バーチャルオフィス東京


東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、西新宿などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業やプライベートカンパニー、不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

 

もう、年金や国、企業には頼れない時代です。いまからでも自分のビジネスを持った方がかもしれません。

 

東京一等地で展開するバーチャルオフィスのユナイテッドオフィス

■ユナイテッドオフィス銀座オフィス

中央区銀座は、ブランド旗艦店flagship shopが立ち並ぶ世界的名所。

東京都中央区銀座6丁目  銀座ウォールビル

https://united-office.com/ginza.htmlル

■ユナイテッドオフィス日本橋

江戸の粋”そんな言葉が似合う街・東京日本橋

東京都中央区日本橋2丁目 日本橋リッシュビル

https://united-office.com/nippombashi.html

 

■ユナイテッドオフィス南青山

港区南青山は、高級マンションや大使館、神宮外苑など緑にあふれたおしゃな街。

東京都南青山2丁目 ウィン青山ビル

https://united-office.com/aoyama.html

■ユナイテッドオフィス虎ノ門

国会議事堂や省庁の集まる街、虎ノ門。

東京都虎ノ門1丁目 虎ノ門ラポートビル

https://united-office.com/Toranomon.html

■ユナイテッドオフィス渋谷

多くの人が集まり交差する街、渋谷

東京都渋谷区渋谷3丁目 YAZAWAビル

https://united-office.com/Shibuya.html

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 


株式会社か合同会社か比較


株式会社か合同会社か比較

株式会社は株主が出資して取締役が経営を行うごとで

出資と経営が分離している。

合同会社は出資者と経営が分離しておらず、出資者でなければ役員になれない

ため、出資した人が経営を行いことになります。

会社設立費用

株式会社であれば定款認証と登録免許税合わせて約20万円

合同会社は定款認証費用がかからず、登録免許税6万円で設立可能

役員(株式会社の場合、社員(合同会社の場合)

株式会社の場合は取締役の任期があり、原則、取締役は2年、監査役は4年

とされており、定款で定めれば最長10年まで延長できる。

任期到来した場合、あらためて重任登記が必要となり、登録免許税がかかります。

資本金増資

株式会社は資本増資する場合、最低でもその資本金額の半分の50%を資本金、

残りを資本準備金にする必要があります。

合同会社の場合は増資する金額のうち、いくらを資本金に充当するか自由に

決められる。

そのため、全額を資本余剰金にすれば登記の必要がなく処理ができ費用もかからない。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでプライベート会社設立登記

会社設立をユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

最近増えている、自分会社、いわゆるプライベートカンパニー。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

15年の実績の安心とスタッフの対応の良さ、そしてバーチャルオフィスであっても法人での銀行口座開設もユナイテッドオフィスならできました。

プライベートカンパニー会社設立は

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス東京一等地で登記


バーチャルオフィス東京一等地


バーチャルオフィスで「ヒュッゲ(huygge)」な人生を。

日本では2016年あたりからでしょうか。

北欧・デンマーク発祥の「ヒュッゲ(huygge)」というコトバが、なんだかちょっと高貴で洒落た行為の代名詞のように語られるようになりました。

このの「ヒュッゲ(huygge)」、何を意味しているコトバなのかと言うと、非常に分かり難い概念なのですが、分かりやすい例で言えば、「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らうこと」といったところでしょうか。

日常の中で「些細な幸せ」を堪能する行為、もしくはその知恵と言ってもよいかも知れません。

ただ、この「ヒュッゲ」というコトバも、話題になるにつれ、かつての「ロハス」や「エシカル」がそうであったように、そのコトバが本来意味していた崇高な理念?のようなものからかけ離れ、インテリアだとか器だとか、カタチから入る「消費経済」に飲み込まれてしまっている感じがします。

しかし、日常の中で「些細な幸せ」を堪能するという点では、バーチャルオフィスに通じるものを感じたりもしました。

バーチャルオフィスが本質的・最終的に提供しているサービスは、アドレスや物理的空間、情報通信機能ではなく「自由」です。

それは既存組織の束縛からの自由かもしれませんし、時間的・経済的な自由、やりがいや自己肯定間を得る自由かも知れません。

「家族や友達とお茶を飲みながら気楽に語らう」自由を求めて起業する人だって、少なくないかも知れませんね。

「ヒュッゲ(huygge)」な人生を送るために、低コストなバーチャルオフィスで起業する、なんてのもアリでしょう。

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

 

