月別アーカイブ: 2019年9月

シェアオフィス市場


 

ソフトバンクが100億ドルを出資した

コワーキングオフィス

 

「ウィーワーク」が失速する必然性。

 

 アメリカの大手コワーキングオフィスチェーン「ウィーワーク」がなんだか、大変なことになっていますね。

 

ウィーワークと言えば、ソフトバンクが100億ドルを出資、東京の著名なビルに次々とコワーキングオフィスをオープンしていたので、近年、日本でも大いに話題になっていました。

 コワーキングオフィスと言えば、テレワークの普及やノマドワーカーの増加、或いは「働き方改革」といった波にも乗り、成長著しい(とされている)業態です。

 

 当然、鳴り物入り?で日本に上陸したウィーワークも、予定どおりアメリカ本国で上場できるものと思われていたことでしょう。

 

 しかし、巨額の赤字が膨らみ、投資家からは高コスト体質などを批判され、9月に予定されていた上場は延期。CEOも退いています。

 

 もちろん、ウィーワークはいわゆる「ユニコーン企業」ですから、投資家にとって創業時の巨額な赤字はいわば先行投資。

 

しかしこのままでは、上場はおろか、回収すら危うい状況です。

 

 ではなぜ、こんな事態に陥ってしまったのでしょうか?

 

 その理由は2つ考えられます。

 

 1つめは、本来提供すべきサービスの「本質」がズレていたという点。

 

確かに、著名なビルに広いフロアを確保したオフィスは魅力的でしょう。

 

しかし、ハコモノにもマンパワーにもコストをかけすぎ、「ローコストでの起業」という、多くの人が望む姿からは乖離してしまいました。

 

コワーキングスペースでは、ワーカーどうしの交流が生まれ、それが新たなビジネスを生む、なんて言っても、現実はそんなに甘くはありませんよ(笑)。

 

 2つめは、ウィーワークに限ったことではありませんが、多くのユニコーン企業同様、そのビジョンが甚だしい「大風呂敷」だったという点。

 

実際のところ、コワーキングオフィスという業態は、革新的な技術があるワケではなく、基本的には不動産業の延長でしかありません。

 

既に多くの人が指摘しているとおり、ウィーワークのビジネスモデルは、事業そのものを拡大させ、収益を上げていくためのビジョンというよりは、大風呂敷を広げ、投資家から資金を引っ張り出すためだけのビジョンに成り下がっている印象は拭えないでしょう。

誤解の無いように言っておきますが、コワーキングオフィスそのものがズレているだとか、大風呂敷だとか言っているのではありません。

 

本来提供すべきサービスの「本質」を間違えなければ、まだまだ開拓の余地が大きい業態だとは思います。

 

その点、ユナイテッドオフィスは、いわゆるコワーキングオフィスではありませんが、これまでに約3,000社以上の会員様にご利用頂いております。

なおユナイテッドオフィスは、お蔭様で、投資家から資金を引っ張り出さなくても十分に安定的な経営を続けていますのでご安心下さい。


 

 

京都心で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、東京駅などの都心の一等地に拠点や法人登記を設置することができ、ノマドワークやテレワーク

また、複業や不動産管理会社のど会社設立など

幅広くご利用されております。、ユナイテッドオフィスの各拠点バーチャルオフィスの都心一等地の住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、各種社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトメール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。都心一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィス

 

 

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 


赤字続きのウィーワーク撤退か


赤字続きのウィーワーク撤退か

 

 

 

 

赤字続きのシェアオフィスWeWork。上場どころか赤字がさらに拡大する前に撤退しかないだろう。リージャーズに続き撤退も時間の問題。巨額資金があっても経営能力に欠けるからかもしれない。

オフィスは綺麗だが、利用料金は高くサービスはイマイチ。

ソフトバンクが巨額資金を投入して支援しているものの、日本からの撤退もリージャーズに続き時間の問題かもしれません。

WeWork、ニューマンCEO辞任 

赤字脱却の道筋見えず

ウィーは16日に、9月中旬に予定していた新規株式公開(IPO)の延期を発表。投資家から企業統治や赤字脱却への道筋が見えないまま事業拡大を進める経営戦略を疑問視する声があがっておりニューマン氏に対する辞任の圧力が強まっていた。米メディアは、大株主のソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長がニューマン氏のCEO職退任の要求を主導していると報じていた。(出典:日経2019/9/25)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50171210V20C19A9000000/?n_cid=DSREA001

