UNITED-Office のすべての投稿

バーチャルオフィスとコワーキングスペース


実は、バーチャルオフィスとコワーキングスペースを「使い分ける人」が

増えています。

近年、「バーチャルオフィス」と並び、「コワーキングスペース」というビジネスサービスが随分と認知されてきました。

カフェのような?洒落た空間に、感度の高いビジネスパーソンが集い、場合によっては会員どうしの交流から新たなビジネスが花開く。。。

多くの人がコワーキングスペースに持っている「ポジティブなイメージ」とは、おおよそこんな感じでしょう。

中には、法人登記等も可能な施設もあり、コワーキングスペースを「会社の住所」として表記している人も珍しくありません。

となると、私書箱や転送電話、貸し会議室の機能が中心の「バーチャルオフィス」は不要になるのでしょうか?

しかし実は、ユナイテッドオフィスの会員企業様の中には、コワーキングスペースも併用して利用している方が結構おられます。

なぜでしょうか?

確かにコワーキングスペースには、前述の「ポジティブなイメージ」が溢れています。

しかし、その空間がオープン過ぎる故に、秘密保持の問題や、場合によってはスペース内の厄介な人間関係?に巻き込まれるリスクだって無いワケではありません。

増して、自身の名刺やホームページに「会社所在地」として記載する住所が、オープンなカフェ?と一緒だとしたら、やはり躊躇してしまいますよね。

つまり、バーチャルオフィスとコワーキングスペースを併用している人は、普段出入りしているコワーキングスペースではなく、あえてバーチャルオフィスに登記し、住所を置いているのです。

ビジネス上の「公私」を分けている、と言ってよいかも知れませんね。

また、複数のビジネスを「複業」している人の中には、コワーキングスペースとバーチャルオフィスのそれぞれの長所を活かし、複数の会社やアドレスを「適材適所」で使い分ける人も珍しくありません。

バーチャルオフィスはもともと、防犯上の理由等を含め、「自宅兼事務所」をオープンにしたくない、といった理由から、「公私」をうまく分けることができるサービスとして注目されてきました。

今後は、これに加え、コワーキングスペースとの「公私分離」のため、あえてバーチャルオフィスを利用する人が増えそうです。

これからビジネスを始めようという人も、既にコワーキングスペースで走り出した人も、バーチャルオフィスにマイカンパニーを置くことをお勧めします。

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

バーチャルオフィス東京ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス東京一等地で会社設立登記


バーチャルオフィス東京一等地で

会社設立登記

人生100年時代

終身雇用完全崩壊。年金制度崩壊。

昨今話題となった、トヨタ自動車が

豊田社長は「今の日本をみていると、雇用をずっと続けている企業へのインセンティブがあまりない」と指摘した。

背景にあるのは、グローバルでの競争の厳しさ。国境や業種を越える競争が激しくなるなか、日本企業は労働者に優しいとされる「日本型雇用」との向き合い方を模索せざるを得なくなっている。

要は、終身雇用は難しくなっている、と言っている

あの時価総額21兆円のトヨタでさえ、終身雇用は難しいと宣言したのだから

つづく企業も続出し、労働に関する法改正もあるかもしれません。

バーチャルオフィス東京会社設立登記

 

年金制度崩壊。老後は夫婦で2000万円は必要

金融庁の金融審議会は3日、長寿化による「人生100年時代」に

備え、計画的な資産形成を促す報告書をまとめた。年金だけでは老後の資金を賄えず、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要になると試算した。要は貯蓄がない人は死ぬまで働け、と言っているようなもの

このような時代は、国に頼らず企業にも依存せず、

自らで稼ぐ力をつけなければなりません。

Wワーク、副業も認める企業も増えてきているなかで

セカンドキャリアのための準備を今から始めても遅くはありません。

バーチャルオフィス会社設立登記

東京都心一等地のバーチャルオフィスで

月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営ができました。

東京一等地にある

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、西新宿といった東京一等地に拠点を持つことができ、

フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

バーチャルオフィス東京ユナイテッドオフィス
  • ユナイテッドオフィスは、実績15年というバーチャルオフィス、レンタルオフィスの企業としては老舗。港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷、西新宿といった東京一等地での拠点で、貸会議室も1時間あたり1,000円といったリーズナブルな利用金低で利用ができる。郵便物の週1回の転送がついて、月額3,150円というプランで、法人登記の料金が含まれているのはたしかにお得だ。 (比較ナビ・取材調査担当:松本)

