月別アーカイブ: 2019年5月

あのトヨタでも終身雇用終了


あのトヨタでも終身雇用終了

人生100年時代、サラリーマンの「寿命」はより短命に。

先日、日本を代表する30兆円企業・トヨタの社長が「この先、終身雇用の維持は難しい」といった趣旨の発言をしました。トヨタと言えば昨年、60歳の定年後に再雇用した技術系社員の給与水準を改善し、「実質65歳定年を目指す」という方針を明らかにしていただけに、今回の発言は大きな波紋を呼んでいます。

ただ、韓国の某世界的大手電気メーカーも実質45歳定年制で知られていますし、日本でも某大手情報会社が40歳くらいまでに社員が「独立起業」する前提で雇用している例はありました。その某大手情報会社については、50歳近くになって「社員」のままでいる人は、出世コースに勝ち残った人ではなく、むしろ「落ちこぼれ」の扱いを受けるとさえ言われています。

ただ、あのトヨタでさえ、この先終身雇用は難しい、と言っているくらいですから、大手企業と言えども、この先、実質45歳定年制が当たり前になるのかも知れません。

生涯1つの会社にしがみつこうという人には、厳しい時代になりそうですね。

しかし、考えてもみて下さい。

某大手情報会社の「卒業生」には、随分と元気な人が多かったりします。

もちろん、どんなビジネスであれ、独立起業し、それを維持・継続させることは簡単ではありません。それでも、サラリーマン時代から独立「起業する前提」で日常の業務をこなしてきた人は、問題意識や思考力、さらには行動力が違います。

こうした人たちにとってサラリーマンの期間は、言わば独立起業するための研修期間?だったことでしょう。中には、サラリーマンを「引退」する前から用意周到に「会社」を準備していた人も少なくないはず。

用意周到に「会社」を準備。。。

何も、それができるのは大手企業の現役社員に限りません。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスならば、

予め低コストで「会社」を設立しておくもことも可能です。

人生100年時代、サラリーマンの「寿命」がより短命になる中、まずは「副業」や「複業」から挑戦してみては如何でしょうか。

東京都心で展開するユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

いまからでも遅くはありません

セカンドキャリアを考えるなら

東京一等地のバーチャルオフィス、ユナイテッドオフィスで

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

バーチャルオフィス東京で会社登記する


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス東京で会社設立登記

法人化の2台メリット「所得分散」「給与所得控除」

個人では所得が増えると、累進課税により、実効税率が上がって

負担税率が増加いたします。

その所得を分散することで、1人あたりの実効税率を低くすることも

法人化の大きなメリット。

自分の配偶者や家族を役員もしくは社員として給料を支払い

所得分散することも法人であれば可能となります。

所得の圧縮効果が大きいのが「給与所得控除」

個人では、収益不動産所得がそのまま課税所得になりますが

法人化による役員報酬、給与支払いというかたちで自動的に

「給与所得控除」が受けられます。

会社設立登記ナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

東京都心一等地の住所で法人登記のできる

バーチャルオフィスは、ユナイテッドオフィス。

東京一等地、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷、西新宿など都心の一等地で法人登記ができる

バーチャルオフィスはユナイテッドオフィスです。ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

バーチャルオフィス東京

 


東京都心で会社設立登記


会社設立登記にあたり必要となるもの

代表取締になられる方
① 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)
② ご実印
③ 身分証明書写し(運転免許など)

取締役になられる方
④ 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)

資本金をお振り込みいただいた通帳のコピー 
資本金については、既存の個人通帳に、
今回の資本金額ぴったりでの「入金履歴」が必要となります。
前後の入出金及び残高はまったく関係ございません。
振込名義は現金預け入れでも、別通帳からでも構いませんが、
できましたら他人名義でのお振込は避けた方がよろしいかと思います。

支店登記の場合には、
対象となる法人の全部履歴事項(登記簿謄本) (3ヶ月以内)1通
 
法人(会社)用の印鑑
印 鑑(登録用・会社実印として)
銀行印
の2つの印鑑が必要となります。

最近増えている、自分会社、

いわゆるプライベートカンパニーで不動産投資

たとえば、他の事業をしている会社が赤字で、不動産管理をしている

会社が黒字の場合、他の事業の赤字を利益の出ている不動産管理会社と

損益通算することにより、節税効果とキャッシュフローが期待できます。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷区渋谷、
新宿区西新宿などにおいて法人登記を行うことができる
バーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら
東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記、銀行口座開設もできます。

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、
事務所の賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを最小限に抑えること
ができますので、広告宣伝費など収益費用に回すことができます。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

電話秘書プランであれば20コールまでは無料で利用
することができ、会社設立登記プランなら株式会社、合同会社設立登記
申請書類作成から登記申請まで3,000円(※1)で利用することが可能です。
たとえば株式会社、株式会社設立登記なら、ご自分で登記申請されるより、
ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの東京一等地のバーチャルオフィス

駅近の貸会議室が1時間1000円で利用できます。
会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150円(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなり
コストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス東京一等地の各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷、新宿区西新宿西新宿などの東京都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスや
通信販、テレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広
分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は
名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立
法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。
メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。
貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオ
フィスであっても東京一等地の駅近くには貸会議室がありますので
クライアントへのご案内も便利です。

https://united-office.com/

 東京一等地のバーチャルオフィスで会社設立登記するには、ユナイテッドオフィスなら実績15年で安心してご利用ができます