バーチャルオフィスはユナイテッドオフィス


バーチャルオフィスの

ユナイテッドオフィスで、固定コストを削減してキャッシュストックしよう!

当たり前のことですが、事業を継続していく中で、
で現金を残すには、収入を上げるかできるだけ
コスト支出を減らすしかない。

そうとはいえ、毎月必ずかかるランニングコスト(固定費)として、
オフィスの賃料・光熱費・リース代、その他、電話に出るだけの事務員の
給料などなどが発生するのでコスト(費用)を削減することは
そう簡単な事ではない。

そこで、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスに代えることにより、

たとえば、毎月15万円のオフィス賃料をユナイテッドオフィスの
バーチャルオフィスへ代えて、広い自宅へ移住して、自宅賃料もしくは
住宅ローンへシフトする。そこで税務上メリットとして
自宅のオフィス・ペース分をを事務所として案分して、賃料や光熱費、
その他のコストとして計上できる。

また、クライアントなどの取引先との打ち合わせには
必要なときに、必要な時間だけユナイテッドオフィスの貸会議室を利用するれば、毎月の固定コストはかからない。
1時間あたり1,000円とリーズナブルな料金で利用できる。

キャッシュ・ストックで万全な財務体質を構築するなら、

 

 

 

バーチャルオフィスは、

実績14年のユナイテッドオフィスへ


コメントはこちら