「専業サラリーマン」ほど、リスクの高い商売は無い?


「専業サラリーマン」ほど、リスクの高い商売は無い?

 

近年、この國ではサラリーマンの副業が何かと話題になっています。

しかし、「リスク」を恐れて、実際には副業に踏み出せない、圧倒的に多い

のではないでしょうか。

しかし、副業を全く行っていない「専業サラリーマン」を、ひとつの

ビジネスと置き換えてみて下さい。

あなたのクライアント(=お客)は、あなたが所属する会社1社のみです。

当然、その1社が消滅したら、全てのクライアント(=お客)を一度に全て失う

ことになります。

あなた1人がどれだけ優秀な社員であったとしても、傾く会社を

あなた1人で支えることは不可能に近いはず。

逆に、独立起業した場合はどうでしょうか?

もちろん、ビジネスを軌道に乗せることは決して容易なことではありません。

「誰でも簡単に儲かる」という話があったとすれば、ほぼ詐欺だと思ってよいでしょう。

しかし、1社専属の下請け会社でない限り、

クライアント(=お客)は複数持つことになるはずです。

通販などの業種であれば、数百、数千、場合によっては数万というクライアント(=お客)を持つことになるでしょう。

たとえそのビジネスが下降線をたどったとしても、これらの

クライアント(=お客)が1度にゼロになるとは考え難いですよね。

全てのクライアント(お客)を失う前に、自らの相違と工夫で立ち直る

可能性だってあります。

となると、クライアント(=お客)が1社のみという「専業サラリーマン」ほど、

リスクの高い商売は無いのではないでしょうか?

増して昨今では、以前よりも少ない資金でビジネス・会社を立ち上げることが可能

となりました。

万が一、立ち上げたビジネスがうまく回らなくても、傷が浅いうちに仕切り

なおせばよいのです。

実際、ユナイテッドオフィスでは、「再チャレンジ」

「再々チャレンジ」で成功された

会員様も少なくありません。

ハイリスクな「専業サラリーマン」にしがみつくよりも、まずは副業でビジネス・

会社を立ち上げてみては如何でしょうか?

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

バーチャルオフィスを選ぶなら、実績のある

ユナイテッドオフィスへ


コメントはこちら