月別アーカイブ: 2019年10月

バーチャルオフィス活用するメリット一覧


バーチャルオフィス活用するメリット

固定費を大幅に削減して

自由自在のライフワークを実現する

起業、会社を運営していくうえで、特にオフィス事務所の月額賃料

はかなりの固定費の負担が大きい。

 

それをユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスでゆとりのあるビジネスライフを実現する。

初期の費用として通常、保証金(月額賃料の最低6ヶ月から12ヶ月)と 仲介手数料、オフィス設備(デスク、ファックス、電話などの通信機器、 ファックスなどの複合機)の費用と、毎月かかるコスト(固定費および変動費) として、オフィス賃料・光熱費・リース代、その他、電話対応スタッフ給料などのかなりの大きな費用の負担がかかります。このコストを大幅に削減したいという問題は、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解消いたします。

ご自宅に居ながら、

あたかも都心のオフィスに居るような感覚です。

ユナイテッドオフィスから各拠点オフィス住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は国内のご自宅や地方、海外などに転送し、先方イアントからかかってきた電話については、ボイスワープ(転送電話)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。

会社設立登記もできるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷、新宿区西新宿の東京都心の一等地の住所で、株式会社や合同会社などの法人会社設立登記ができるバーチャルオフィスとしてご利用いただけます。 起業はもちろん

在宅ワーク、各種法人設立、通販、副業、個人事業などのフリーランス拠点として、また、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、

その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしても

ご利用いただけます。

法人の銀行口座開設ができるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば バーチャルオフィスであっても、都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。

 東京一等地のバーチャルオフィス一覧

ユナイテッドオフィス、バーチャルオフィス各拠点

渋谷区エリア

バーチャルオフィス渋谷ユナイテッドオフィス

港区エリア

バーチャルオフィス南青山、表参道ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス虎ノ門ユナイテッドオフィス

中央区エリア

バーチャルオフィス銀座

バーチャルオフィス東京日本橋

新宿区エリア

バーチャルオフィス西新宿

 などの都心の一等地のユナイテッドオフィスバーチャルオフィスに拠点を設置することができ、

士業、ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが利用しています。

また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、

また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や

法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。

各拠点オフィスへ届いた郵便はヤマトメール便や宅配便・書留などの

受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても

東京都心一等地にあるユナイテッドオフィスの各オフィスの拠点には、

1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある
ユナイテッドオフィス

 


バーチャルオフィスで副業のすすめ、副業を認めている企業はなんと50%


バーチャルオフィスで副業のすすめ

副業を認めている企業はなんと50%

昨年時点で副業を全面的または条件付きで認めている企業はなんと50%

約半分の企業が副業を公認している。

すでに大企業ではソフトバンクやロート製薬、サイポーズなどが解禁、

今年にはいって

カゴメやみずほファイナンシャルなどが副業解禁を表明。

今後はこの副業解禁の傾向が高まる。

また、調査時点では副業経験者が20%ほどだが今後はその傾向も急速する。

なぜなら、

業界団体のトップトヨタの豊田社長も

終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」など

と述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示しました。

一方、中途や派遣の社員が増えているとして、

「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べました。

終身雇用を巡っては、経団連の中西宏明会長も

「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言しています。

このような社会の趨勢から、今後、企業として雇用は守れないので

「自ら稼ぐ力」を副業で今のうちから身につけろ、暗黙に啓示しているのかもしれません。バーチャルオフィス副業

 

副業はユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスがお勧めです。

東京一等地のバーチャルオフィスの

ユナイテッドオフィス各拠点

渋谷区エリア

バーチャルオフィス渋谷ユナイテッドオフィス

港区エリア

バーチャルオフィス南青山、表参道ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス虎ノ門ユナイテッドオフィス

