早めの「セカンドキャリア」第二の人生を考える。ユナテッドオフィスnews


先の見えないなかにあって

早めの「」第二の人生を考える。バーチャルオフィス,ユナイテッドオフィス

今のうちから

「セカンドキャリア」作りをはじめてみませんか。

35歳を過ぎたあたりから、会社での自分の先も見え始め

「このままでいいのか」と考える。

サラリーマンで取締役になる見込みがあるわずか一握りですが
それでなくても昨今の日本を代表する企業である東芝のように、

会社自体が消滅する、しなくとも外国企業に買収される可能性すら

あるなかにあって、今のうちからキャリアアップための学校に通うなど

自らに投資し社外の人脈を形成する準備を始めても遅くありません。

さらにプライベートカンパニーを設立して水面下で活動しても

いいと思います。

今からでも決して早くはありません。

自らの人生の主役は他でもないあなたなのですから。。。

%e3%83%a6%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%ba%83%e5%91%8a201611


コメントはこちら