月別アーカイブ: 2019年1月

バーチャルオフィスで「ヒュッゲ(huygge)」な人生を。


バーチャルオフィスで「ヒュッゲ(huygge)」な人生を。

日本では2016年あたりからでしょうか。

北欧・デンマーク発祥の「ヒュッゲ(huygge)」というコトバが、なんだかちょっと高貴で洒落た行為の代名詞のように語られるようになりました。

このの「ヒュッゲ(huygge)」、何を意味しているコトバなのかと言うと、非常に分かり難い概念なのですが、分かりやすい例で言えば、「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らうこと」といったところでしょうか。

日常の中で「些細な幸せ」を堪能する行為、もしくはその知恵と言ってもよいかも知れません。

ただ、この「ヒュッゲ」というコトバも、話題になるにつれ、かつての「ロハス」や「エシカル」がそうであったように、そのコトバが本来意味していた崇高な理念?のようなものからかけ離れ、インテリアだとか器だとか、カタチから入る「消費経済」に飲み込まれてしまっている感じがします。

しかし、日常の中で「些細な幸せ」を堪能するという点では、バーチャルオフィスに通じるものを感じたりもしました。

バーチャルオフィスが本質的・最終的に提供しているサービスは、アドレスや物理的空間、情報通信機能ではなく「自由」です。

それは既存組織の束縛からの自由かもしれませんし、時間的・経済的な自由、やりがいや自己肯定間を得る自由かも知れません。

「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らう」自由を求めて起業する人だって、少なくないかも知れませんね。

「ヒュッゲ(huygge)」な人生を送るために、低コストなバーチャルオフィスで起業する、なんてのもアリでしょう。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京都心一等地にあるバーチャルオフィスなら

ユナイテッドオフィス


地方創生系ビジネス


「都落ち」で故郷に錦を飾る時代の到来?

東京の自宅や事務所を引き払い、「田舎」に引っ込む。。。

以前であれば、悠々自適のご隠居でない限り、それはイコール「都落ち」と呼ばれていた行為でしょう。

しかし昨今は、情報・通信技術の発達により、積極的に「都落ち」する人が増えています。

ユナイテッドオフィスの会員企業様の中にも、ご入会後、東京・首都圏から地方(場合によっては海外)に転居される方がおられますが、やむなく田舎に引っ込むというよりは、どちらかと言えば「若くして悠々自適」という人の方が目立ちます。

著名なリゾート地の自宅で、全国区、場合によっては地球規模のビジネスを、PCやスマホひとつで遠隔操作。。。

もちろん、決して胡散臭い商売ではなく、「なるほど」と感心してしまうビジネスモデルを確立した人ばかりです。

もっとも、計画的に移住を目論み、最初からバーチャルオフィスを選択する人だって少なくありません。

中には、地方に移住することで、東京と地方を結ぶ「地方創生」系のビジネスがさらに開花した、という人もいます。とは言っても、されど東京。

地方の拠点とは別に、東京に「オフィス」を持つことのメリットは、今なお計り知れないものがあります。

情報・通信技術が発達した現在でも、東京のクライアントと年に数回、打ち合わせをすることだってあるでしょう。

名刺に東京オフィスの記載があるだけでも、印象は大きく変わります。

「地方創生系ビジネス」を志す人こそ、低コストで東京に拠点を構えることができるバーチャルオフィスは、おすすめと言えるでしょう。

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

東京都心で展開する

バーチャルオフィスのユナイテッドオフィス


「専業サラリーマン」ほど、リスクの高い商売は無い?


「専業サラリーマン」ほど、リスクの高い商売は無い?

 

近年、この國ではサラリーマンの副業が何かと話題になっています。

しかし、「リスク」を恐れて、実際には副業に踏み出せない、圧倒的に多い

のではないでしょうか。

しかし、副業を全く行っていない「専業サラリーマン」を、ひとつの

ビジネスと置き換えてみて下さい。

あなたのクライアント(=お客)は、あなたが所属する会社1社のみです。

当然、その1社が消滅したら、全てのクライアント(=お客)を一度に全て失う

ことになります。

あなた1人がどれだけ優秀な社員であったとしても、傾く会社を

あなた1人で支えることは不可能に近いはず。

逆に、独立起業した場合はどうでしょうか?

