Google渋谷へ2019年5月


Googleの日本法人が六本木から

渋谷へ移転。「ビジネスの匂い」に敏感な

ITベンチャーが再び渋谷に回帰する?

1990年代から2000年代初頭にかけてでしょうか。

渋谷はビットバレー(渋い谷)と呼ばれ、アメリカのシリコンバレーを模したIT産業の集積地として一躍脚光を浴びた時期がありました。

しかしその後、いわゆるITバブルが崩壊。

それと連動するかのように、渋谷というまちも、

なんとなく精彩を欠いていきます。

もともと渋谷は、都内有数のターミナル駅であるにもかかわらず、新宿や六本木などに比べ、大規模なオフィスビルが少なく、「既に大きく成長したIT企業」にはやや不向きな場所でした。

しかも、中小規模のオフィスビルであっても、賃料は高止まりといった感じで、渋谷は「強気なビルオーナー」が多いまち、とも言われています。

気鋭のITベンチャーは五反田方面へ逃げている、

なんて話もあったりしますね。

ただ、昨今は再び、この状況に変化が生じ始めました。

2019年5月、Googleの日本法人が六本木から渋谷へ

本社を移転します。

ユナイテッドオフィス渋谷

 

その背景には、渋谷を居城とする東急グループが、自らのホームタウン・渋谷の凋落傾向に歯止めをかけようと、言わば社運をかけて再開発に注力したという事情があるのですが、そこにGAFAの大規模なオフィスが移転するとなれば、その周辺では玉突き状に様々な影響が出てくるに違いありません。

「ビジネスの匂い」に敏感な気鋭のITベンチャーの中には、再び渋谷を目指す動きも出てくるでしょう。

もちろん、渋谷にオフィスを構えるというだけで、Googleから派生する恩恵にあずかれるというワケではありませんが、渋谷のまちには、Googleの空気感を持ったビジネスマンが大量に放出されるはず。

どこにどんなヒントやチャンスがあるか分かりませんよ。

IT系のビジネスで独立・起業しようという人は、

やはり渋谷のバーチャルオフィスがお勧めです。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

東京一等地のバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィス

 

 


コメントはこちら