東京一等地で展開するシェアオフィス、

バーチャルオフィス、固定費から解放

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

固定費から解放され、

自由なライフワークが実現できます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは東京渋谷区、港区南青山、港区神宮表参道、代官山、虎ノ門、中央区銀座、東京日本橋、新宿区西新宿どの都心の一等地に拠点を設置することができ、起業などスタートアップ、テレワーク、士業などの専門職、副業や管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、都心の各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りをご自宅や地方の拠点へ転送することができ、また、バーチャルオフィスであっても都心の駅近くにある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

都心一等地バーチャルオフィスは実績のある

ユナイテッドオフィス


バーチャルオフィスとエキナカ


鉄道会社各社がこぞってエキナカにブース型のシェアオフィスを設置する理由。

昨今、JR東日本や西武鉄道、東京メトロなどの鉄道事業者が、エキナカにブース型のシェアオフィスを開設し、話題となっています。

一見すると、電話BOXや銀行のATMBOXのようにも見えるこのブース型シェアオフィス、「箱」の中には机と椅子が設置されていて、通信環境も整っており、15分単位などで借りることができます。

こうしたブースは多くの場合、乗り換え客なども多いターミナル駅に設置されているため、「隙間時間」を有効活用したい人や、オフィスと自宅の中間に位置する場所で気分を変えて仕事に取り組もう、という人には重宝する存在になるかも知れません。

もっとも、ただ単にスマホやタブレット、ノートPCを使用するデスクワークをするだけなら、WiFiなどの整った喫茶店や、公園のベンチでも用は足せると言えるでしょう。

しかし、どんな業種であっても、企業秘密や個人情報などを扱う以上、オープンな場所だけで業務をこなす訳にはいきません。

たとえ短い時間であっても、「専用個室」を必要とする需要は、一定数あるはずです。

ではなぜ、ここに来て鉄道会社が次々とエキナカにブース型シェアオフィスの開設を急いでいるのでしょうか?

ご承知のとおり、少子高齢化が進行している日本では、生産年齢人口の減少により、「通勤する人」の総数も大きく減少することが予想されています。さらに、都心回帰による職住近接志向の高まりもあって、「電車に乗らずに通勤」するも増加。

それに加え、情報通信網の発達や働き方改革などの動きもあり、テレワークやリモートワークが増加することで、「通勤する人」の数は今後ますます減る可能性があります。

現況、首都圏だけは人口の流入が続いていますが、人口が増加しても「通勤する人」が減ってしまっては、鉄道会社にとってはまさに死活問題と言えるでしょう。

とは言っても、住民から「選ばれる沿線」になるためには、本来ならば「通勤する人」を減らす元凶であるはずのテレワークやリモートワークにも「順応」しなければなりません。

また、鉄道会社各社は、せっかく「エキナカ」という一等地を潤沢に持っている訳ですから、時流に合わせ、これを最大限に活かさない手は無いですよね。

しかしさすがに、こうしたブースでは、クライアントと面と向かって「商談」することはできませんし、ブースの場所を名刺やHPに記載する訳にもいきませんから、あくまでも仕事をする上での「本拠地」にはなりません。

住所利用が可能で、しかも商談も可能な時間貸しの会議室を完備したバーチャルオフィスとは、基本的に似て非なるものと言えるでしょう。

ゆえに、賢いビジネスマンは、こうしたブースとバーチャルオフィスを、うまく使い分けて利用するようになるのではないでしょうか?

なお、

ユナイテッドオフィスでは、既存の渋谷、南青山、虎ノ門、銀座、日本橋に加え、新宿など、ターミナル駅至近にもバーチャルオフィスを続々とオープンする予定です。

東京一等地で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは東京渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿どの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、士業などの専門職、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

 

https://united-office.com/

東京一等地のバーチャルオフィスは

実績15年のユナイテッドオフィス

 


バーチャルオフィスでプロボノを


バーチャルオフィスでプロボノを

高いスキルを「無償」で提供するプロボノ。

損なように見えて、実は大きなチャンスへの扉?

少々意外かも知れませんが、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスには、必ずしも「直接的な営利」を目的としていない法人様・個人様による利用も少なくありません。

その内容も、業界全体の健全化や親睦、情報交換などを目的とした団体、手弁当によるボランティア組織、趣味のサークルに近い団体など様々です。

もちろん、○○協会などと称していながら、実体は限りなく営利目的という例もありますが、たとえ非営利組織であっても、「本部所在地」を代表者の自宅にするワケにはいかない場合もあるでしょうから、低コストで住所を利用でき、必要なときに必要な分だけ会議室を利用できるバーチャルオフィスは、やはり心強い存在と言えるでしょう。

さて、「非営利」と言うと、近年、にわかに注目を集めている行動スタイルのひとつに「プロボノ」というものがあります。

プロボノとはもともと、弁護士や会計士、医師などが、自らの高いスキルを駆使し、無報酬で社会貢献活動を行うことを意味していました。

アメリカがその発祥とされています。

このプロボノと呼ばれる活動、近年では法務や会計、医療などの分野に留まらず、IT技術、営業やマーケティング、組織運営など、様々な分野の専門家の間に広がっています。

日本では、東日本大震災からの復興がこうしたプロボノ普及の契機となりました。

復興ボランティアならぬ、復興フロボノが各地で活躍したことは記憶に新しいでしょう。

では、ボランティアとプロボノの違いはどこにあるのでしょうか?

