月別アーカイブ: 2018年10月

バーチャル市場経済圏でのバーチャルオフィスの活用


バーチャル市場経済圏での

バーチャルオフィスの活用

 

資本主義が終焉に向かっている今日、

ICTと再生エネルギー可能がベースの共有経済または

協働コモンズ経済は資本主義に代わるものとしてグローアップしてきている。

これがインターネット経済革命であり、人々の意識、社会のかたちを

根本的に変えていく。

 

今後、AI(人工知能)の進化が加速していく中、

ますます、貧富格差が二極化していく。いまや、必要とされるのは、会社に頼らずとも自立志向のある人である。今後生き残れる人材としては、ビジネススキルがあり、対外的な(海外も含めて語学力)など、コミニュニケーション能力の高い人といわれています。企業に属する、また独立起業するにも、このようなビジネススキルがないと今後は生き残れるのは難しくなるだろう。

40代いや30代から早めの「セカンドキャリア」第二の人生を考えるのも決して早くはありません。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスなら

東京中央区銀座、日本橋、港区虎ノ門、南青山、渋谷、などの

東京都心一等地にオフィス拠点に会社登記もでき

法人での銀行口座開設もできる。

実績14年で、公認の免許登録業者ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスなら、安心してご利用いただけます。

月額3,150円からご利用ができ、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでは、株式、合同会社設立など多様なプランが揃っています。

 いまや

 

IT情報技術も進化の一途をたどるなか、世界中の数億人もの人たちがインターネットでつながり、バーチャル市場経済圏でのビジネスチャンスも拡大していくことでしょう。

このような時代には、逆にチャンスととらえて

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

会社設立登記して、副業・複業もいいかもしれません。

 


バーチャル経済圏でのバーチャルオフィス活用


バーチャル経済圏と

バーチャルオフィス活用

現在、人類は4度目の経済革命が起こっている。

情報技術ITとインターネットの進化によって

資本主義にわる、バーチャル経済圏・共有(シェア)主義経済

へ移行しつつある、ここでは、

共有と協働が重要な要素となってくる。

協働とはコラボレーションのことである。

さまざまなプラットフォームでネットワークが形成され、

人々の意識は大きく変化している。

いまからでも、つぎなるライフワークへシフトの準備を

はじめてもいいかもしれません。

たとえば、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを

利用して、通販サイトなどを立ち上げる、プラットフォームを作る

フリーランス同士のコミュニティをつくるのもいいかもしれません。

ユナイテッドオフィスならバーチャルオフィでも会社設立登記、法人での口座

開設もできます。月額3,150(外税)から、中央区銀座東京駅に近い日本橋、

港区南青山、虎ノ門、渋谷といったバーチャルオフィスを東京都心の一等地で

利用することができます。

いまからでもはじめてみませんか。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは実績14年。

 安心してご利用いただけます。

 


クラウドとユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス


新しいオフィスのかたち、ユナイテッドオフィス

テレワーク、ノマドワーカーニ欠かせないツールとして

クラウド・コンピティングを使うことで、会社のオフィスと

変わらない環境を作り出す。

クラウドとは、データやソフトエーウエアをPCで保存するのではなく

インターネット上に保存して、ネットやサービス、データを利用することです。

どこに居ても、たとえば海外にいたとしても、同じデータやソフトが複数と人と

共有ができ、協同作業が可能となります。

いまや、「働き方改革」真っ只中、ある意味で文化大革命と言っても過言ではないような変革時期となっています。

新しいオフィスのかたちとして、

今話題のユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス

 

転送機能が付いているバーチャルオフィスで会社設立登記可能な

 バーチャルオフィスをユナイテッドオフィスなら月額3150円から利用することができ

るので、コストを抑えることが可能です。

名刺やホームページに中央区銀座、日本橋、渋谷、港区南青山、虎ノ門などの東京都の

一等地の住所利用することができ、フリーランスやテレワーク、ノマドワークなど

に向いています。

メール便や宅配便・書留などの受け取りを自宅などに転送してもらえるので

大変便利です。

また、貸会議室が充実しているので、取引先と打ち合わせやプレゼンなどを行うのに

便利で、各拠点のユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

バーチャルオフィスであってもリアルスペースの会議室として利用できます。

新しいオフィスのかたち

実績のあるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスへ

 

 


