社会保障制度は崩壊。これからの生活基盤は自らで築く(ユナイテッド・オフィスnews)


 老人

社会保障制度は崩壊。これからの生活基盤は自らで築く。

少子高齢化・人口減少が加速する、確実に今よりひどい老後貧困化
◆年金
年金受給年齢も、現行の65歳以降から70歳、75歳以降へと繰り延べされ
現行受給者の半数が60歳以上ですが、1人世帯で10万円弱、夫婦2人世帯で20万円弱の支給額も、今後貧困者の激増が予想されますから、給付額は減らさざるを得ず、現行水準の半分程度にまで圧縮されるとの見通し。

◆医療費
15年の医療費(薬剤費含む)は40兆円でしたが、あと10年で50兆円超になり
現行の3割負担では到底賄えず、5~6割負担

◆介護保険制度
報酬総額も15年の10兆円(税金投入2.8兆円)が10年後には25兆円と増加。

夫婦2人で月19万円の年金、半分以下に削減か…受給開始年齢も75歳へ引き上げもhttp://biz-journal.jp/2016/08/post_16303.html

「『縮小ニッポン国』のサバイバル突破思考!」より

貧困
今からでも遅くはない、起業はしないまでも副業をはじめましょう。

IT通信ネット環境・アマゾンなどの物流機能が進歩している今日、個人でもやる気があればいくらでもビジネス、セカンドビジネスができる環境となっている。

たとえば、一人の自分をバーチャル経済圏(Web上)につくり、
通販などで稼ぐものひとつかもしれません。
リアルな自分は会社で稼ぎ、
もう一人の自分もバーチャル経済圏(Web上)Web上で稼いで、毎月口座にお金を振り込んでくれる。。。。ダブルインカムこんな話も夢物語ではない。


コメントはこちら