これも諸説あるようですが、プロボノに必要とされるのは、ビジネス感覚を持った「合理的な活動」と言われています。

例え無報酬であっても、結果を出すことにコミットする、といったところでしょうか。

ここで大なり小なり、疑問を持った人も少なくないでしょう。

それだけの高いスキルをなぜ、無報酬で提供するのか?

こちらも答えはひとつではありません。

もちろん、社会に貢献しているという自己実現感(悪く言えば自己満足感)だけで動く人もいるでしょう。

しかし、長い目で見れば、リターンが自身に跳ね返ってくる、と考えるのが自然です。

どんな分野であれ、「結果を出す」ワケですから、無報酬であっても「仕事の実力」は容易に理解してもらえます。

それが中長期的に次のビジネスに直接つながることもあれば、間接的に得られた知識や情報、人脈や知名度が新たなビジネスの種になるかも知れません。

もっとも、どんなビジネスであれ、いきなり「お金」になることは稀ですからね。

これから副業・起業しようという人は、まずはプロボノ的な活動を始めてみては如何でしょうか?

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京一等地のバーチャルオフィス、渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

 バーチャルオフィス 

 

ユナイテッド゜オフィスの各拠点のシェアオフィスは使いたい時に使いたいだけの料金でご利用いただけます

都心一等地とで展開するバーチャルオフィスは、実績のあるユナイテッドオフィスへ


バーチャルオフィス貸会議室


「1人企業」でも立派なメーカーになれる時代。自身よりも「遥かに大きな相手」と対峙するには、アウェイではなく、ホームに会議室が必要です。

ひとむかし前、「工業製品」と言えば、大なり小なり、工場を有する「それ相応の規模の企業」にしか生産できない商品でした。

もちろん、工業製品である以上、それを生産するためには、現在でもそれ相応の「生産ライン」は必要です。

しかし近年では、「工場を持たないメーカー」は珍しくありません。その代表的な例は化粧品ですが、こちらの業界では、かなり以前から、発想力と企画力、そしてプレゼンテーション力さえあれば、委託生産という手法により、「たった1人の会社」であってもメーカーというポジションを得ることが可能でした。さらに昨今では、3Dプリンターなどの普及により、家電製品など、かなり大仕掛けな生産ラインを必要とする工業製品についても、「起業」のハードルは随分と下がっています。

また、資金調達の面でも、クラウドファンディングが普及したことにより、多くの人々を共感させる「プレゼンテーション力」さえあれば、道が開けるようになりました。

実際、東京ビックサイトなどで開催される展示会でも、名だたる大手メーカーに混じり、ほぼ「個人事業規模のメーカー」があっと驚くような商品を披露していたりしますよね。

ただ、委託生産にしろ、既存メーカーとのコラボレーションにしろ、自身よりも遥かに「大きな相手」に対し、臆することなく自身をプレゼンテーションする「舞台」は必要です。

出来上がった「商品」を披露するのであれば、前述の展示会は有効な舞台かも知れません。問題は、そこに至るまでの舞台です。

まあ、相手は、自身よりも遥かに「大きな相手」ですから、相手先に乗り込み、相手先の会議室でプレゼンテーションするというのが一般的でしょう。

しかしです。

自身よりも遥かに「大きな相手」に対し、主導権を握りたいのであれば、時には相手を自身の「土俵」に引っ張り込む必要も生じるはずです。

本来ならば、可能な限り、アウェイではなく、ホームで戦うべきですよね。

しかし、「個人事業規模のメーカー」だからと言って、その「土俵」は、自宅の一室だとか、喫茶店だとかいうワケには行きません。

やはり、ココ一番!というプレゼンテーションの際は、それなりの「専用会議室」は必要です。

実は、当ユナイテッドオフィスの会員企業様の中には、普段は自宅と取引先企業を往復している人でも、ココ一番!の際は、会議室を利用されている方が結構おられます。

さて、当ユナイテッドオフィスでは、こうしたココ一番!を応援すべく、南青山オフィスで既存の会議室2室に加え、新たに当社社有物件の会議室1室を増室しました。

会員企業様におかれては、当ユナイテッドオフィスがご提供するココ一番!の舞台から、大きな商談が次々とまとまっていくことを願ってやみません。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京一等地のバーチャルオフィス、渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

