スタートアップはバーチャルオフィスから


スタートアップはユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスから

貧しい3人の若者が

時価総額5兆円の起業家に

部屋のレンタル料も払うお金もない、3人の若者が

自分たちの狭いアパートを貸すことを思いつく。

サンフランシスコでは国際会議が多く開かれので

会議があるときに部屋を貸し、そのレンタル料で得たお金を

家賃の支払いに充当しようと考えた、

ベッドがないのでエアマットレスを持ち込み、社名を

エアーベット・アンド・ブレックファーストの略でAirbnbエアーアンドビー

と名づけた。Airbnbというベンチャー企業時価総額5兆円企業の誕生。

スタートアップはバーチャルオフィスから

バーチャルオフィス起業

ユナイテッドオフィスは、東京都心一等地で

オフィスを借りずに ビジネスに

必要なオフィス機能がすべて揃う。

事業ははじめてみないとわからない。 ゼロコストスタートアップというのは限りなく無駄な出費を抑え 限られた資金を広告宣伝費、ホームページ製作費Webや開発費などに使いオフィスなどの固定費は極力抑える。

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスを利用すれば、

ビジネスに必要なオフィス機能がすべて揃う環境を手に入れることができる。 当然のことながら「コストをゼロに近づけて」起業するのが最も失敗しない。ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで次々と ビジネスモデル会社を設立し需要を試してみるのもいいかもしれません。


コメントはこちら