あのトヨタでも終身雇用終了


あのトヨタでも終身雇用終了

人生100年時代、サラリーマンの「寿命」はより短命に。

先日、日本を代表する30兆円企業・トヨタの社長が「この先、終身雇用の維持は難しい」といった趣旨の発言をしました。トヨタと言えば昨年、60歳の定年後に再雇用した技術系社員の給与水準を改善し、「実質65歳定年を目指す」という方針を明らかにしていただけに、今回の発言は大きな波紋を呼んでいます。

ただ、韓国の某世界的大手電気メーカーも実質45歳定年制で知られていますし、日本でも某大手情報会社が40歳くらいまでに社員が「独立起業」する前提で雇用している例はありました。その某大手情報会社については、50歳近くになって「社員」のままでいる人は、出世コースに勝ち残った人ではなく、むしろ「落ちこぼれ」の扱いを受けるとさえ言われています。

ただ、あのトヨタでさえ、この先終身雇用は難しい、と言っているくらいですから、大手企業と言えども、この先、実質45歳定年制が当たり前になるのかも知れません。

生涯1つの会社にしがみつこうという人には、厳しい時代になりそうですね。

しかし、考えてもみて下さい。

某大手情報会社の「卒業生」には、随分と元気な人が多かったりします。

もちろん、どんなビジネスであれ、独立起業し、それを維持・継続させることは簡単ではありません。それでも、サラリーマン時代から独立「起業する前提」で日常の業務をこなしてきた人は、問題意識や思考力、さらには行動力が違います。

こうした人たちにとってサラリーマンの期間は、言わば独立起業するための研修期間?だったことでしょう。中には、サラリーマンを「引退」する前から用意周到に「会社」を準備していた人も少なくないはず。

用意周到に「会社」を準備。。。

何も、それができるのは大手企業の現役社員に限りません。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスならば、

予め低コストで「会社」を設立しておくもことも可能です。

人生100年時代、サラリーマンの「寿命」がより短命になる中、まずは「副業」や「複業」から挑戦してみては如何でしょうか。

東京都心で展開するユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

いまからでも遅くはありません

セカンドキャリアを考えるなら

東京一等地のバーチャルオフィス、ユナイテッドオフィスで

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

#バーチャルオフィス東京で会社登記する


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス東京で会社設立登記

法人化の2台メリット「所得分散」「給与所得控除」

個人では所得が増えると、累進課税により、実効税率が上がって

負担税率が増加いたします。

その所得を分散することで、1人あたりの実効税率を低くすることも

法人化の大きなメリット。

自分の配偶者や家族を役員もしくは社員として給料を支払い

所得分散することも法人であれば可能となります。

所得の圧縮効果が大きいのが「給与所得控除」

個人では、収益不動産所得がそのまま課税所得になりますが

法人化による役員報酬、給与支払いというかたちで自動的に

「給与所得控除」が受けられます。

会社設立登記ナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

東京都心一等地の住所で法人登記のできる

バーチャルオフィスは、ユナイテッドオフィス。

東京一等地、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、西新宿など都心の一等地で法人登記ができる

バーチャルオフィスはユナイテッドオフィスです。ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

バーチャルオフィス東京

 


東京都心で会社設立登記


会社設立登記にあたり必要となるもの

代表取締になられる方
① 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)
② ご実印
③ 身分証明書写し(運転免許など)

取締役になられる方
④ 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)

資本金をお振り込みいただいた通帳のコピー 
資本金については、既存の個人通帳に、
今回の資本金額ぴったりでの「入金履歴」が必要となります。
前後の入出金及び残高はまったく関係ございません。
振込名義は現金預け入れでも、別通帳からでも構いませんが、
できましたら他人名義でのお振込は避けた方がよろしいかと思います。