都心一等地のバーチャルオフィスは

実績15年のユナイテッドオフス

 


シンプルライフのすすめ


シンプルライフのすすめ

持たない生活。断捨離のすすめ。

モノの執着をから離れ、

ゆとりのある自在のライフワークを過ごすためには

たとえば

都心の一等地で利便性のいいところでオフィスを借りたりするとそれが、たとえワンルームであったとしても、月額管理費等を含めて15万円は下らない、そのほか光熱費や複合機のランニングコストが加算されれば、月額18万ぐらいにはなるでしょう。

これが売り上げとは別に、

毎月の固定費として重くのしかかる。

その他、家の家賃またはローン、自動車などの

ローンや維持費など考えると、

ワークとライフでの毎月かかる固定費だけでも

稼ぐと思うと結構気が重くなる。

そこで、ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスを利用すれば、

たとえば、オフィス月額固定費の15万円が約3,500円から4,000円ぐらいに圧縮されます。

バーチャルオフィスは自由度が高い。

いまやIT通信技術が進歩している時代にあっては、どこでも仕事ができる時代。

自宅の賃料やローンが月額20万円とした場合にオフィスの月額コスト15万円をそれにシフトすれば実質月額5万円に圧縮されます。

さらに、自宅の一部を事務所にして経費に計上すれば、節税にもなります。

打ち合わせや商談、会議などは、ユナイテッドオフィスの

オフィススペースや会議室などの必要なとき

必要な時間だけ使用するので無駄なコストを削減できます。

さらに、

法人登記も住所利用もできるユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス。届いた郵便物は転送し、クライアント様からかかってきた電話については転送またはオペレーターが対応いたします。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでは、オフィスに入居することなく、自宅や他の拠点(地方・海外・他の事務所など)でユナイテッドオフィスから住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は転送してもらえる。

 

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス各拠点オフィス

https://united-office.com/

バーチャルオフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、

西新宿、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、バーチャルオフィスであってもユナイテッドオフィスなら会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであってもユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば、各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

バーチャルオフィスなら東京一等地にある

実績15年のユナイテッドオフィス

 

 

 

 

 


SNS起業での注意


SNS起業での注意

 SNSに大量に出回っている「札束の写真」。この「信ずる者は救われない」単純なカラクリに気がつかない人は、絶対に起業しないで下さい。

今年の年明けだったでしょうか。

なにかとマスコミを賑わしている某大手アパレル通販会社の有名社長が、SNS上で現金100万円を抽選でプレゼントします、という企画を実施し、大いに話題になりました。

まあ、こちらの社長さんの場合、羽振りがよいことで知られていますし、奇抜な話題を振りまくことが得意な方ですから、この方のこの企画自体には、誰も疑いを持たないでしょう。

しかしです。

SNS上では現在、多くの正体不明?の情報発信者が、同じような企画を拡散させていますよね。

「札束の写真」を大きく掲げ、リツイート&いいねをした人には抽選で○○名に100万円をプレゼントします、という、アレです。

もちろん、まともなビジネスを考えている人なら、こうしたわざとらしい「撮影用の札束」は簡単に用意できることくらい、すぐに気がつくはずですが、大真面目にリツイート&いいねをしている人が、なんと多いことか!

これで、大量のフォロワーが短期間で集まりますね。

そもそも、抽選で○○名に、などと言っていますが、本当に「当選」がいるのかどうかは、発送者にしか分かりません。

発送者は、本当は当選者がゼロであっても、当選者にはDMを送りました!なんて一言つぶやけばよいだけです。

確かに、リツイート&いいねをしただけでは、1円も損することはありませんが、大量に集められたフォロワーのもとには、簡単に儲かります系のDMや、その類の有料記事のURLが、わんさかと届くことでしょう。

さらに、そこで有料販売されている商品は、新たなカモをつかまえるための「札束の写真」だったりするはずです(笑)。

もっとも、カモがカモをつかまえようとしているワケですから、ビジネスになるワケがありません。

はっきり言って、こんな単純なカラクリを即座に見破れないような人は、絶対に起業しない方がよいでしょう。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

で真剣に副業・起業を考えている方に、「そんな哀れなカモ」はいないとは思いますが。。。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京の一等地渋谷区渋谷、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトのメール便や宅配便・書留などの受け取りをご自宅や海外へ転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

東京一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィス