バーチャルオフィス銀座で会社設立登記


バーチャルオフィス銀座で会社設立登記

 

 

ユナイテッドオフィスでは、東京都内のいろいろな場所でバーチャルオフィスを取り扱っており、ビジネスに便利な銀座や青山、虎ノ門から渋谷まで様々な場所でサービスを展開しています。バーチャルオフィスといっても、会社の所在地として法人登記をすることもできるので、会社設立当初のコストをかけることができない時期に、取引先から信用を得ることができる場所を会社所在地とすることが可能となります。銀座バーチャルオフィスでは、ユナイテッドオフィスから住所・電話番号のほか、FAX番号などを借り受けてもらうことができ、バーチャルオフィス宛に届いた郵便物も転送することができます。

また、バーチャルオフィスとはいっても、貸会議や打ち合わせを行うスペースを借りて、銀座などの一等地で取引先を商談を進めることもできるでしょう。

このサービスを利用する大きなメリットとしては、会社設立時の各種諸経費を大幅に安くすることができるという点が挙げられます。

通常は会社を設立する際には、オフィスを賃借することになり、銀座などの一等地ともなるとかなりの保証金が必要となってしまいます。場合によっては、月々の賃料の約6ヶ月から12ヶ月の保証金などが必要となるでしょう。さらに不動産仲介業者に対して、仲介手数料を支払うこととなりますが、オフィスビルの賃料の金額に対して報酬額が決定されるため、かなりの出費となってしまいます。その他、デスクや椅子、パソコンやインターネット回線なども用意しなければならないため、かなりの設備投資が必要となるでしょう。バーチャルオフィスの場合には、これらの諸経費が必要なくなり、月額数千円から利用することができるので、会社を設立する当初の時期にはかなり役立つものとなります。事業を始めた初期のころは、打ち合わせや会議なども頻繁に行われることはないので、必要な時にだけユナイテッドオフィスから会議室を借り入れることも効率的な利用といえます。



コメントはこちら