ビジネスモデル構築


「ビジネスモデルありき」「売る側の都合ありき」

サブスクリプションはやっぱりダメでしょう。

昨今、なにかと話題になっているビジネスモデルのひとつに「サブスクリプション」というものがあります。

このサブスクリプション、平たく言えば「定額定期購入」といったところなのですが、それ自体はとくに目新しいものではありません。

新聞の定期購読や月額会費制のスポーツクラブだって、サブスクリプションなどといわなくても、古くから「定額定期購入」のスタイルでした。

ただ、昨今話題となっているのは、洋服のレンタルだったり、コーヒーの飲み放題だったり、果たしてわざわざ「定額定期購入」する意味があるのだろうか?というものが目につきます。確かに、かつての新聞であれば、駅のキオスクなどでその都度購入するよりは、定額定期購入の方が「買う側」にとってもメリットは大きかったでしょう。

或いはスポーツクラブにしても、いちいち時間ごとに細々と課金されるより、毎月使い放題というスタイルの方が魅力的かも知れません。

しかし、新手のサブスクリプションで何かと印象に残るのは、「買う側の利便性」よりも、安定的な収入源にしたいという「売る側の都合」です。

実は、ZOZOTOWNが立ち上げたファッションのサブスクリプション「おまかせ定期便」が、たった1年でサービスを終了していたのをご存知でしょうか。

ZOZOTOWNと言えば、何かと派手な話題を振りまき続けている前澤社長の言動が常に賛否両論となっていますよね。

その前澤社長、話題の社長さん達が出演するお正月の某テレビ番組で、「サブスクリプションというモデルありき」「売る側の都合ありき」という風潮を手厳しい口調で批判していました。

もちろん、ご自身の会社でサブスクリプション「おまかせ定期便」が失敗したという反省も込めてのことなのでしょうけど、イケイケドンドンの前澤社長にしては随分と謙虚な発言です(笑)。

ちなみに、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、住所利用や電話番号の付与といった「会費」部分は言わば定額定期購入となりますが、郵便の転送実費や転送電話の通話料、貸し会議室のご利用料金は、ご利用頂いた分の従量制です。

あえてオールインクルーシブのサブスクリプションとせず、必要なときに必要な機能を重量課金でご提供することでコストを抑えることができたほか、利用頻度の高い会員様と、あまり高くない会員様の不公平感もかなりの部分で解消しています。

決して「サブスクリプションというモデルありき」「売る側の都合ありき」ではありませんので、起業を検討中の方は安心してご利用下さい。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿どの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。


ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでビジネスは広がる


AI(人工知能)狂想曲。貧弱な教師データの存在と、AIそのものが持つ根本的な矛盾を知れば、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

ビジネスは広がる?

近年、「AI(人工知能)」と呼ばれているものが、ヒトの知性を超えただとか、ヒトの仕事を奪うだとか、人類最後の発明だとか、なんだかすごいことのように言われていますよね。

確かに、膨大なビックデータを処理するにあたっては、AIが自ら学習し、進化しなければならないという「必然性」はあるでしょう。

ただ、さすがに昨今は、こうしたAIの「狂想曲」っぷりを、やや醒めた目で見ている人もいるようです。そうなる理由はいくつかあるのですが、ひとつにはそもそもの「教師データ」に問題がありそうですよね。

AIに何かを「学習」させるにしても、そもそもの「教師データ」が質・量ともに貧弱だとしたら、殆ど意味がありません。

実際、その教師データの大きな素材となるはずのビックデータを保有している(はず)のGAFAでさえ、コンテンツマッチ広告ひとつとっても、閲覧者のニーズとは大きく乖離しています。まして、サイトやSNS上から不正・不純分子を排除する機能にいたっては、AIは誤作動や誤認識が多すぎて、現況では全くお話にならない状況と言えるでしょう。

そしてさらに、AIが「狂想曲」と言われる所以にはもうひとつ、「AIそのものがもつ根本的な矛盾」を指摘する人もいます。

例えば、AIを駆使して株で儲けようとしましょう。

AIがあらゆる情報を駆使し、相場を的確に読めば、確実に儲かる。。。

しかしそれは、AIで株取引をする人が、地球上であなたひとりである場合です(笑)。

株の取引に限らず、多くのビジネスは他者との「戦い」であり、相手もまた、同じようにAIを駆使することでしょう。

誰しもが負けまいとして、相手の裏を読む、そしてその裏の裏を読む、さらにその裏の裏の裏を読む。。。

1人勝ちできればよいでしょうけど、AIどうしが戦ったところで、これでは無限にゴールには到着しません。

一方、バーチャルオフィスのクラウドワーカーの間では今、非常に素朴で地道な「教師データ」をコツコツと集める「手作業」が大量に受発注されているようです。

こうした需要がいつまで続くかは分かりませんが、こうした地道な教師データが蓄積され、AIが本当にその実力を発揮するのは、下手をすれば100年後かも知れません。

ただ、この現状を今一度冷静に見ているヒトの中には、人知れず?大きなビジネスチャンスを掴む人も出てきそうですよね。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスには、この状況を柔軟に受け止め、虎視眈々と?未来を見据えている人が多いような気がします。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、クラウドワーカー、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。


バーチャルオフィスで会社設立


1人で複数の「会社」を持つのは当たり前?

会社もアドレスも使い分ける時代に。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

実は、当ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用されている方は、新規に「起業」する方ばかりじゃありません。

もちろん、既に起業している方が、「自宅事務所」ではプライバシーが保てない、殆ど常駐していない事務所に賃料を払うのがもったいない、といった理由で当オフィスに「移転」する例は以前から見られました。

ただ、昨今増えているのは、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで一度「起業」した方が、2社目・3社目の会社を同じく当オフィスで設立する例です。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでは、これまでの銀座・南青山・日本橋・虎ノ門に加え、新たに渋谷・西新宿にも拠点を構えたことで、設立する会社の数だけ住所を選べるようになってきました。

2社目・3社目も同じアドレスで設立登記する方もおられますが、やはりビジネスの内容等によって設立登記する住所を「選べる」という点は大きいようですね。

とくに、不動産賃貸経営をされている方は、経営する物件ごとにそれぞれ別の法人を設立する方も少なくなく、中には全ての拠点をフルに利用されている方もいらっしゃいます。

また、不動産賃貸経営以外の方でも、ネット通販などで、取扱商材やブランドを分けるため、法人(屋号)と登記する住所を分けている方や、事業会社とは別に業界団体を設立する方、経営している会社とは別に譲渡会社を移転登記された方などもおられます。

1人でいくつも会社を設立するなんて、税金を含め、コストが嵩みそう。。。と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし逆を言えば、低コストで起業できるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスだからこそ、1人で一大企業グループ(笑)を形成することも可能なワケです。中には、一体どれが本業?という方もいらっしゃいますが、そもそも「本業」「副業」いう発想自体が古いのかも知れません。

バーチャルオフィスを利用して「副業」は「複業」です。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで2社目・3社目(もっと多い方もおられます)を設立されている方は、実は複数のビジネスで「シナジー効果」を手に入れているのかも知れませんね。

なお、当ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでは今後も続々と拠点を増やしていく予定です。

それが既存の会員の方、これから新規に入会される方のビジネスの飛躍・発展につながることを願ってやみません。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

東京都心で展開するユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、ユナイテッドオフィスの各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであっても東京都心にあるユナイテッドオフィスの各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。


バーチャルオフィス日本のビジネスを根底から変える?


急速に進化した自動翻訳機・自動通訳機が、

日本のビジネスを根底から変える?

先日、日本の中小企業を狙った国際的なサイバー犯罪が急増しているという、ショッキングなニュースがありました。

これまで、サイバー犯罪の標的と言えば、専ら国家や大企業。

なぜ今、日本の中小企業が狙われるのでしょうか?

もちろん、日本の中小企業は、大企業に比べ、もともとセキュリティー対策が脆弱だった、という背景もあるでしょう。しかし、最大の要因は「日本語」というバリアが突き崩された、という点にありそうです。

例えば、一応「日本語」で書かれている、なんだか怪しいメールを見たことはありませんか?

一見、まともそうな内容に見えても、「てにをは」が明らかにおかしかったり、意味的には合っていても、普通こんな表現は使わない、という言い回しだったり。。。「普通の日本人」からすれば、ちょっとヘンな部分があるだけで、すぐに「罠」だと気づいてしまいます。

ところが近年、クラウドやAIの発達もあってか、自動翻訳・自動通訳の精度が格段に向上しました。

まだまだ完璧ではないにしろ、訪日外国人観光客がスマホのアプリで日本人と「会話」するシーンも珍しくありません。「コトバの壁を越えるテクノロジー」自体は素晴らしいものに違いないのですが、こうした便利なものを真っ先に使いこなすのは、残念ながらいつの世も悪い輩、ということなのでしょうか。