中央区エリア

バーチャルオフィス銀座

バーチャルオフィス東京日本橋

などの都心の一等地のユナイテッドオフィスバーチャルオフィスに

拠点を設置することができ、

https://united-office.com/

ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが

利用しています。

また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は

名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、

また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や

法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。

各拠点オフィスへ届いた郵便はヤマトメール便や宅配便・書留などの

受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても

東京都心一等地にある各オフィスの拠点には、

1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある

ユナイテッドオフィス

 


キャッシュをストックする。


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

キャッシュをストックする、

キャッシュ イズ キング

できるだけ不要なものは持たず、現金化できるものは現金化する。

たとえば、貸借対照表BSの資産の部については、キャッシュ以外をできるだけ圧縮したり、売掛金を早く回収したり、不要な在庫を持たないようにして棚卸資産を圧縮といった方法が考えられます。

また、できるだけ負債や純資産の部を増やすことによって

もキャッシュ(現金)の確保が図れます。

買掛金の支払いをできるだけのばす、銀行から借り入れをする、

一般に企業はキャッシュがあっても手形を支払いにあて

支払いを後回しにしてキャッシュフローに余裕を持たせています。

キャッシュ イズ キング

経営においてはキャッフロー管理が極めて重要となります。

できるだけ不要なものは持たず、オフィス事務所など固定費を圧縮して、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

へ切り替えて

利益を確保するほうが、これからの変化の多き時代には有効だと思います。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京一等地のバーチャルオフィスのユナイテッドオフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、

中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地のバーチャルオフィスに

拠点を設置することができ、

ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトメール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある

ユナイテッドオフィス


バーチャルオフィスとは


野村不動産が10名未満

「小規模企業」向けオフィスを展開。

そこはバーチャルオフィスとは似て非なる?世界か。

先日、大手不動産会社の野村不動産が、従業員10名未満の企業向けサービスオフィスの新ブランドを立ち上げ、その第一弾となる物件を東京・日本橋にオープンすると発表しました。

同社によると、従業員10名未満の小規模企業は全国で30万社以上あり、全企業の約8割を占めていますが、成長の初期段階にある小規模企業がフレキシブルで快適に活用できるオフィスは、需要が高まっているにもかかわらず、供給が不足しているとのこと。

大手の不動産会社が手がけるオフィスビルと言えば、一定規模以上の企業しか相手にしない、といったイメージが強かっただけに、ある意味、時代の流れを感じます。

ただ、こちらの新ブランドのオフィス、様々な新しい技術を導入してはいるようなのですが、よくよく見ると、フロントサービスや共用の会議室を完備している点など、外資系を中心とする既存のサービスオフィスと大差ありません。

賃料も恐らく安くはないでしょう。

また、従業員10名未満の小規模企業とひとくくりにしていますが、既に従業員を5人や10人「雇用」している企業は、小規模とは言っても十分、「立派」な会社です。

1人や2人で立ち上げたばかりのスタートアップ企業のうち、こうした「立派」な会社にまで成長できる例は、実は驚くほど少ないという現実をご存知でしょうか?現実問題として、バーチャルオフィスで起業した人のうち、この種のオフィスに「栄転」できる人や会社は、ほんの一握りです。

いきなり夢の無い話をして申しわけありませんが、だからと言ってバーチャルオフィスの利用を卑下するつもりは毛頭ありません。

むしろ、バーチャルオフィスで1人起業し、組織に縛られず、「悠々自適」に自己実現している人を見ると、5人~10人規模の「逃げ場の無い組織」に成長した企業が、起業者にとって本当に幸福なのか、疑問さえ感じることがあります。

これは、10人近い社員を抱えた、WEB制作会社の社長さんのつぶやきです。

「受注が増えて規模が拡大し、収入も増えたが、今や、組織を維持し、社員を食わせるために働いている状態。。。」

まあ、ある意味、うらやましい嘆きではあります。

しかし、そこまで会社が成長できるか否かは別として、とりあえず第一歩を踏み出さないことには、何も始まりません。まずはバーチャルオフィスで起業してみては如何でしょうか。

東京一等地ので展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京都心

 https://united-office.com/

https://united-office.com/

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。