コワーキングスペース


コワーキングが今はやっている。

コワーキングスペースは仕事をする

場所を制限しません。

今後は「働き方改革」により、フリーランスだけでなく、アフター起業、

週末起業、副業、仕事の続きのための場所、キャリアアップのための資格取得の勉強などさまざま。

しかしながら、東京都心の人口は増加する一方で、

事務所賃料も決して安くはありません。

固定のコストはできるだけ安くしたい、

とくにこれからフリーランスや起業を目指す方にとっては、

重要な課題となります。

このようなお悩みはユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解決いたします。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら費用も月額3,000円からとリーズナブルですし、バーチャルオフィスであっても会社設立登記もできて、法人での銀行口座の開設もできます。さらにクライアントなどと打ち合わせができる、貸会議室施設も充実しております。

オフィスを持たない新しいオフィスの形として、近年注目を集め需要も増えているのがユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスです。港区南青山、渋谷など東京都心となればオフィスをレンタルするだけでも毎月かなり高額な出費となってしまいますが、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスならばコストを大幅に削減することが可能となっています。必要なとき必要な時間だけ使用するので、無駄なコストを削減することができ、必要なときに必要なだけ、会議室スペースを利用することができるという利便性。

新しいオフィスのカタチは、

実績のあるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスへ

 


おススメのバーチャルオフィスは


おススメのバーチャルオフィスは

東京都心の一等地にビジネスに必要な

オフィス機能がすべて揃う

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、

働き方の自由度の高いフリーランス,SOHO

最近、増加しているテレワーク、不動産管理会社設立や企業の副業解禁からプライベート・カンパニーにも最適です。

 ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは各種法人、個人事業、サークルなど拠点としてまた、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとしてもご利用いただけます。

また、フリーランス、起業スタートアップだけではなく、地方や海外の事業シェアオフィスとして、テレワーク、その他、週末起業・副業、ネット・通販ビジネス、女性のストーカー対策にさまざまな用途のご利用ができます。
実績のあるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら、会社登記も可能ですし、金融機関から信頼のあるバーチャルオフィスですので銀行口座開設も可能です。

やはり、選ぶなら実績のあるバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィスがおススメです。

 


グーグルに学ぶ、高収益を得るための手法


グーグルに学ぶ、高収益を得るための手法

高収益を得るための手法

売りたい製品が決まったら、つぎに必要なことは「テスティング」

購入するのは、お客様ですので自分がどれだけいいと思っても

実際には販売してみないとわかりません。

大量生産する前に、「テスティング」を繰り返して、試行錯誤して完成した

製品ほど、後で利益が高まります。

たとえば、グーグルはリンクの色一つだけでも、

綿密な「テスティング」を行っています。

グーグル検索の結果表示ページに貼り付けられている広告リンクは

青色ですが現在の色に決まったのは、この「テスティング」を繰り返した結果

に基づいております。

グーグル社は約50種類の明度や彩度の「青色」をテストして

最終的に選ばれた色によって、広告収入が年間240億円増えたとされる。

アマゾンは、ウェブサイトの大きさからはじまり、

チェックアウトのダイヤル

ボックスを画面の左右どちらに表示すべきか、最初のクイックで商品説明を

どこまで見せるかをすべてピクセル単位でテストしています。

事業はやってみないとわからないことばかり。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、限りなく無駄な出費を抑え

資金を能力価値(Web、広告、その他)に費やし、

「テスティング」をしてみるのもいいかもしれません。

やはりバーチャルオフィスは、

実績14年のユナイテッドオフィスがお勧めです


バーチャルオフィスはユナイテッドオフィス


バーチャルオフィスの

ユナイテッドオフィスで、固定コストを削減してキャッシュストックしよう!

当たり前のことですが、事業を継続していく中で、
で現金を残すには、収入を上げるかできるだけ
コスト支出を減らすしかない。

そうとはいえ、毎月必ずかかるランニングコスト(固定費)として、
オフィスの賃料・光熱費・リース代、その他、電話に出るだけの事務員の
給料などなどが発生するのでコスト(費用)を削減することは
そう簡単な事ではない。

そこで、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスに代えることにより、

たとえば、毎月15万円のオフィス賃料をユナイテッドオフィスの
バーチャルオフィスへ代えて、広い自宅へ移住して、自宅賃料もしくは
住宅ローンへシフトする。そこで税務上メリットとして
自宅のオフィス・ペース分をを事務所として案分して、賃料や光熱費、
その他のコストとして計上できる。

また、クライアントなどの取引先との打ち合わせには
必要なときに、必要な時間だけユナイテッドオフィスの貸会議室を利用するれば、毎月の固定コストはかからない。
1時間あたり1,000円とリーズナブルな料金で利用できる。

キャッシュ・ストックで万全な財務体質を構築するなら、

 

 

 

バーチャルオフィスは、

実績14年のユナイテッドオフィスへ