ある意味、この国はこれまで、「日本語のバリア」により、外敵から守られてきたのかも知れません。

しかし、逆を言えば、バリアが無いということは、チャンスでもあります。

英語を習得する必要性が全く無くなるとは思いませんが、「コトバの壁を越えるテクノロジー」を駆使すれば、「語学」に費やす時間と労力を「本業」に充当できる可能性も広がることでしょう。場合によっては、「英語のバリア」を逆に突き崩すことだって可能かも知れません。

英語が苦手だから海外展開に及び腰。。。なんて時代じゃないのかも。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、携帯型の自動翻訳機・通訳機のビッグバンなどと言われています。海外展開を前提にこれから起業する人は、まず「日本語」のスキルを鍛えた方が良いかもしれませんね(笑)。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、表参道、代官山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。


ネットの世界では「圧倒的な数の力」


ヤフーとLINEが経営統合。

ネットの世界では「圧倒的な数の力」だけが全てか?

日本の経済界では今、「ヤフーとLINEの経営統合」で話題が持ち切りといった感じです。

LINE側の思惑はさておき、ヤフーを傘下に収めるソフトバンク側の思惑については、QR決済などで覇権を握るのが狙いだとか、ただ単に懐具合が怪しくなったからだとか、いろいろと言われているようですね。

LINEの国内ユーザーは8,000万人、ヤフーの国内ユーザーは5,000万人。

日本の人口は100歳超の高齢者から今日生まれた赤ちゃんまで全部足し算したとしても1億2,000万人ですから、このユーザー数という数字、実態は如何なものかとは思いますが、両者は既に「国民的な情報インフラ」になっていることだけは間違いなさそうです。

収穫逓増に大きなドライブがかかる情報通信の世界では、「圧倒的な数の力」を持つ者が全てを支配する。。。

まあ、両者とも、GAFAに対抗しなければならない立ち位置ですから、今回の経営統合は、ある意味、自然の成り行きとも言えるでしょう。しかしです。

「圧倒的な数の力」が、ネットの世界は、必ずしも「絶対的な力」になるとは限りません。

例えば、SNS上で情報を拡散するインフルエンサーと呼ばれる人たち。

以前であれば、ツイッターにしろインスタグラムにしろ、インフルエンサーの「価値」を決める基準は、イコール「フォロワー」や「いいね」の「圧倒的な数」でした。

ただ昨今、より影響力のあるインフルエンサーは、それなりのフォロワー数を抱えてはいるものの、芸能人・有名人でもない限り、必ずしも「圧倒的な数」というワケではありません。

むしろ、広告主サイドからすれば、フォロワーやいいねの数それほど多くなくても、特定少数の層に深く濃くリーチできるインフルエンサーの方が高評価だったりもします。

フォロワーやいいねの数より「エンゲージメント率」に注目が集まっているのはそのためでしょう。

広く浅く認知される情報より、希少性の高い「知る人ぞ知る情報」の方がより「高値」で取引されるのと一緒かもしれません。

もちろん、戦略的に「特定少数の層に深く濃く」と言うのならば、あえてターゲットを絞るワケですから、ある意味、自らマーケットを狭めてしまうリスクもあるでしょう。

しかしそれでも、ネット上には「被らず」「戦わず」獲得できるスモールマーケットがまだまだ眠っているはず。

最初からヤフーやLINEのような「国民的な情報インフラ」を目指すのであれば話は別ですが(笑)、起業するのであれば、「数」を追う以前に、まずは目の前に居る少数のターゲットに対し、深く濃くリーチしてみるのは如何でしょうか?

ここでPRですが、

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、表参道、代官山、虎ノ門、中央区銀座、新宿、東京日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、サテライトオフィスに

また、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。


 

 

 

 

 

各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社などなど法人登記、メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。


三井物産でさえも、本社が不要となる日


本社が「もぬけの殻」になってもいい?バーチャルオフィスででいい?