支店登記の場合には、
対象となる法人の全部履歴事項(登記簿謄本) (3ヶ月以内)1通
 
法人(会社)用の印鑑
印 鑑(登録用・会社実印として)
銀行印
の2つの印鑑が必要となります。

最近増えている、自分会社、

いわゆるプライベートカンパニーで不動産投資

たとえば、他の事業をしている会社が赤字で、不動産管理をしている

会社が黒字の場合、他の事業の赤字を利益の出ている不動産管理会社と

損益通算することにより、節税効果とキャッシュフローが期待できます。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷区渋谷、
新宿区西新宿などにおいて法人登記を行うことができる
バーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら
東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記、銀行口座開設もできます。

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、
事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを最小限に抑えること
ができますので、広告宣伝費など収益費用に回すことができます。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

電話秘書プランであれば20コールまでは無料で利用
することができ、会社設立登記プランなら株式会社、合同会社設立登記
申請書類作成から登記申請まで3,000円(※1)で利用することが可能です。
たとえば株式会社、株式会社設立登記なら、ご自分で登記申請されるより、
ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの東京一等地のバーチャルオフィス

駅近の貸会議室が1時間1000円で利用できます。
会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150円(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなり
コストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス東京一等地の各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷、新宿区西新宿西新宿などの東京都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスや
通信販、テレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広
分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は
名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立
法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。
メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。
貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオ
フィスであっても東京一等地の駅近くには貸会議室がありますので
クライアントへのご案内も便利です。

https://united-office.com/

 東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記するには、ユナイテッドオフィスなら実績15年で安心してご利用ができます


東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記する


東京一等地の

バーチャルオフィス

会社設立登記する。

法人設立登記手続きの流れ

商号を決める

漢字、ひらがな、アルファベットが利用できます。

会社名はその事業に対して実現したい想いを込めた名にすると

より強く伝わります。

本店所在地

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京都心の所在地で

登記もできます。所轄税務署は本店所在地を管轄する税務署となります。

事業目的

本業のほか、将来事業を行うことと想定される事業も記載いたします。たとえば、届け出が必要な古物商であるとか、具体的に記載する必要があれます。

資本金

基本的に1円からできますが、銀行口座開設など事業を本格的に行うのであれば、それに見合う資本金の準備は必要となります。

発起人

最低1人は必要です。

株式譲渡制限

定款に当会社の株式譲渡する場合には、取締役会(取締役会のない場合には、株主総会)の承認を受けなければなりません。

という趣旨の規定を設定することをいいます。

取締役

会社経営を実質的に行う経営者です。

取締役設置会社と3名以上必要ですが

取締役会非設置会社は1名でも可能です。

事業年度

法人の決算月(事業年度)

何年何月何日から何年何月何日と定めます。

定款作成

定款とは、会社の目的や組織など会社の運営に関する基本

事項を定めたもので、法人設立の場合には必ず定めなければなりません。絶対的記載事項として定款に必ず記載する事項は次の通り。

事業目的(事業内容)、商号(社名)、本店所在地

設立に関して出資される財産の価格または最低価格

発起人の住所・氏名

会社設立、登記申請から登記完了まで

設立までの期間

登記の完了まで約10日から2週間

登記申請した日が設立の日となります。

登記完了すると定款の写しや登記事項証明書を発行する

ことができます。

通常、司法書士に登記業務を依頼すると約25万円かかります。

内訳)定款認証費用 5万2千円、登録免許税最低15万円(資本金による)司法書士報酬4万円から8万円

ユナイテッドオフィスなら報酬は3,000円

(ただし、テレボックスⅠプラン12ヶ月前納の場合)

法人設立後の届出

法人設立・設置届出書

を税務署に設立の日から2ヶ月以内に提出しなければなりません。

届出の際には、定款の写しや登記事項証明書を添付いたします。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷区渋谷、西新宿などにおいて法人登記を行うことができるバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記できます。