もちろん、ビジネスを軌道に乗せることは決して容易なことではありません。

「誰でも簡単に儲かる」という話があったとすれば、ほぼ詐欺だと思ってよいでしょう。

しかし、1社専属の下請け会社でない限り、

クライアント(=お客)は複数持つことになるはずです。

通販などの業種であれば、数百、数千、場合によっては数万というクライアント(=お客)を持つことになるでしょう。

たとえそのビジネスが下降線をたどったとしても、これらの

クライアント(=お客)が1度にゼロになるとは考え難いですよね。

全てのクライアント(お客)を失う前に、自らの相違と工夫で立ち直る

可能性だってあります。

となると、クライアント(=お客)が1社のみという「専業サラリーマン」ほど、

リスクの高い商売は無いのではないでしょうか?

増して昨今では、以前よりも少ない資金でビジネス・会社を立ち上げることが可能

となりました。

万が一、立ち上げたビジネスがうまく回らなくても、傷が浅いうちに仕切り

なおせばよいのです。

実際、ユナイテッドオフィスでは、「再チャレンジ」

「再々チャレンジ」で成功された

会員様も少なくありません。

ハイリスクな「専業サラリーマン」にしがみつくよりも、まずは副業でビジネス・

会社を立ち上げてみては如何でしょうか?

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

バーチャルオフィスを選ぶなら、実績のある

ユナイテッドオフィスへ


バーチャルオフィスを活用しよう


バーチャルオフィスを

活用しよう!!

新規事業は実際にやってみないとわからない。

かつて、新しい事業をスタートさせるためには

オフィスを賃貸借したり、電話や複合機を設置する必要があった。

当然ながらそこには固定コストが毎月発生する。

売り上げがある、なし、にはかかわらず、毎月の出費は当然のごとく

負担となってくる。

だが、近年はIT通信やクラウドなどの進化もあり

また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなど

都心にオフィス機能の

すべてが揃った、新しい時代のオフィス

を活用するのもいいかもしれません。

 

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィは

港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、

渋谷区渋谷での住所利用も可能で、

各オフィスの拠点には、貸会議室があり、1時間当たり1,000円と格安で、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷での住所利用も可能で、各オフィスの拠点には、貸会議室があり、

1時間当たり1,000円

とリーズナブルで、使いたいときに使いたいだけの料金を払えばよく大変便利。 郵便物の週1回の転送がついて、月額3,500円〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているのはたしかにリーズナブル。

たいときに使いたいだけの料金を払えばよく

毎月の負担もかからない。

 郵便物の週1回の転送がついて、月額3,500円〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているこれなら、新規事業に毎月発生する固定費の心配はいらない。

いろんな意味で余裕が生まれ、事業が軌道に乗るまで、焦らずじっくりとりかかれる

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

を一度検討してみるのもいいかもしれません。

 


フリーランスに朗報!


フリーランスに朗報!

昨今の働き方改革の流れもあってか、

時間や場所に縛られない働き方に魅力を感じ、

会社勤めを辞めてフリーになる方が増加している。

このことは

介護や育児など様々な制約を抱えながら働く

人の選択肢にもなっている。

インターネット経由で請け負う仕事が広がり、独立自営で働くフリーランスが増えている。働き方を自由に選べるようになる一方、弱い立場になる人も多い。厚生労働省はフリーランスの仕事中のケガや病気を補償する労災保険の適用や、取引先企業と対等な立場を保つための契約ルールの整備を検討する。デジタル経済の進化に向け、健全な労働環境を整える。(日本経済新聞2019年1月10日(木))

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39817080Z00C19A1EA2000/

通勤時間往復2時間かけて、都心オフィスに通う、

そんな時間のロスを考えたら

1年間で休日祭日を除いたとしたら約400時間も無駄

な時間を過ごすことになります。10年で4000時間・・・・・

ユナイテッドオフィスを利用すれば

働く場所、空間、時間などに縛られず、

プライベートやワークといった限られた時間を効率よく過ごせます。

バーチャルオフィスは場所や

時間に縛られない

高自由度なライフワークの実現ができます。

いまや所を自由に選ぶ時代。。。。

バーチャルオフィスなら実績のある

ユナイテッドオフィスが

安心してご利用いただけます。

https://united-office.com/

人生100年時代のユナイテッドオフィス

充実した人生を

ユナイテッドオフィスで