あの三井物産でさえも、本社が不要となる日。

先日、三井物産が2019年4月~9月期の決算説明会を行った際、新本社ビルへの移転の話の中で、安永竜夫社長が「新しい東京本社は『もぬけの殻』になってもいい」と発言し、話題となりました。

驚きの発言ですが、本社をリストラしなければならないほど業績が悪いのか?と思えば、

さにあらず。

むしろ絶好調のようです。

発言の真意は、これまで以上に海外事業に注力し、アジア、アメリカ、ヨーロッパなどの現地組織に権限を委譲することで、東京の本社がなんでもかんでも決める、という体制からの脱却を目指す、ということらしいのですが、その背景には、少子高齢化伴う「日本市場の縮小」という現実があります。

もちろん、三井物産と言えば、日本を代表する大手総合商社ですから、「なにを今更」という感じがしないでもありません。

ただ、そうは言っても、東京・都心の超一等地を、自社の「大きな本社」で占有するくらいなら賃貸にして稼いだ方が合理的、という考え方は、ある意味、必然的な時代の流れも知れませんね。

確かに、お膝元である「日本市場の縮小」は否定しがたい現実ですが、仮に日本が成長市場であったとしても、これまで「大きな本社」が担ってきた中枢管理機能はこの先、AIに取って代わられる可能性がありますし、情報通信網の発達により、リモートワークやテレワークといった、オフィスに縛られない働き方がますます浸透する可能性もあります。

天下の三井物産でさえ、「本社は要らない」と言っているようなものですから。

とは言っても、「都心の便利なオフィス」の需要そのものが縮小するとは考え難いですよね。

仮に大手企業が東京の本社スペースを「縮小」したとしても、そのスペースを活用する新たな挑戦者が必ず入れ替わりで登場する。。。

東京はそんな場所です。

なお、バーチャルオフィスでの起業は、そもそもが「もぬけの殻」からのスタート(笑)となりますから、その先にあるのは、ある意味、「伸びしろ」だけです。

都心で展開するユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

 

 

 

 

 

 

 

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。


バーチャルオフィス特徴


ユナイテッドオフィスは、実績15年というバーチャルオフィス、レンタルオフィスの企業としては老舗だ。南青山と渋谷の2拠点が利用可能。 郵便物の週1回の転送がついて、月額3,500円〜という価格で、すべてのプランで法人登記利用の料金が含まれているのはたしかにお得だ。

(比較ナビ・取材調査担当:河合)

株式・合同会社設立登記もできる

バーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷、新宿区西新宿
の横浜みなとみらい、都心の一等地の住所で、株式会社や合同会社などの
法人会社設立登記ができるバーチャルオフィスとしてご利用いただけます。
起業はもちろん
在宅ワーク、各種法人設立、通販、副業、個人事業などのフリーランス
拠点として、また、地方の企業様のサティライト・オフィスとして、
その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしても
ご利用いただけます。

さらに
法人の銀行口座開設ができる

バーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば
バーチャルオフィスであっても、
都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。

都心一等地のバーチャルオフィス一覧

ユナイテッドオフィス、バーチャルオフィス各拠点

渋谷区エリア

バーチャルオフィス渋谷ユナイテッドオフィス

港区エリア

バーチャルオフィス南青山、表参道ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス虎ノ門ユナイテッドオフィス

中央区エリア

バーチャルオフィス銀座

バーチャルオフィス東京日本橋

新宿区エリア

バーチャルオフィス西新宿

神奈川県横浜市

バーチャルオフィス横浜みなとみらい

などの都心の一等地のユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスに拠点を設置することができ、

士業、ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い
分野のかたが利用しています。

また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、
ホームページなどに利用することができ、

また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、
社会保険などの申請を行うことが可能です。

各拠点オフィスへ届いた郵便はヤマトメール便や宅配便・書留などの
受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても
都心一等地にあるユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス
各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、
貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

一等地のバーチャルオフィスなら実績のある

ユナイテッドオフィスへ

 


バーチャルオフィスでニッポンを根本から変える?


バーチャルオフィスでニッポンを根本から変える?

MaaS。これは、「小さな巨人」登場のチャンスかも。

昨今、この国では、MaaS(Mobility as a Service、マース)という、なんとも聞き慣れないコトバが妙に一人歩きしています。

このMaaS、定義を厳密に説明しようとなると、かなりややこしいことになるのですが、平たく言えば、IOTを活用し、あらゆる移動手段を統合するといったところでしょうか?

