏(Web上)Web上で稼いで、毎月口座にお金を振り込んでくれる。。。。ダブルインカムこんな話も夢物語ではない。


【経済備忘録】2016年40歳平均年収、上場企業約3600社を対象(ユナイテッド・オフィスnews)


2016年40歳平均年収、上場企業約3600社を対象

東洋経済オンラインは上場企業約3600社を対象に各社の

40歳社員の年収を推計。大台の1000万円突破は3600社中たったの42社。。。

しかもサラリーマンの賃金は年々、下がっている。年収2,000万超えは、

3600社中なんと1社のみ。(M&Aキャピタルパートナーズ 40歳年収2,451万円)

m_toyokeizai-126263

やはりサラリーマンでは金持ちになれない。

img_ae7b10d08b3acdd1a71e784fb04f11b2284037

http://toyokeizai.net/articles/-/126263

出典:東洋経済オンラインより

 

 

 

 


今が最悪ではなく、これから不況の入口に


今が最悪ではなく、これから不況の入口に

今や雇用、仕事自体が国境を越えてしまう。
今や仕事のライバルは国内だけではなく
世界中にいるまさに、これが「フラット化」の時代の現実。

o0800060011399573608

A、今や生産現場だけでなく
人事、総務、経理などのホワイトカラーの仕事を
中国にアウトソーシングする日本企業が急増しており、
2500社にも上っている。

ますます、進むグローバル化、フラット化へ移行する。
グローバル単位での競争、そして格差が形成されつつある。。。
こつこつまじめに働き、経験を積んでいけばそこそこ給料を稼げる時代は
終わった。

いまや、高い付加価値を生み出す社員以外は、高い給料を稼ぐのは難しい。
そうでないマニュアル化できる単純事務などは、
仕事は、海外へアウトソーシングか非正規労働者にとって代わる。

B、低賃金で働く外国人労働者も増加している。
(日本にいる外国人労働者登録数は06年末で208万人、10年前と比較して47%増加)
今後も規制緩和が進み、グローバル化、世界のフラット化が進む中にあって
ますます、格差の拡大・固定化が進む可能性がある。

065b00f327e36bbd29b2445e96f347c8

いまや、3人に1人が非正社員
総務省の「労働力調査」によると、
非正規の職員・従業員は1732万人と,1年前に比べ1万人増加,
割合は33.4%と0.2ポイント上昇

今が最悪ではなく、これからが不況の入口に向かうところだ
今年の8月の完全失業率は、
2年2ヵ月ぶりの高水準で4.2%
前年対比で23万人も増え、272万人を記録した。
一方、倒産件数は、
前年度対比で34.4%増の1,104件と激増。
10月以降の数字がこれより悪化することは、ほぼ間違えない。
このトレンドのなか、失業率が6%を超えたとしてもなんら不思議ではない。
失業率が6%だとすると、400万人以上が職を失うことになる。
(さらに、総務庁の労働調査で完全失業者の数値に入っていない非労働者のうち、
仕事をしたくても、職がない人が500万人弱いるという)

プライベート・カンパニーはユナイテッドオフイス
会社設立サービスオフィス、

バーチャルオフィス、貸会議室・コールセンターの

UNITED-Office


2 / 512345