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。たとえば

株式会社、株式会社設立なら、ご自分で登記申請されるより、ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの

東京一等地のバーチャルオフィス

駅近の貸会議室が1時間1000円で利用できます。

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)と

リーズナブルな料金でご利用することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなりコストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス東京各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷

西新宿などの東京都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても東京一等地の駅近くには貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

東京一等地のバーチャルオフィスで

会社設立登記するには、

ユナイテッドオフィスなら実績15年で

安心してご利用ができます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 


東京一等地バーチャルオフィスで会社設立登記


東京一等地バーチャルオフィスで

会社設立登記

東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記しょう!

法人化すれば、経費は貯蓄へと変わる

個人の場合、事業をやめてリタイアしようと考えても、

退職金というものがありません。

家族を専従者として退職金を支給したとしても、経費とは認められません。

これが、会社を設立して法人とすると、退職金も不当に高額でなければ

経費として認められます。

また、連鎖倒産を防ぐために資金供給を受けられる点も、個人とは違います。

法人能美が加入できるセフティネットを活用するときに、とても有利な制度として「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」が運営する中小企業向けの共済制度。この掛け金は、法人であれば全額必要経費として計上できます。

例)毎月共済金掛け金 月額5万円×12ヶ月=60万円 全額計上

東京都心一のバーチャルオフィスで

ユナイテッドオフィス会社を

設立登記しました。

ユナイテッドオフィスであれば

東京一等地バーチャルオフィスに

会社設立登記ができ、

法人での銀行口座開設も可能です。

会社設立登記をユナイテッドオフィスの東京一等地にある

バーチャルオフィスでするメリットとしては通常の賃貸オフィスの

賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

月額わずか3,150(外税)からの費用で、東京一等地にあるバーチャルオフィスで、会社設立登記ができ法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすることなく会社運営ができます。

また、便利なのは、取引先の打ち合わせなどは

東京都心にあるバーチャルオフィスの所在地に

貸会議室があり、1時間あたり1,000円(外税)でご利用いただけます。

使いたい時に使いたい時だけ利用する、賢い方法かもしれません。

 

 

 

 

 

ユナイテッドオフィスなら、

東京一等地バーチャルオフィスで中央区銀座、日本橋、港区南青山、

虎ノ門、渋谷区渋谷の各拠点に貸会議室があるます。

ユナイテッドオフィスの銀座オフィス会員でも他のオフィスの

貸会議室を利用することができるので、さらに便利です。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京都心のバーチャルオフィスなら

実績15年の安心できるユナイテッドオフィスへ


東京一等地のバーチャルオフィスで登記


東京一等地のバーチャルオフィスで

会社設立登記

個人では利用できない、法人でのタックスメリット

入ってくるお金を最大化させる。

法人化のメリット

個人では、所得か増えると累進課税により実効税率が上がって

負担税率が増税いたします。

法人であれば

所得を分散することで、1人当たりの実効税率を低く抑えることができます。

自分の家族、配偶者を役員、社員にして、給与を払うことは法人であれば

可能です。

東京一等地にあるユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスで

プライベートカンパニーを立ち上げよう。

「プライベートカンパニー」と聞くと、多くの人は、「お金持ち」が資産管理のために設立する「節税対策の会社」と思われるかも知れません。

しかし昨今では、このプライベートカンパニー、必ずしも「お金持ち」の専売特許ではなくなってきました。

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスの

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

東京都心一等地のバーチャルオフィスで

月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営ができました。

15年の実績の安心とスタッフの対応の良さ、そして

バーチャルオフィスであっても法人での銀行口座開設も

ユナイテッドオフィスならできました。

やはり、一度会社設立登記も住所利用してしまうと

そうそう簡単に変更するのは面倒なので慎重になりましたが

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用して

5年になりますが、正解でした。

東京一等地にある

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります

ユナイテッドオフィスなら

東京一等地にあるバーチャルオフィスで

会社登記むができます。

実績15年だから安心してご利用できます。

https://united-office.com/

バーチャルオフィス東京


東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは東京一等地にある。

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業やプライベートカンパニー、不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