交通業界と言えば、鉄道にしろバスにしろ、飛行機にしろフェリーにしろ、大掛かりなサービス生産手段を必要とし、なおかつ公益性が高いことから、厳格な法規制のもと、ある種独占的な営業を許容されてきました。

ゆえに、それぞれの移動手段を有する企業はバラバラで、互いに連携することがあまりないため、利用者は極めて煩雑で面倒な思いを強いられてきたとも言えます。

しかし、IOTの進化は、こうしたある種伝統的な規制産業の枠を溶解させはじめました。

分かりやすい例で言えば、サイト上で「乗り換え案内」などを提供しているネット系の企業や、複数の移動手段に対応している

ネット決済代行会社などでしょうか。

今のところ、MaaSの「実施主体者」は自動車メーカーだったり、大手私鉄や大手バス会社だったりしますが、中には、大掛かりなサービス生産手段を保有しない情報通信系のベンチャー企業なども混じっています。

また、昨今では、少子高齢化でドライバー不足が深刻化する中、低速のバスなどを活用した自動運転や、宅配ロボットの実証実験なども活発化してきました。

さらに、観光に特化したMaaSでは、移動手段だけでなく、宿泊施設や飲食施設、各種アクティビティーなどと連動し、シームレスなサービス提供を目指しています。

この先、どういった企業がMaaSのイニシアチブを取るのかは未知数ながらも、場合によっては、巨大メーカーや大手私鉄をも従える「小さな企業」が登場しないとも限りません。

バーチャルオフィスで起業した「小さな企業」が、

日本地図を大きく変える。。。

問題・課題が山積みな分、ちょっと前だったら「ありえないようなチャンス」が眠っているかも知れませんね。

MaaSでアイディアをお持ちの方は、

まさに今、起業の季節なのではないでしょうか。

東京一等地で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京都心

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、

日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

一等地で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

実績のあるユナイテッドオフィス

 


バーチャルオフィス活用するメリット一覧


バーチャルオフィス活用するメリット

固定費を大幅に削減して

自由自在のライフワークを実現する

起業、会社を運営していくうえで、特にオフィス事務所の月額賃料

はかなりの固定費の負担が大きい。

 

それをユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスでゆとりのあるビジネスライフを実現する。

初期の費用として通常、保証金(月額賃料の最低6ヶ月から12ヶ月)と 仲介手数料、オフィス設備(デスク、ファックス、電話などの通信機器、 ファックスなどの複合機)の費用と、毎月かかるコスト(固定費および変動費) として、オフィス賃料・光熱費・リース代、その他、電話対応スタッフ給料などのかなりの大きな費用の負担がかかります。このコストを大幅に削減したいという問題は、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解消いたします。

ご自宅に居ながら、

あたかも都心のオフィスに居るような感覚です。

ユナイテッドオフィスから各拠点オフィス住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は国内のご自宅や地方、海外などに転送し、先方イアントからかかってきた電話については、ボイスワープ(転送電話)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。

会社設立登記もできるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷、新宿区西新宿の東京都心の一等地の住所で、株式会社や合同会社などの法人会社設立登記ができるバーチャルオフィスとしてご利用いただけます。 起業はもちろん

在宅ワーク、各種法人設立、通販、副業、個人事業などのフリーランス拠点として、また、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、

その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしても

ご利用いただけます。

法人の銀行口座開設ができるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば バーチャルオフィスであっても、都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。

 東京一等地のバーチャルオフィス一覧

ユナイテッドオフィス、バーチャルオフィス各拠点

渋谷区エリア

バーチャルオフィス渋谷ユナイテッドオフィス

港区エリア

バーチャルオフィス南青山、表参道ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス虎ノ門ユナイテッドオフィス

中央区エリア

バーチャルオフィス銀座

バーチャルオフィス東京日本橋

新宿区エリア

バーチャルオフィス西新宿

 などの都心の一等地のユナイテッドオフィスバーチャルオフィスに拠点を設置することができ、

士業、ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが利用しています。

また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、

また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や

法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。

各拠点オフィスへ届いた郵便はヤマトメール便や宅配便・書留などの

受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても

東京都心一等地にあるユナイテッドオフィスの各オフィスの拠点には、

1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある
ユナイテッドオフィス

 


バーチャルオフィスで副業のすすめ、副業を認めている企業はなんと50%


バーチャルオフィスで副業のすすめ

副業を認めている企業はなんと50%

昨年時点で副業を全面的または条件付きで認めている企業はなんと50%

約半分の企業が副業を公認している。

すでに大企業ではソフトバンクやロート製薬、サイポーズなどが解禁、

今年にはいって

カゴメやみずほファイナンシャルなどが副業解禁を表明。

今後はこの副業解禁の傾向が高まる。

また、調査時点では副業経験者が20%ほどだが今後はその傾向も急速する。

なぜなら、

業界団体のトップトヨタの豊田社長も

終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」など

と述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示しました。

一方、中途や派遣の社員が増えているとして、

「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べました。

終身雇用を巡っては、経団連の中西宏明会長も

「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言しています。

このような社会の趨勢から、今後、企業として雇用は守れないので

「自ら稼ぐ力」を副業で今のうちから身につけろ、暗黙に啓示しているのかもしれません。バーチャルオフィス副業

 