バーチャルオフィスは

東京都心一等地で実績15年の

ユナイテッドオフィスへ


複業から起業へ


起業するには、

「副業」よりも「複業」の発想を。

ご承知のとおり、日本では近年、社員の「副業」を認める企業がにわかに増えてきました。

バーチャルオフィス副業

悪く言えば「これ以上給料は出せないから、自分で稼げ」とも受け取れますが、良く言えば「外で稼いでもかまわないから、そこで習得したスキルや人脈を会社にフィードバックしろ」とも受け取れます。

前者はいわゆる「副業」。

本業とは全く連動しないところで、「とりあえず稼ぐ」という発想です。

将来的な独立を目指すにしても、ある意味、アルバイトに近い感覚と言えるでしょう。

後者はいわゆる「複業」。

サラリーマンでありながら、半ば独立自営のような状態ですよね。

当然、本業の会社から「公認」を得る必要はありますが、本業との「相乗効果ありき」が前提なので、「副業」よりも堂々と?できます。

場合によっては、収入が本業と「逆転」することだってあり得るでしょう。

となると、後者=複業については、いっそのこと独立・起業してみることをお勧めしたくなります。

ある意味、自身のスキルや人脈などを、自身が所属する会社を含め、「複数の会社に売る」ワケですから。

もちろん、それぞれの会社には企業秘密というものがありますし、顧客の個人情報だって、勝手に「共有」することはできません。

しかしその一方で、全く関係ないと思っていた業種にも、実は本業への大きなヒントがあったりもします。

むしろ、「稼ぎ頭」のビジネスモデルが短時間で大きく変化する現代では、複数の生業を重ねることで初めてリスクを回避でき、次なる発展への芽が出ると考える方が自然ではないでしょうか。

しかしそれでも、サラリーマンのままでは、来るべき「稼ぎ頭」を自由に選ぶことは難しいでしょう。

起業した会社を順調に成長させることは、決して簡単ではありませんが、チャンスはいつどんなタイミングでやってくるか分かりません。

そのときのための「受け皿」となるご自身の会社は、早めに設立しておいて損は無いと思います。

東京都心一等地で展開する

ユナイテッドオフィス

のバーチャルオフィスは

 

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

バーチャルオフィスは

東京一等地の

ユナイテッドオフィスへ

 


バーチャルオフィスで会社設立登記


バーチャルオフィスで会社設立

とくに不動産保有会社を設立は

節税メリットが大きくお勧めいたします。

給与を家族に支払って所得分散でき、自身も法人から

給料をもらうことで給与所得控除ができます。

同じ不動産収益でも個人と法人とでは税引き後の

キャッフローが大きく違います。

個人での不動産収益税制は強化され、平成15年までは

個人の給与所得と損益通算が可能できましたが現在は

できません。

一方で法人税制は緩和が進んでいます。

その利用は少子高齢が進む日本で中長期に税制を

確保するために海外からの投資を誘導して

国内の経済を活性化する目的があるからです。

法人への課税緩和への傾向でキャッシュフローを最大化す

るために、不動産保有法人を設立することを

お勧めいたします。

 

 

 

 

 

会社設立をユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで、

するメリットとしては通常の賃貸オフィス賃料ではなく、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら月額わずか3,150(外税)で、会社設立登記と法人での銀行口座開設ができますので、固定費を気にすること、無理なく会社運営が可能となります。

最近増えている、自分会社、

いわゆるプライベートカンパニー。

たとえば、カフェ事業をしている会社が赤字で不動産管理をしている会社が黒字の場合、

カフェ事業の赤字を利益の出ている不動産管理会社と損益通算することにより、

節税効果とキャッシュフローが期待できます。

https://united-office.com/

節税対策のための会社設立は

東京一等地のバーチャルオフィスは

ユナイテッドオフィスへ


ユナイテッドオフィスからのお知らせ


今さらですが、「誰でも簡単に儲かる」なんて話は、「絶対」にありません。

今さら「うんざり」する話ですが、ネット上やSNSでは、「誰でも簡単に儲かる」系の広告や書き込みが少なくありません。中には、わざわざご丁寧に札束や通帳の写真を掲載し、不特定多数の人に向け、「一生懸命」情報を拡散している人も居たりして、本当に「お疲れ様」といった感じです(笑)。しかも、「誰でも簡単に儲かる」と言っているビジネスは、こうした「札束の写真素材」を販売するビジネスだったり

もちろん、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスに入会し、健全なビジネスを立ち上げようという人の中には、こんな稚拙な手口に引っかかる人は1人も居ないでしょう。

しかし世の中には、見ず知らずの不特定多数の人に「誰でも簡単に儲かる」というおいしいビジネスをタダで伝授(もちろん、タダなんてことはありません)するという「矛盾だらけの行為」に、何ら疑問を持たない人もおられるようです。

実際、インターネットやSNSが普及する遥か以前から、この種の「誰でも簡単に儲かる」系の怪しい勧誘ビジネスは沢山存在しました。

情報伝達の手段が変わっただけで、昔から謳い文句は殆ど変わっていません。

本当に「今さら」ですが、そんな「誰でも簡単に儲かる」系の広告を真に受けている暇があったら、ご自身の創意工夫で社会に貢献するビジネスを1から立ち上げた方が、よほど「確実」に儲かります(笑)。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

 

バーチャルオフィスは東京一等地にあるユナイテッドオフィス


アドレスホッパー、東京一等地バーチャルオフィス


「アドレスホッパー」よりも、

「バーチャルオフィス」で自身の確固たるビジネスを。

昨今、「アドレスホッパー」と呼ばれる若い人たちが話題になっています。

仕事をしながらも、特定の「住所」を持たず、先輩や友人宅、短期滞在のシェアハウスなどを転々とするライフスタイルのことらしいのですが、さすがにこれは賛否両論のようですね。

確かに、情報通信技術の発達により、自宅やサテライトオフィス、旅先のコワーキングスペースなどを転々としながら「勤務」することが可能な会社や業態は増えています。

また昨今では、リゾートテレワークなどと銘打って、こうした人たちを積極的に呼び込もうという自治体も少なくありません。

自治体からすれば、何かとハードルの高い「移住者」を募集するよりも、その一歩手前で「関係人口」を増やす方が得策、という事情もあるでしょう。

しかし、「アドレスホッパー」と言うと、なんだかカッコよく思えますが、一歩間違えば、「住所不定」「ホームレス」です。

そもそも「特定の住所を持たない」とは言っても、「住民票」はどこかに置く必要はありますし、「住所不定」では社会保険や携帯電話の契約などもおぼつきません。

仮に実家などに「住民票」を置くにしても、その自治体が「住んでいる実態が無い」と判断すれば、住民票の剥奪なんてことも現実問題としてありえます。

もちろん、「アドレスホッパー」になることは自由ですし、仕事やら納税やらをきっちりとこなし、社会に貢献しているのなら、とやかく言うことではないでしょう。

https://united-office.com/

一方、個人ではなく法人ではどうでしょうか?

当然のことですが、たとえ資本金1円の1人会社であっても、どこかに必ず「登記」しなければなりません。

「住所不定の会社」なんて誰も信用しませんよね。

実は、ユナイテッドオフィスの会員企業様の中にも、世界中を転々としている人が結構おられます。

もちろん、転々としているとは言っても、決して「住所不定」ではありません。

あくまでも、本籍地があってのノマドワーカーです。

会社の住所はユナイテッドオフィスに置き、自身は世界中で自由にのびのびとビジネスにいそしむ姿は、ある種、理想的な働き方・生き方のようにも思えます。

一応、念のためお伝えしておきますが、ユナイテッドオフィスでご提供しているのは、あくまでも会社の住所・登記の住所です。

住民票は置けませんのでご注意を。

東京都心で展開する

ナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

https://united-office.com/

 

東京都心一等地のバーチャルオフィスは

実績のあるユナイテッドオフィスへ


会社設立登記は東京一等地


バーチャルオフィスで

プライベートカンパニーを立ち上げよう。

「プライベートカンパニー」と聞くと、多くの人は、「お金持ち」が資産管理のために設立する「節税対策の会社」と思われるかも知れません。

しかし昨今では、このプライベートカンパニー、必ずしも「お金持ち」の専売特許ではなくなってきました。

 