もう、年金や国、企業には頼れない時代です。いまからでも自分のビジネスを持った方がかもしれません。

東京一等地で展開するバーチャルオフィスのユナイテッドオフィス

 バーチャルオフィス、東京にあるオフィス

■ユナイテッドオフィス銀座オフィス

中央区銀座は、ブランド旗艦店flagship shopが立ち並ぶ世界的名所。

東京都中央区銀座6丁目  銀座ウォールビル

https://united-office.com/ginza.htmlル

 ■ユナイテッドオフィス日本橋

江戸の粋”そんな言葉が似合う街・東京日本橋

東京都中央区日本橋2丁目 日本橋リッシュビル

https://united-office.com/nippombashi.html

■ユナイテッドオフィス南青山

港区南青山は、高級マンションや大使館、神宮外苑など緑にあふれたおしゃな街。

東京都南青山2丁目 ウィン青山ビル

https://united-office.com/aoyama.html

 ■ユナイテッドオフィス虎ノ門

国会議事堂や省庁の集まる街、虎ノ門。

東京都虎ノ門1丁目 虎ノ門ラポートビル

https://united-office.com/Toranomon.html

 ■ユナイテッドオフィス渋谷

多くの人が集まり交差する街、渋谷

東京都渋谷区渋谷3丁目 YAZAWAビル

https://united-office.com/Shibuya.html

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京一等地のバーチャルオフィスはユナイテッドオフィス


株式会社か合同会社か比較


株式会社か合同会社か比較

株式会社は株主が出資して取締役が経営を行うごとで

出資と経営が分離している。

合同会社は出資者と経営が分離しておらず、出資者でなければ役員になれない

ため、出資した人が経営を行いことになります。

会社設立費用

株式会社であれば定款認証と登録免許税合わせて約20万円

合同会社は定款認証費用がかからず、登録免許税6万円で設立可能

役員(株式会社の場合、社員(合同会社の場合)

株式会社の場合は取締役の任期があり、原則、取締役は2年、監査役は4年

とされており、定款で定めれば最長10年まで延長できる。

任期到来した場合、あらためて重任登記が必要となり、登録免許税がかかります。

資本金増資

株式会社は資本増資する場合、最低でもその資本金額の半分の50%を資本金、

残りを資本準備金にする必要があります。

合同会社の場合は増資する金額のうち、いくらを資本金に充当するか自由に

決められる。

そのため、全額を資本余剰金にすれば登記の必要がなく処理ができ費用もかからない。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでプライベート会社設立登記

会社設立をユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

最近増えている、自分会社、いわゆるプライベートカンパニー。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

15年の実績の安心とスタッフの対応の良さ、そしてバーチャルオフィスであっても法人での銀行口座開設もユナイテッドオフィスならできました。

プライベートカンパニー会社設立は

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス東京一等地で登記


バーチャルオフィス東京一等地


バーチャルオフィスで「ヒュッゲ(huygge)」な人生を。

日本では2016年あたりからでしょうか。

北欧・デンマーク発祥の「ヒュッゲ(huygge)」というコトバが、なんだかちょっと高貴で洒落た行為の代名詞のように語られるようになりました。

このの「ヒュッゲ(huygge)」、何を意味しているコトバなのかと言うと、非常に分かり難い概念なのですが、分かりやすい例で言えば、「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らうこと」といったところでしょうか。

日常の中で「些細な幸せ」を堪能する行為、もしくはその知恵と言ってもよいかも知れません。

ただ、この「ヒュッゲ」というコトバも、話題になるにつれ、かつての「ロハス」や「エシカル」がそうであったように、そのコトバが本来意味していた崇高な理念?のようなものからかけ離れ、インテリアだとか器だとか、カタチから入る「消費経済」に飲み込まれてしまっている感じがします。