副業はユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスがお勧めです。

東京一等地のバーチャルオフィスの

ユナイテッドオフィス各拠点

渋谷区エリア

バーチャルオフィス渋谷ユナイテッドオフィス

港区エリア

バーチャルオフィス南青山、表参道ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス虎ノ門ユナイテッドオフィス

中央区エリア

バーチャルオフィス銀座

バーチャルオフィス東京日本橋

などの都心の一等地のユナイテッドオフィスバーチャルオフィスに

拠点を設置することができ、

https://united-office.com/

ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが

利用しています。

また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は

名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、

また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や

法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。

各拠点オフィスへ届いた郵便はヤマトメール便や宅配便・書留などの

受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても

東京都心一等地にある各オフィスの拠点には、

1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある

ユナイテッドオフィス

 


キャッシュをストックする。


ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスで

キャッシュをストックする、

キャッシュ イズ キング

できるだけ不要なものは持たず、現金化できるものは現金化する。

たとえば、貸借対照表BSの資産の部については、キャッシュ以外をできるだけ圧縮したり、売掛金を早く回収したり、不要な在庫を持たないようにして棚卸資産を圧縮といった方法が考えられます。

また、できるだけ負債や純資産の部を増やすことによって

もキャッシュ(現金)の確保が図れます。

買掛金の支払いをできるだけのばす、銀行から借り入れをする、

一般に企業はキャッシュがあっても手形を支払いにあて

支払いを後回しにしてキャッシュフローに余裕を持たせています。

キャッシュ イズ キング

経営においてはキャッフロー管理が極めて重要となります。

できるだけ不要なものは持たず、オフィス事務所など固定費を圧縮して、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

へ切り替えて

利益を確保するほうが、これからの変化の多き時代には有効だと思います。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京一等地のバーチャルオフィスのユナイテッドオフィス

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、

中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地のバーチャルオフィスに

拠点を設置することができ、

ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトメール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある

ユナイテッドオフィス


バーチャルオフィスとは


野村不動産が10名未満

「小規模企業」向けオフィスを展開。

そこはバーチャルオフィスとは似て非なる?世界か。

先日、大手不動産会社の野村不動産が、従業員10名未満の企業向けサービスオフィスの新ブランドを立ち上げ、その第一弾となる物件を東京・日本橋にオープンすると発表しました。

同社によると、従業員10名未満の小規模企業は全国で30万社以上あり、全企業の約8割を占めていますが、成長の初期段階にある小規模企業がフレキシブルで快適に活用できるオフィスは、需要が高まっているにもかかわらず、供給が不足しているとのこと。

大手の不動産会社が手がけるオフィスビルと言えば、一定規模以上の企業しか相手にしない、といったイメージが強かっただけに、ある意味、時代の流れを感じます。

ただ、こちらの新ブランドのオフィス、様々な新しい技術を導入してはいるようなのですが、よくよく見ると、フロントサービスや共用の会議室を完備している点など、外資系を中心とする既存のサービスオフィスと大差ありません。

賃料も恐らく安くはないでしょう。

また、従業員10名未満の小規模企業とひとくくりにしていますが、既に従業員を5人や10人「雇用」している企業は、小規模とは言っても十分、「立派」な会社です。

1人や2人で立ち上げたばかりのスタートアップ企業のうち、こうした「立派」な会社にまで成長できる例は、実は驚くほど少ないという現実をご存知でしょうか?現実問題として、バーチャルオフィスで起業した人のうち、この種のオフィスに「栄転」できる人や会社は、ほんの一握りです。

いきなり夢の無い話をして申しわけありませんが、だからと言ってバーチャルオフィスの利用を卑下するつもりは毛頭ありません。

むしろ、バーチャルオフィスで1人起業し、組織に縛られず、「悠々自適」に自己実現している人を見ると、5人~10人規模の「逃げ場の無い組織」に成長した企業が、起業者にとって本当に幸福なのか、疑問さえ感じることがあります。