一番分かりやすい例は、いわゆる「サラリーマン大家さん」です。

近年、会社勤めの人が投資用の賃貸物件を購入する際、その物件を所有する法人を設立する例が増えてきました。当ユナイテッドオフィスでも、物件毎に複数の法人を登記している会員様が多くおられます。ただ、サラリーマン大家さんと聞くと、「それって、サラリーマンとは言っても、それなりにお金を持っている人じゃないか。」と思われるでしょう。しかし、そこまでの投資資金がなくても、ちょっとした副業レベルのビジネスながら「あえて」法人を設立する人も増えています。

詳細については、税理士さん等専門家に聞くのが一番ですが、法人にしてしまうと、実は思いのほか「経費」として計上できる部分が多い。福利厚生なども然り。もちろん、個人・法人とも、しっかりと申告・納税することが大前提です。

実際のところ、確実に大きな負担となるのは、設立する際に発生する登録免許税等のイニシアルコストと、利益の有無にかかわらず毎年発生する法人住民税(いわゆる均等割り)くらいでしょうか。

日本の会社は7割が赤字と言われています。

営利企業である以上、赤字を垂れ流し続けることが健全だとは思いませんが、大家さん業であってもなくても、あるいは副業であっても本業であっても、将来的な収入の拡大に備え、先にプライベートカンパニーを設立しておくのはお勧めかも知れませんね。

実際、ユナイテッドオフィスには、法人設立後しばらくの間は休業状態が続いていたものの、ご自身の創意工夫に加え、ちょっとしたチャンスをきっかけにブレイクし、実態としても会社らしく?なった会員様もいらっしゃいます。

東京都心で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスを選んだきっかけは

14年の実績の安心とスタッフの対応の良さ、そして

バーチャルオフィスであっても法人での銀行口座開設も

ユナイテッドオフィスならできました。

やはり、一度会社設立登記も住所利用してしまうと

そうそう変更するのは面倒なので慎重になりましたが

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用して

3年になりますが、正解でした。

東京都心一等地の住所で

法人登記のできるバーチャルオフィスは、

ユナイテッドオフィス。

東京都港区南青山、虎ノ門、中央区銀座や日本橋、東京駅や渋谷などにおいて法人登記を行うことができるバーチャルオフィスのユナイテッドオフィスです。

ユナイテッドオフィスなら

地方や自宅に居てもオ東京の都心にオフィス機能をそろえることができ、事務所の

賃貸料や人件費・通信費などの固定コストを大幅に削減することができます。

ユナイテッドオフィスの電話秘書代行であれば20コールまでは無料で利用することができ、会社設立プランなら株式会社、合同会社設立登記申請書類作成から登記申請まで3,000(1)利用することが可能です。たとえば

株式会社、株式会社設立なら、ご自分で登記申請されるより、

ご自身で登記申請するより約37,000円もお得

また、

ユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィス

https://united-office.com/

会員専用の貸会議室1時間1,000円(外税)とリーズナブルな料金でご利用

することができます。また、郵便転送機能が付いている法人登記可能なバーチャルオフィスを月額3150(外税)から利用することができるので、会社設立登記の住所として利用するとかなりコストを抑えることが可能です。

バーチャルオフィス各拠点オフィス

渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理のプライベートカンパニーなど幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができるので便利です。貸会議室があるので打ち合わせやプレゼンなどを行うのに便利で、バーチャルオフィスであっても各オフィスの拠点には貸会議室がありますのでクライアントへのご案内も便利です。

バーチャルオフィス東京ユナイテッドオフィス

東京にあるバーチャルオフィス まとめ


バーチャルオフィス 東京都心一等地

バーチャルオフィスとは

起業するためにオフィスを借りる場合には、 初期の費用として通常、保証金(月額賃料の約6ヶ月から12ヶ月)と 仲介手数料、オフィス設備(デスク、PC、ファックス、電話などの通信機器、ファックスなどの複合機)の費用と、毎月かかるコスト(固定費および変動費)として、オフィス賃料・光熱費・リース代、その他、電話対応スタッフ給料などの費用の負担がかかります。このコストを大幅に削減したいという問題は、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解消いたします。