しかし、日常の中で「些細な幸せ」を堪能するという点では、バーチャルオフィスに通じるものを感じたりもしました。

バーチャルオフィスが本質的・最終的に提供しているサービスは、アドレスや物理的空間、情報通信機能ではなく「自由」です。

それは既存組織の束縛からの自由かもしれませんし、時間的・経済的な自由、やりがいや自己肯定間を得る自由かも知れません。

「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らう」自由を求めて起業する人だって、少なくないかも知れませんね。

「ヒュッゲ(huygge)」な人生を送るために、低コストなバーチャルオフィスで起業する、なんてのもアリでしょう。

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 

バーチャルオフィスは

東京都心一等地で実績15年の

ユナイテッドオフィスへ


複業から起業へ


起業するには、

「副業」よりも「複業」の発想を。

ご承知のとおり、日本では近年、社員の「副業」を認める企業がにわかに増えてきました。

バーチャルオフィス副業

悪く言えば「これ以上給料は出せないから、自分で稼げ」とも受け取れますが、良く言えば「外で稼いでもかまわないから、そこで習得したスキルや人脈を会社にフィードバックしろ」とも受け取れます。

前者はいわゆる「副業」。

本業とは全く連動しないところで、「とりあえず稼ぐ」という発想です。

将来的な独立を目指すにしても、ある意味、アルバイトに近い感覚と言えるでしょう。

後者はいわゆる「複業」。

サラリーマンでありながら、半ば独立自営のような状態ですよね。

当然、本業の会社から「公認」を得る必要はありますが、本業との「相乗効果ありき」が前提なので、「副業」よりも堂々と?できます。

場合によっては、収入が本業と「逆転」することだってあり得るでしょう。

となると、後者=複業については、いっそのこと独立・起業してみることをお勧めしたくなります。

ある意味、自身のスキルや人脈などを、自身が所属する会社を含め、「複数の会社に売る」ワケですから。

もちろん、それぞれの会社には企業秘密というものがありますし、顧客の個人情報だって、勝手に「共有」することはできません。

しかしその一方で、全く関係ないと思っていた業種にも、実は本業への大きなヒントがあったりもします。

むしろ、「稼ぎ頭」のビジネスモデルが短時間で大きく変化する現代では、複数の生業を重ねることで初めてリスクを回避でき、次なる発展への芽が出ると考える方が自然ではないでしょうか。

しかしそれでも、サラリーマンのままでは、来るべき「稼ぎ頭」を自由に選ぶことは難しいでしょう。

起業した会社を順調に成長させることは、決して簡単ではありませんが、チャンスはいつどんなタイミングでやってくるか分かりません。

そのときのための「受け皿」となるご自身の会社は、早めに設立しておいて損は無いと思います。

東京都心一等地で展開する

ユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

 

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

バーチャルオフィスは

東京一等地の

ユナイテッドオフィスへ

 


バーチャルオフィスで会社設立登記


バーチャルオフィスで会社設立

とくに不動産保有会社を設立は

節税メリットが大きくお勧めいたします。

給与を家族に支払って所得分散でき、自身も法人から

給料をもらうことで給与所得控除ができます。

同じ不動産収益でも個人と法人とでは税引き後の

キャッフローが大きく違います。

個人での不動産収益税制は強化され、平成15年までは

個人の給与所得と損益通算が可能できましたが現在は

できません。

一方で法人税制は緩和が進んでいます。

その利用は少子高齢が進む日本で中長期に税制を

確保するために海外からの投資を誘導して

国内の経済を活性化する目的があるからです。

法人への課税緩和への傾向でキャッシュフローを最大化す

るために、不動産保有法人を設立することを

お勧めいたします。

 

 

 

 

 

会社設立をユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

最近増えている、自分会社、

いわゆるプライベートカンパニー。

たとえば、カフェ事業をしている会社が赤字で不動産管理をしている会社が黒字の場合、

カフェ事業の赤字を利益の出ている不動産管理会社と損益通算することにより、

節税効果とキャッシュフローが期待できます。

https://united-office.com/

節税対策のための会社設立は

東京一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィスへ


ユナイテッドオフィスからのお知らせ


今さらですが、「誰でも簡単に儲かる」なんて話は、「絶対」にありません。

今さら「うんざり」する話ですが、ネット上やSNSでは、「誰でも簡単に儲かる」系の広告や書き込みが少なくありません。中には、わざわざご丁寧に札束や通帳の写真を掲載し、不特定多数の人に向け、「一生懸命」情報を拡散している人も居たりして、本当に「お疲れ様」といった感じです(笑)。しかも、「誰でも簡単に儲かる」と言っているビジネスは、こうした「札束の写真素材」を販売するビジネスだったり