これは、10人近い社員を抱えた、WEB制作会社の社長さんのつぶやきです。

「受注が増えて規模が拡大し、収入も増えたが、今や、組織を維持し、社員を食わせるために働いている状態。。。」

まあ、ある意味、うらやましい嘆きではあります。

しかし、そこまで会社が成長できるか否かは別として、とりあえず第一歩を踏み出さないことには、何も始まりません。まずはバーチャルオフィスで起業してみては如何でしょうか。

東京一等地ので展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京都心

 https://united-office.com/

https://united-office.com/

渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿

などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。


シェアオフィス市場


 

ソフトバンクが100億ドルを出資した

コワーキングオフィス

 

「ウィーワーク」が失速する必然性。

 

 アメリカの大手コワーキングオフィスチェーン「ウィーワーク」がなんだか、大変なことになっていますね。

 

ウィーワークと言えば、ソフトバンクが100億ドルを出資、東京の著名なビルに次々とコワーキングオフィスをオープンしていたので、近年、日本でも大いに話題になっていました。

 コワーキングオフィスと言えば、テレワークの普及やノマドワーカーの増加、或いは「働き方改革」といった波にも乗り、成長著しい(とされている)業態です。

 

 当然、鳴り物入り?で日本に上陸したウィーワークも、予定どおりアメリカ本国で上場できるものと思われていたことでしょう。

 

 しかし、巨額の赤字が膨らみ、投資家からは高コスト体質などを批判され、9月に予定されていた上場は延期。CEOも退いています。

 

 もちろん、ウィーワークはいわゆる「ユニコーン企業」ですから、投資家にとって創業時の巨額な赤字はいわば先行投資。

 

しかしこのままでは、上場はおろか、回収すら危うい状況です。

 

 ではなぜ、こんな事態に陥ってしまったのでしょうか?

 

 その理由は2つ考えられます。

 

 1つめは、本来提供すべきサービスの「本質」がズレていたという点。

 

確かに、著名なビルに広いフロアを確保したオフィスは魅力的でしょう。

 

しかし、ハコモノにもマンパワーにもコストをかけすぎ、「ローコストでの起業」という、多くの人が望む姿からは乖離してしまいました。

 

コワーキングスペースでは、ワーカーどうしの交流が生まれ、それが新たなビジネスを生む、なんて言っても、現実はそんなに甘くはありませんよ(笑)。

 

 2つめは、ウィーワークに限ったことではありませんが、多くのユニコーン企業同様、そのビジョンが甚だしい「大風呂敷」だったという点。

 

実際のところ、コワーキングオフィスという業態は、革新的な技術があるワケではなく、基本的には不動産業の延長でしかありません。

 

既に多くの人が指摘しているとおり、ウィーワークのビジネスモデルは、事業そのものを拡大させ、収益を上げていくためのビジョンというよりは、大風呂敷を広げ、投資家から資金を引っ張り出すためだけのビジョンに成り下がっている印象は拭えないでしょう。

誤解の無いように言っておきますが、コワーキングオフィスそのものがズレているだとか、大風呂敷だとか言っているのではありません。

 

本来提供すべきサービスの「本質」を間違えなければ、まだまだ開拓の余地が大きい業態だとは思います。

 

その点、ユナイテッドオフィスは、いわゆるコワーキングオフィスではありませんが、これまでに約3,000社以上の会員様にご利用頂いております。

なおユナイテッドオフィスは、お蔭様で、投資家から資金を引っ張り出さなくても十分に安定的な経営を続けていますのでご安心下さい。


 

 

京都心で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、東京駅などの都心の一等地に拠点や法人登記を設置することができ、ノマドワークやテレワーク

また、複業や不動産管理会社のど会社設立など

幅広くご利用されております。、ユナイテッドオフィスの各拠点バーチャルオフィスの都心一等地の住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、各種社会保険などの申請を行うことが可能です。ヤマトメール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。都心一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィス

 

 

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 


赤字続きのウィーワーク撤退か


赤字続きのウィーワーク撤退か

 

 

 

 

赤字続きのシェアオフィスWeWork。上場どころか赤字がさらに拡大する前に撤退しかないだろう。リージャーズに続き撤退も時間の問題。巨額資金があっても経営能力に欠けるからかもしれない。

