シンプルライフのすすめ


シンプルライフのすすめ

持たない生活。断捨離のすすめ。

モノの執着をから離れ、

ゆとりのある自在のライフワークを過ごすためには

たとえば

都心の一等地で利便性のいいところでオフィスを借りたりするとそれが、たとえワンルームであったとしても、月額管理費等を含めて15万円は下らない、そのほか光熱費や複合機のランニングコストが加算されれば、月額18万ぐらいにはなるでしょう。

これが売り上げとは別に、

毎月の固定費として重くのしかかる。

その他、家の家賃またはローン、自動車などの

ローンや維持費など考えると、

ワークとライフでの毎月かかる固定費だけでも

稼ぐと思うと結構気が重くなる。

そこで、ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスを利用すれば、

たとえば、オフィス月額固定費の15万円が約3,500円から4,000円ぐらいに圧縮されます。

バーチャルオフィスは自由度が高い。

いまやIT通信技術が進歩している時代にあっては、どこでも仕事ができる時代。

自宅の賃料やローンが月額20万円とした場合にオフィスの月額コスト15万円をそれにシフトすれば実質月額5万円に圧縮されます。

さらに、自宅の一部を事務所にして経費に計上すれば、節税にもなります。

打ち合わせや商談、会議などは、ユナイテッドオフィスの

オフィススペースや会議室などの必要なとき

必要な時間だけ使用するので無駄なコストを削減できます。

さらに、

法人登記も住所利用もできるユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス。届いた郵便物は転送し、クライアント様からかかってきた電話については転送またはオペレーターが対応いたします。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでは、オフィスに入居することなく、自宅や他の拠点(地方・海外・他の事務所など)でユナイテッドオフィスから住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は転送してもらえる。

 

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス各拠点オフィス

https://united-office.com/

バーチャルオフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、

西新宿、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、バーチャルオフィスであってもユナイテッドオフィスなら会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであってもユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば、各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

バーチャルオフィスなら東京一等地にある

実績15年のユナイテッドオフィス

 

 

 

 

 


コメントはこちら