もちろん、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスに入会し、健全なビジネスを立ち上げようという人の中には、こんな稚拙な手口に引っかかる人は1人も居ないでしょう。

しかし世の中には、見ず知らずの不特定多数の人に「誰でも簡単に儲かる」というおいしいビジネスをタダで伝授(もちろん、タダなんてことはありません)するという「矛盾だらけの行為」に、何ら疑問を持たない人もおられるようです。

実際、インターネットやSNSが普及する遥か以前から、この種の「誰でも簡単に儲かる」系の怪しい勧誘ビジネスは沢山存在しました。

情報伝達の手段が変わっただけで、昔から謳い文句は殆ど変わっていません。

本当に「今さら」ですが、そんな「誰でも簡単に儲かる」系の広告を真に受けている暇があったら、ご自身の創意工夫で社会に貢献するビジネスを1から立ち上げた方が、よほど「確実」に儲かります(笑)。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

 

バーチャルオフィスは東京一等地にあるユナイテッドオフィス


アドレスホッパー、東京一等地バーチャルオフィス


「アドレスホッパー」よりも、

「バーチャルオフィス」で自身の確固たるビジネスを。

昨今、「アドレスホッパー」と呼ばれる若い人たちが話題になっています。

仕事をしながらも、特定の「住所」を持たず、先輩や友人宅、短期滞在のシェアハウスなどを転々とするライフスタイルのことらしいのですが、さすがにこれは賛否両論のようですね。

確かに、情報通信技術の発達により、自宅やサテライトオフィス、旅先のコワーキングスペースなどを転々としながら「勤務」することが可能な会社や業態は増えています。

また昨今では、リゾートテレワークなどと銘打って、こうした人たちを積極的に呼び込もうという自治体も少なくありません。

自治体からすれば、何かとハードルの高い「移住者」を募集するよりも、その一歩手前で「関係人口」を増やす方が得策、という事情もあるでしょう。

しかし、「アドレスホッパー」と言うと、なんだかカッコよく思えますが、一歩間違えば、「住所不定」「ホームレス」です。

そもそも「特定の住所を持たない」とは言っても、「住民票」はどこかに置く必要はありますし、「住所不定」では社会保険や携帯電話の契約などもおぼつきません。

仮に実家などに「住民票」を置くにしても、その自治体が「住んでいる実態が無い」と判断すれば、住民票の剥奪なんてことも現実問題としてありえます。

もちろん、「アドレスホッパー」になることは自由ですし、仕事やら納税やらをきっちりとこなし、社会に貢献しているのなら、とやかく言うことではないでしょう。

https://united-office.com/

一方、個人ではなく法人ではどうでしょうか?

当然のことですが、たとえ資本金1円の1人会社であっても、どこかに必ず「登記」しなければなりません。

「住所不定の会社」なんて誰も信用しませんよね。

実は、ユナイテッドオフィスの会員企業様の中にも、世界中を転々としている人が結構おられます。

もちろん、転々としているとは言っても、決して「住所不定」ではありません。

あくまでも、本籍地があってのノマドワーカーです。

会社の住所はユナイテッドオフィスに置き、自身は世界中で自由にのびのびとビジネスにいそしむ姿は、ある種、理想的な働き方・生き方のようにも思えます。

一応、念のためお伝えしておきますが、ユナイテッドオフィスでご提供しているのは、あくまでも会社の住所・登記の住所です。

住民票は置けませんのでご注意を。

東京都心で展開する

ナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

 

東京都心一等地のバーチャルオフィスは

実績のあるユナイテッドオフィスへ


3 / 1412345...10...最後 »