オフィスは綺麗だが、利用料金は高くサービスはイマイチ。

ソフトバンクが巨額資金を投入して支援しているものの、日本からの撤退もリージャーズに続き時間の問題かもしれません。

WeWork、ニューマンCEO辞任 

赤字脱却の道筋見えず

ウィーは16日に、9月中旬に予定していた新規株式公開(IPO)の延期を発表。投資家から企業統治や赤字脱却への道筋が見えないまま事業拡大を進める経営戦略を疑問視する声があがっておりニューマン氏に対する辞任の圧力が強まっていた。米メディアは、大株主のソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長がニューマン氏のCEO職退任の要求を主導していると報じていた。(出典:日経2019/9/25)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50171210V20C19A9000000/?n_cid=DSREA001

東京一等地で展開するシェアオフィス、

バーチャルオフィス、固定費から解放

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

固定費から解放され、

自由なライフワークが実現できます

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは東京渋谷区、港区南青山、港区神宮表参道、代官山、虎ノ門、中央区銀座、東京日本橋、新宿区西新宿どの都心の一等地に拠点を設置することができ、起業などスタートアップ、テレワーク、士業などの専門職、副業や管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、都心の各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りをご自宅や地方の拠点へ転送することができ、また、バーチャルオフィスであっても都心の駅近くにある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

都心一等地バーチャルオフィスは実績のある

ユナイテッドオフィス


バーチャルオフィスとエキナカ


鉄道会社各社がこぞってエキナカにブース型のシェアオフィスを設置する理由。

昨今、JR東日本や西武鉄道、東京メトロなどの鉄道事業者が、エキナカにブース型のシェアオフィスを開設し、話題となっています。

一見すると、電話BOXや銀行のATMBOXのようにも見えるこのブース型シェアオフィス、「箱」の中には机と椅子が設置されていて、通信環境も整っており、15分単位などで借りることができます。

こうしたブースは多くの場合、乗り換え客なども多いターミナル駅に設置されているため、「隙間時間」を有効活用したい人や、オフィスと自宅の中間に位置する場所で気分を変えて仕事に取り組もう、という人には重宝する存在になるかも知れません。

もっとも、ただ単にスマホやタブレット、ノートPCを使用するデスクワークをするだけなら、WiFiなどの整った喫茶店や、公園のベンチでも用は足せると言えるでしょう。

しかし、どんな業種であっても、企業秘密や個人情報などを扱う以上、オープンな場所だけで業務をこなす訳にはいきません。

たとえ短い時間であっても、「専用個室」を必要とする需要は、一定数あるはずです。

ではなぜ、ここに来て鉄道会社が次々とエキナカにブース型シェアオフィスの開設を急いでいるのでしょうか?

ご承知のとおり、少子高齢化が進行している日本では、生産年齢人口の減少により、「通勤する人」の総数も大きく減少することが予想されています。さらに、都心回帰による職住近接志向の高まりもあって、「電車に乗らずに通勤」するも増加。

それに加え、情報通信網の発達や働き方改革などの動きもあり、テレワークやリモートワークが増加することで、「通勤する人」の数は今後ますます減る可能性があります。

現況、首都圏だけは人口の流入が続いていますが、人口が増加しても「通勤する人」が減ってしまっては、鉄道会社にとってはまさに死活問題と言えるでしょう。

とは言っても、住民から「選ばれる沿線」になるためには、本来ならば「通勤する人」を減らす元凶であるはずのテレワークやリモートワークにも「順応」しなければなりません。

また、鉄道会社各社は、せっかく「エキナカ」という一等地を潤沢に持っている訳ですから、時流に合わせ、これを最大限に活かさない手は無いですよね。

しかしさすがに、こうしたブースでは、クライアントと面と向かって「商談」することはできませんし、ブースの場所を名刺やHPに記載する訳にもいきませんから、あくまでも仕事をする上での「本拠地」にはなりません。

住所利用が可能で、しかも商談も可能な時間貸しの会議室を完備したバーチャルオフィスとは、基本的に似て非なるものと言えるでしょう。

ゆえに、賢いビジネスマンは、こうしたブースとバーチャルオフィスを、うまく使い分けて利用するようになるのではないでしょうか?

なお、

ユナイテッドオフィスでは、既存の渋谷、南青山、虎ノ門、銀座、日本橋に加え、新宿など、ターミナル駅至近にもバーチャルオフィスを続々とオープンする予定です。

東京一等地で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは東京渋谷区、港区南青山、表参道、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、新宿区西新宿どの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、士業などの専門職、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

 

https://united-office.com/

東京一等地のバーチャルオフィスは

実績15年のユナイテッドオフィス

 


1 / 1412345...10...最後 »