■オフィスに入居することなく、

ご自宅に居ながら、あたかも都心のオフィスに居るような感覚 国内のご自宅や地方、海外などで、ユナイテッドオフィスからオフィス 住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は転送し、クライアント様からかかってきた電話については、ボイスワープ(転送)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。 それは、ご自宅に居ながら、あたかも都心のオフィスに居るような感覚です。

■会社設立登記もできるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス (中央区銀座、日本橋、港区南青山、虎ノ門、渋谷など)の都心の一等地の住所で法人会社設立および登記ができるバーチャルオフィスとして、ご利用いただけます。 起業、在宅ワーク、各種法人設立、通販、個人事業などのフリーランス拠点として、また、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしてもご利用いただけます。

■法人の銀行口座開設ができるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば バーチャルオフィスであっても、都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。

■貸会議室のご利用ができるバーチャルオフィス

リアリティ&バーチャルオフィス ユナイテッド・オフィスのバーチャルオフィスなら、クライアント様の打ち合わせや会議など、各拠点にあるオフィスの会議室をリーズナブルな利用金でご利用いただけます。

東京にあるバーチャルオフィス 

月額3,150円から

貸会議室1時間1,000円

バーチャルオフィス港区

ユナイテッドオフィス南青山

https://united-office.com/aoyama.html

南青山は、高級マンションや大使館、神宮外苑など緑にあふれたおしゃな街。

ユナイテッドオフィス虎ノ門

https://united-office.com/Toranomon.html

国会議事堂や省庁の集まる街、虎ノ門。

ユナイテッドオフィス銀座

https://united-office.com/ginza.html

銀座は、ブランド旗艦店flagship shopが立ち並ぶ世界的名所。

ユナイテッドオフィス渋谷

https://united-office.com/Shibuya.html

多くの人が集まり交差する街、渋谷

 

ユナイテッドオフィス西新宿

https://united-office.com/pg307.html

日本最大のメガステーション 東京新宿

 


2019年大型リストラが始まる


 

いよいよ専業サラリーマンが

「本格的」に危なくなる?

 

 googleで「日本 人員削減 1000人」と検索してみて下さい。

 

 かなり古い記事や、日本以外の話題もヒットしますが、最近の話題だけを拾ってみると、おおよそこんな頁がヒットします。

「ルネサス1000人削減へ 国内市場の縮小に対応」

 

「日本電気(NEC)グループ 社員を約3000人削減 45歳以上の人は、用済みなのか?」

 

 また、少し前から、銀行やメーカーなど、日本を代表する「錚々たる企業」がこぞって1,000人単位のリストラを断行しているのをご存知でしょうか?

 

 また、「一般職」の募集自体を廃止し、総合職のみを募集する「大企業」の動きも出始めできました。

 

 

これらはいずれも「相当な一大事」なはずなのに、大手メディアの多くは、せいぜいニュースインデックスの「片隅」でしか報道していません。

 

 

少子高齢化で新卒が「売り手市場」だとか、人手不足で有効求人倍率がバブル期並みなった、なんて話はよく目にするのに、です。

 

 「戦後最長の好景気」のはずでしたよね。。。

 

そもそも、多くの人は「実感」が伴っていない「景気の拡大」だったうえに、昨今露呈してきた統計の不正問題。

 

 「表向き」のニュースや統計についても、

よくよく深読みする必要がありそうです。

 

もちろん、少子高齢化で働き手が不足、新卒が売り手市場なのは間違いないでしょう。

 

しかしそれは、混沌とした日本の状況の一部分にしか過ぎません。

 

 AIやロボットの進化により、景気が良し悪しにかかわらず、今後労働市場は大きく変容することでしょう。

 

 はっきりしていることは、いよいよ専業サラリーマンが「本格的に」危なくなる、ということではないでしょうか。

 

踏み出せない、という人も、まずは「保険」という意味で副業から着手してみてはいかがでしょうか?

 

 東京都心で展開するユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる貸会議室があります。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス東京

東京都心の一等地バーチャルオフィスは

実績15年のユナイテッドオフィスへ

 

 

 


1 / 1812345...10...最後 »